ギター三昧

ギター三昧な日々。ギターで遊びましょ。

やってから、物を言うことだな



小学校3年の夏休み、県営プールの水泳教室に行け・・・と言われ、千葉公園のプールに通った。

最初のクラス分けで、初心者見たいなところに居たのだけど、ある日50メートルプールに行って、25メートル、コースを横に泳ぎ切るという、何か上級なクラスに居る自分。(笑)

息継ぎとか、判らないし教わっても居ないので、途中で溺れるわけだ。その時は、助けてくれるものの、すぐ放り出されてまた泳ぐ。それを何度か繰り返した。

偶然見つけたビデオ。
多分、心理学だのなんだのを言う人は、水が怖いのは・・・とか、理屈を言うだろう、。自分もそう思った。しかし、見続けると、しっかりと克服していく子供たち。

何でしょうね・・・。
現代の心理学。出来ない、駄目だ、と言って医者に行くとという。

出来るまでやってみろ、と、言ってはダメなのか、と、最近は思っていましたけど、そんなことはないみたいだ。

何も無い・・・



何も無くなる時・・・

一番大事にしているもの、親とか兄弟とか、恋人とか、お金とか。

全部捨てて・・・が、出家か。
しかし、無くても良いものは、有っても無いと思えぱ同じ、捨てる必要もない。

何も無いのは、不安になるだけだ。
不安になれば、何かに依存したくなるかもしれない。

死ぬとき、何も持っていけない、というけど持っていけない物など何もない。
と、言ってくれたほうが判りやすい。

自分の蓄え、物やお金は、努力なくして貯まるものはない。
何も貯まっていない方が、もっと苦しい様を見せて歩くことになる。

自分の存在は、他人が認めるものじゃない。自分が認めればそれで良い。
自分が認めていない自己を他人に認めて貰うことは出来ない。

大変だったね・・・、とか、一瞬は嬉しいかも知れない。
そんな騙し文句に惑わされない、確かな自己とは、人と比べるのを止めた時に、自然に湧き上がってくるような気がする。

自立とは、不安なものだと意識すれば、商売の売り文句の意味、判る気がする。

すべては、心の中にある。

めぐり逢い

今まで、色々な人に巡り合ったけど、どんな出会いも終わってしまうと、優しく見守っていきたいと思う。
心の迷いは、また次の夢みたいな気がする。

人は、楽しくも悲しくもある。

終わった人には、もう逢いたいとは思はない。
また、繰り返してしまうかも知れないから。

心の終わりは、魂が終わらないように、どこまでも続いてる、そんな気がする。


この曲を聴いていると、過去の過去、魂の故郷へ還る。そんな気がする。

今まで出会った人は、皆、心の美しい人だったと思う。may be  (笑)

空に溶けていく・・・



極刑を考える・・・

愛と死のかたみ・・・古い映画に、死刑囚の刑の執行されるまでの期間に起こった事を描いた物があるけど、長門裕之 さんが死刑囚を演じていた。残念ながら今は、販売されていないみたい。
うつろにセリフとか記憶があるのですが、もう一度見たい。

いつかも判らず、その日の朝、刑務官の足音が部屋の前で止まる時がその時と、そんな日々を生きるのは、やっぱり辛いだろうと思う。

別な意味だけど、その死の瞬間を定められてしまった人に、特攻隊というものがあった。
最近は、もう考えるのは止めたけど・・・

最後の瞬間を前に、お菓子とか食べているとき、覚悟を決めると穏やかに、一生を振り返ったり出来るものか・・・。

と、アメリカの映画かドラマで、死刑の瞬間の気持ちを知りたい、取材したい、というジャーナリストに、刑務所が協力することになった。しかし、ある日、囚人にされているジャーナリスト。自分は違うと言うものの、電気椅子に座らされてしまう。そして執行のスイッチ・・・。しかし、電気は流れない。
今の気分はどうだね・・・。と、聞いたが、返事はなく死亡してしまっていた。

気で生きている。犯罪者も人間だから、死後は穏やかに葬りたいと思うものの、それも許されないとは。

日々、傲慢にならず、穏やかでいれば、そんなことにもなるまい。

アメニモマケズ・・・の。そんな者を目指したい。

暑いこと



生きている。

そんなことを伝えなくちゃいけない。
面倒くさい世の中だな。


どんなに、取り繕っても、私以上にもならない。しかし、以下にもならない。
自分は、自分。
それしかないと、早く気がついて欲しいと思う。

以前、家族と居た時。良く思い返してみると・・・。体調の悪い時に、具合悪いんだ、と言ったことが無いかもしれない。我慢してしまうんだな。
だから、一人でいると具合悪いときは気楽。

