休養と言えば、私の場合は音を聞かない事か。
西千葉の登渡神社と県立美術館へ行って鋭気を頂いた感じ。
おみくじは、大吉です。二度連続。
バルビゾン派は、風景画のやや陰鬱な雰囲気はいつ見ても引き込まれててしまいます。普通の風景のようで、何と言うか幕が張っているような、奥深さが印象的。
浅井忠 氏のデッサンスケッチ帳、いつ見ても凄い。鉛筆一本でこれか・・・みたいな。
simple、音楽なら生音かな。

DVC00008