2018年08月15日

帰省のついでに会津方面に寄り道しました。大内宿です。

DSCF3849

重要伝統的建造物群保存地区の一つで茅葺屋根の町並みが特徴的です。
町並みの長さは約450mほど。土のままの舗装もリアルな山間部の宿場町の雰囲気を見事に演出しています。

DSCF3792
DSCF3858
DSCF3796
DSCF3808
DSCF4003
DSCF4009
並ぶ家屋はほとんど飲食・雑貨のお店となっており、実際の宿は見たところ一軒。
今時のこじゃれたお店はなく、昔ながらの店構えでのんびりした感じ。
のんびりな雰囲気を醸し出す要素は建物の配置計画にも感じられました。
1つは建物同士の距離。
隣家の距離が他の宿場町と比べ、保たれており、ゆったりとしている。
これは元々防火のためなのか、単純に土地が有り余っているため、プライバシー・住環境を確保するためなのかは不明ですが、間違いなくゆったり感を醸し出している。
もう1つはなんと言っても縦断する水路。
これにより水路の通路側は通路、家屋側は敷地内と明確な線引ができ、交通がほぼ気にならない。
加えて水路から家屋の距離も絶妙でそこで商品を見たり、休憩スペースが設けられたりと、一切通行する人の邪魔とならず、お店自体の特色も出せるような贅沢なスペースとなっていました。
(それが完全に生かしきれていないのが少々残念ですが・・・。)
この2つの点がゆったりしたこの町並みを形成しているように思えました。

それ以外でやはり気になるのは町並みの裏側の作り。
DSCF3795
DSCF3862
DSCF3905
DSCF4007
DSCF4011
元々「半農半宿」の宿場町のため、気張った感じはまるでなく、所謂昔の農家そのもの。
隣家との距離もあるため、正面以外の横側も丸見えで生活感はいくらか伝わってきます。

DSCF4014
裏側から見るとこんな感じ。田畑が広がっています。

以上、気持ちの良い宿場町、大内宿でした。
DSCF3822



(10:46)

2018年08月09日

本日はDIYアドバイザー神奈川の一員として毎年恒例のこども工作教室の講師。

大量の木端を接着剤や釘などで思い思いに作ることがテーマ。
お望みのサイズにカットしたり、くっつけるのを手伝ったり、ひたすらサポートに徹する約2時間。

台風の影響もあって参加者は少なめでしたが、その分こどもたちとじっくり考える時間が取れました。
そんなこどもたちの作品はこちら。

P12902712
P1290274
P12902792
P1290273


このラフさと思い切りの良さはこどもならでは。・・・ステキです。

いつも根拠で寸法を成立させる設計の仕事ばかりやっていると、このラフさがふと羨ましくなる・・・そんな一日でした。

P1290282




(23:41)

2018年08月04日

ZAK邸現場。

P1290220
無事上棟しました。

P1290219
P1290247
形状は極々シンプルですが、空間ボリュームはいつもと違い、意図的に「大味」としています。
「少しゆったり・・」「ちょっと窓大きい・・」・・・みたいな感じ。
そんな大味な建物にちょっと強めの家具を散りばめ、素敵なお家に・・・・・・・・・なる予定(笑)

上棟後に「フムフム・・・予想通りのゆったり感・・・」と確認しながら見回っていたのですが、若干予想を超えた場所がありました。

P1290238
P1290245

バルコニーから続く陸屋根です。
屋根の掛かった広〜いバルコニーは中間の柱も無く、戸建てとは思えない贅沢な感じなのですが、そこから一部低い腰壁をまたいで行けるその陸屋根部分があります。

そこは低い立上りで、落下の危険性もあるので普段行くような想定をしていない場所ですが、実際にそこに出てみたら思いの他、広さもあり、何と言っても周りの風景!
少し高台に建っているため、抜け感が最高。
今まであまり経験がないのですが、その場で直に座って写真を撮っていました。
程良い広さと立上りで落下の危険性を感じず、その場に厚〜いラグを敷いて横になりたい衝動に駆られました。

