余裕のない時・・・

もうすぐ59歳だな。色々な人と関わって、親しい人、決別した人、遠くから眺めていた人、或いは没落していく人。数えたら限も無い。

もう、人を押しのけていくような欲は無い。元々無い、と思うけど。押し寄せるものに翻弄されるか、或いは、立ち向かうか
半々。

20台初頭、沈んだ場所で見てきた人間関係と、自分の居たところを思うと、今の話題の事とかは、やはり幸せの範疇に見えてしまう。

この曲の主人公は、娼婦らしいけど・・・。

上り詰めた処、落ちた処、味わって見ないと判らないものだと。