次回コンサートでご一緒していただきます。
関口さんです。CDも発売中の外山さんとのデュオ。
私の音楽歴、20の頃Jazzのバンドやっていて、それから普通のバンドやって、それからクラシックのソロやって、ピアノとデュオやって、クラギ・デュオ、それぞれでリズムには本当に苦労しました。
ドラムが要る時、8ビートの時、16ビートの時、ウッドベースの4ビートの時、はたまた、古典ソルとかスペインもの、フラメンコ・ギタリストとデュオ、まれに津軽三味線とコラボ。
音の出るタイミングが、全く違う・・・。
バックバンド入ってすぐ、メトロノームテンポじゃないと激怒されます。(笑) クラシックは、メトロノームテンポじゃ、早いと激怒されます。(笑) 
しかし、今メトロノームでスケール練習を20前からやっていたように、また始めてます。
このスピード感について行くには・・・。でも、この位が、私は好きみたいなのです。
しかし、クセと言う物は恐ろしく、いつもフラットな状態って難しいものだと。。。。