元気なら、何の問題も無いようで、隅々まで元気もあまりないかもしれない。どこか具合の悪いところもある。

体調が悪い、悪くなる、それは、自分のこと。食からくる体調不良もある。しかし、これ食べたくない、と言えば、どうして、どうして・・・と、しつこい人が多い。

食べたくないものは、体調に関わると、知っておいてほしい。好き嫌いじゃない。
しかし、他人と関わって、どうしようか、何を考えているか、これが一番ストレス、というものかも知れない。

そんな思いのあった一日。
心の健康、異常、判っていながらも、関わることになってしまうのは、何故かな。

オムライス

今日は、お皿に盛りつけ。

夜、出歩いたりしてるときに限って、朝8時から電話やメールが来る。
起きて、練習してしまうけど、やはり、後で寝てしまうのです。(笑)

8月の生徒の合同コンサート、発表会より、長く演奏してもらう、4曲〜5曲、やはり緊張感と演奏力を試すには良いですね。
ひとつの物語ではないですけど、演奏者の心情が伝わります。

演奏を聞く醍醐味、演奏者のオーラが増幅して会場を包み込むような、今までにない物を感じています。
当日が楽しみ。

また、役者さんとしてはプロの片山さんの司会も楽しみ。(まだ、これから組み立てるんですけど。。。)
全員の通しリハをしたい位ですね。
舞台構成、成程・・・って感じです。

今日も、レッスンで話していましたけど、オムニバスなコンサート、参加者が増えた時、奏者入れ替えの合間の空白、これは、進行上でも流れを作る上で大切なんですね。

私も、頑張って練習します。(笑)

DVC00076

日本のもの

暑いけど、墓参り。

昨今、僧侶の手配がラインで出来るらしい。

昨年、結婚式に呼ばれた、随分久しぶり。
儀式らしき物が、殆ど無い。

先達の挨拶は、会社上司一人。後は、おふざけみたいなもの。御笑い芸人の先導。
結婚式は、俄かクリスチャン。讃美歌を歌わされてみたりする。

幾ら、敗戦国とはいえ、ここまで文化崩壊して良いのかと思わざるを得ない。

気候も変化している。

世紀末は、明日があるかと、変な盛り上がりもあったが、何も無かった。
しかし、本当にすべての崩壊が見えてきている感じもする。


DVC00055

お弁当

発表会で、高校の女子が見学に母・祖母と参加。
お昼ご飯に、コンビニのおにぎり食べてた。

自分が子供の頃、出かけると必ずお握りは付き物だった。
今は、食事も買ってきて与えてしまうんだな・・・。

人に面倒見てもらって、働く、それが社会進出と言えるのかどうかと思う。

小学校の頃、凄く出来る子がいたけど、カエル を見るたび、阿鼻叫喚 叫びまくっていて、先生も怒っていた。
有る時の土曜日、遊ぶ予定だたと思うが、その子の家に行ったら、テープルにお弁当箱。

ランドセルには、鍵がぶら下げてあった。


食事をきちんと与えない、これは、子供にとってとても辛い事なのだ、と、判っているんだろうな。
判っていて、わざとする。

人間の心理とは、複雑怪奇。

しかし、愛情という物とは別に、慈しむ、そんな気持ちも持てなくなってしまった。

人間は、その本質は・・・。

せめて、自分の事、自分の食事を自分に作ってみる、そんな気分なのかもしれない。


DVC00051

休みも仕事

レッスンは無いけど、色々と事務関係。

千葉は、死ぬほどの暑さは回避したか。

区切り、良いところで買い物と言うと、3時ころ。
一番暑い、西日もガンガン。

8月のプログラム、手違いもあったけど、シンプルじゃないけど、い感じになったかも。

DVC00046














123

行方 定まらず

生徒参加コンサートの、プログラムを入稿しようと思っているが、今だ出演の確定にならず。

演奏すること、これってプロじゃないと責任を感じ無いのかなと思う。
普通の仕事でも、ドタキャンは一大事だと思うけどね。
まあ、最重要でも無いのかと思えば、致し方ないと思いますが。

結果として良い方向になればと思います。
参加される方の意気込みは、かなり熱いので楽しみです。

お客様の、来場にも幾らか期待も出てきました。

日々暑くて大変ですけど、どなたも一緒。落ちる人、上る人、すべて本人が決めることでしかない。
自己責任とは、一人で生まれ、一人で死んでいく。

正に、、現実とはそうしたものです。助け舟を出すのも自分でしかない。

みんみん蝉って、暑さを強調しますね。(笑)

DVC00045
Profile

sakucham

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