ギター三昧

ギター三昧な日々。ギターで遊びましょ。

時事放談

やってから、物を言うことだな



小学校3年の夏休み、県営プールの水泳教室に行け・・・と言われ、千葉公園のプールに通った。

最初のクラス分けで、初心者見たいなところに居たのだけど、ある日50メートルプールに行って、25メートル、コースを横に泳ぎ切るという、何か上級なクラスに居る自分。(笑)

息継ぎとか、判らないし教わっても居ないので、途中で溺れるわけだ。その時は、助けてくれるものの、すぐ放り出されてまた泳ぐ。それを何度か繰り返した。

偶然見つけたビデオ。
多分、心理学だのなんだのを言う人は、水が怖いのは・・・とか、理屈を言うだろう、。自分もそう思った。しかし、見続けると、しっかりと克服していく子供たち。

何でしょうね・・・。
現代の心理学。出来ない、駄目だ、と言って医者に行くとという。

出来るまでやってみろ、と、言ってはダメなのか、と、最近は思っていましたけど、そんなことはないみたいだ。

些細なこと

子供の頃、食事が買ってきたおかず、なんて事は無かった。
コロッケとか刺身は別だけど。

何でも作っていた。特別に美味しいとか、良い材料とかではない。

この映画は、被曝してしばらくしての物語、
銭湯のシーンでは、みなケロイドかある。

主人公も、段々具合悪くなって死んでしまう。
その前の、食事のシーン。

おかゆのシーンもある。

家族が、どんなと状態であっても、対話してご飯食べて、そんなことも今は無理になってきている。

食事の時に、リラックスしてる事。

団欒 (ダンラン)、、、ていうのね。最近、聞かない言葉。

DVC00311

不条理・・・




今日は、お休み。

9時を待つ、なんとも言えない時間。

この世の無常。

哀れな母を容赦なく追い詰めていく。。。



祖父祖母を車で旅行に連れて行った。長野まで行って、松本城など巡ってきた。

祖父宅前まで送り届け車を降りて、深々と頭を下げていた、、、そんな光景が目に焼き付いている。

親、祖父祖母、子供に頭を下げて・・・そんな瞬間は、とても神聖な瞬間に思えてしまう。

命、生命の尊厳、そんなものを軽視するような事ばかりが目立つこの頃。


時代がどう変わろうとも、なにがどう進歩しようとも、心を持って人が生きている、それしかないと思う。



人を人として、尊重出来ない人、それも有るのがこの世と改めて思った。



地球に生まれて・・・



地球には、どれだけの生物がいるのだろう。

そして、どれだけの民族がいるのだろう。


未だに、原始生活のままに生きている民族もある。


原爆投下、戦争、民族対立。いつまでも無くならない。

5色の人間。

赤人は、アメリカインデアン、ユダヤ、アラビア、エジプト
青人は、北欧、スラブ
黄色人は、日本、中国、朝鮮、モンゴル等
白人は、ヨーロッパ全般
黒人は、アフリカ、インド、オーストラリア(アボリジニ)


ネットよりですけど、成程。

これだけあって、ばらばらのままなんですね・・・。

これから先、どうなるのかも、どうもならないのでしょうね。

一般レベルでは、芸能含め、対立はないように思うのですが、政治が絡むと敵国ですね。


日本は、近隣の国とは、仲良いと言えるのでしょうか。
大久保の街では、どこ吹く風な、アジア諸国の人たちで溢れています。

戦争・・・となれば、これらの人々は、一瞬で姿を消すことになるんですよね。

この世は、苦に満ちている・・・と、偉い人は言いましたが、苦ならぬ、、楽を得た中で戦争を仕掛けてみたり、という人もいるわけです。

世の矛盾、、、


前世があるとしたら、多分、ヨーロッパで生まれたこともあると思いますが、朝鮮半島でも生まれた事があるように感じます。

アメリカでは、生まれたことが無い感じがします。アメリカのネイティブとか、全く興味ありません。
オーストラリアも有りません。他にも沢山国はあるし、前世一度や二度じゃないでしょうから、色々なところに生まれていたと思います。


もう、それぞれに対立は止めて、地球として生きていけないものでしょうか。




命の尊厳を・・・



人が生まれ生きる。

牛、豚、魚、人の食の為に、養殖されて、生きているのか・・・どうなんだろう。

スポーツで世界が一つに。。。ゲームで世界が一つに。。。

バーチャルは、どうでもいい。

そこにいる人間に意識を向ける、地球、現実は、バーチャルではない。

現実には、時間の制限があり、物質の存在にも、制限がある。


知人が、お伊勢様へお参り。
私も、浅間様へお参り。


これは、ゲームでは無いのです。

生きる指針。

感性とは、時に取り返しのつかない失態に陥る事もある。信ずる物が正しいか、正しくないか、判断するは感性のみ。

前世やカルマ、信じない人もいます。それも感性。



現実を見る厳しさ。  一秒が宝・・・。


成程・・・。




ps

こけた・・・湿布ないし・・・やはり、常備薬は必要か・・・

オゾはあったけど、今、やや飲んでるので痛くないけど・・・明日、怖い(笑)。

往診・・・無理ですよ。無理。


ここ数年に起こりそうなこと

DVC00016























選挙が終わった。


コップにネギ。   逞しく再生してくる。

何で生きてるかも不思議なら、日本という国も不思議ではある。

しかし、戦争をしない国のままで許されるものかは、自国ので決める事でもないみたいだ。


太陽が遥か彼方であって地球も安泰。地球の中に太陽は、広島原爆。


もの言わず再生してくる野菜、植物。 それも、限度は近いか。

街中に出ていく楽しみ。昔の百貨店の大食堂でご飯、なんてとっても楽しかったもの。
両親と祖父祖母、皆で行ったものだった。


今は、恐いと感じる、荒い 「気」 を感じる事が多すぎる。
荒くて無機質。  一見、憧れのようで、怖いもの、破壊的な心を見る気がします。


自分の中から、何かを生み出していく事、それは、こんな小さい植物の息吹からも感じられるものですね。
結構、感動してます。  ネギもやってくれますよ。中々。(笑)


音楽の持つ無形なるが故に強い力。そこに彼岸は見えてくるか。






道徳とは




子供のしつけは、置き去り・・・


大人のしつけは、ど゜うするのかな・・・



法律に触れなければ、何やっても良いんです。

人の金で、心ゆくまて楽しみましょう。(笑)


残念なこと・・・



中学生二人、女の子、手に手をとって、電車で自殺。

今頃、どう思っていることやら。

死んじゃったね・・・

痛いと思ったら、終わってた・・・

お母さん、テレビ出てるし・・・


多分、死んでしまうとは思っていなかったんじゃないか、ちょっと、怪我して、怒られて、位に思っていたか。

思い詰める、そんな時期ですね。
たまたま、友達か居たせいなんでしょうか。相談する、話する相手が、同じ世代では、逃げ道はなかったか。

なんだか、帰らない娘さんを思う両親の気持ちは、無限大に悲しいですね。


今は、自由に、空を舞っていると、、そんな事を思って見ても、明日の空は何も変わらず。


合唱・・・

天国へ導かれていると思いたい。

風たちぬ



昨今、楽しんできます、、、そんな言葉を良く聞く。また、オリンピックか。楽しんできます。

うんざりです。

必死の思いとは、楽しんできます、、とは違うのでは。
何を思って生きるか、死ぬこと、生きている今、何を考えるか。


体験レッスンが多い季節。
体験レッスンの不満から、クレームを言い立てる輩もいる。そんな事で一日忙殺。

仕方なく、交番へ行って、防犯のための相談。

たかが音楽教室、されど音楽教室。

そんな時、特攻の事を想う、いかに今、甘いか。

意志を強く持ち、それさえあれば、何者をも恐れるに足らず。


先日購入のギター、体験レッスンと、今後のレッスンに不可欠。
時期を見計らったかのようなお買いものでした。




120キロになる・・・

最高速が120キロまでになるかも。

しかし、今さら感もないですかね。

速度、出すより難しいのは減速のテクニックではないでしょうか。
大体、制限速度が100キロの処、200キロでも出る車を売る、これが合法なのも疑問。

今は、前輪駆動が主流。これもコントロールを難しくしていることにもなるかと思います。
前輪加重が重いのです。

私の年代では、車に乗り始めた頃は、大体が後輪駆動。
もう感触は忘れたぐらい、ずっと前輪駆動ばかりです。

前輪駆動の車は、カーブでも無理出来ません。まあ、無理しませんけど(笑)。

後輪駆動は、滑り出しても後輪なので前輪がグリップしていれば、有る程度コントロールできますが、前輪駆動で、後輪ではなく、前輪が駆動していますから、こちらから滑り出したら、もうコントロール出来ません。

ていうか、どうなるかも判りませんけど。。。

レッスンの後、車で帰る時、頭が疲れていると、自然と40キロ位で走っています。
速度も慣れ、とは言いながら、 速度アップした状態で、一瞬のすきなく運転しているとは言えるか、言えないと思いますね。訓練する場所も無いですし。

電車も、普通車が100キロ、快速が120キロとか、もっと早いイメージがありましたけどね。車でも並走してしまう、千駄ヶ谷の高速と隣り合わせ。

どうなるのでしょう。
Profile

sakucham

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
作山貴之著作
  • ライブドアブログ