当初植栽を外壁際に置いて外観を楽しむ程度で考えていたスペースですが、ラグはもちろんベンチも置きたくなったので、危険性も踏まえた上でお施主様に提案してみたいと思います。



(02:25)

2018年07月30日

IMG_0922
IMG_0973
今週末に町内会の祭りが2つ。
どちらとも小さい町内会の祭りですが、ベッドタウンゆえに若いファミリー多し。
やはり小さくてもこの風景・雰囲気は皆好きなんだなぁ・・・と。

基本的に和太鼓は若い子たちが叩き、音頭はご高齢の方が堂々と踊る。
そんな輪の中に小さい子供も見様見真似で加わり、その子供を若い親が見守りより大きな輪に。

なんか嬉しい光景です・・・。

ちなみに今回の祭りが娘の浴衣デビュー。
1つ目の祭りで着たい着たいと騒ぎ立て、2つ目の祭りで存分に着こなし積極的に音頭の輪へ。

すっかり祭り好き女子へと変貌を遂げた娘でした。



(00:31)

2018年07月22日

IMG_0740

先日娘の通う保育園の夏まつりでワークショップの講師をしました。夫妻で。
保育園の意向で仕事に関するワークショップを取り入れたいとのことで、園長さんからそっち絡みの仕事をしている妻へ猛プッシュ。そんな流れで夫婦もろとも講師を受け入れました。

内容はダンボールのキットを使って、あとはあらゆるもの(布や柄テープ、木の枝、折り紙など)を貼ったり、色を塗ったりして自分だけのおウチを作るというもの。

このようなワークショップは園として初めてということもあり、色々反省する点もあるものの無事終えることができました。
ちなみに参加者は当園卒の小学生がほとんどで自分の娘も含め、みんな女の子。
出来上がったものは写真の通り、どれもカラフルで可愛らしい。
そんな中でも庭にこだわったり、内部に凝ったりとそれぞれ個性が光ってました。
ウチの子はひたすら「塗り」に徹してましたが・・・。

いずれにしても良い経験でしたー。
また来年やるのかな・・・?



(17:26)

2018年07月21日

ZAK邸現場。

P1290153
P1290158

あっという間に基礎完成。
基礎形状はシンプルなため、難しいところは特に無し。

20帖超えのリビング・ダイニングにキッチン6帖、洋室8帖が全部繋がります。
更に面する大きな庭・・・贅沢です(笑)

ちなみに現在サッシ、住宅設備、外装材の決定&絞り込み。
お施主様にとっては楽しいけれどハードな作業。

当然一緒に悩んでいます。それがこの仕事の醍醐味(笑)



(11:00)

2018年07月06日

P1280828

今月から本格的に始まった現場です。ZAK邸現場。

まわりは崖だらけで若干厄介な敷地ですが、大きな庭に面した大きめな住宅となります。

スクリーンショット 2018-07-06 0.07.01
こんな感じの住まいができる予定です。
コストを抑えた割とシンプルな外観ですが、間取りは一つ一つの部屋が大きく、伸びやかでゆったりした住まいとなります。

(00:31)

2018年06月26日

IMG_0540
久々にサンワカンパニーさんのショールームへ。

お施主さまとショールーム巡りで最後にサンワカンパニーさん。
大手国内住宅設備メーカーさんに比べるとやはり意匠性が高く見ていて楽しい。
ただどうしても金額差で採用されないこともしばしば。

たしかに大手メーカーさんの方が低価格の割に機能も充実していて使い勝手も文句無い。
でも訪れて見る度に「ここまで必要か?」「これいるか?」などなど、若干過保護気味な商品に疑問を抱く。

そんな気持ちを少しでもお施主さまに感じて貰いたいと思う自分も居る。
そういう意味でこのような場所は若干気持ちを解きほぐしてくれるので嬉しい。

まぁ・・・あとはお施主さま次第・・・。




(23:28)

2018年05月05日

IMG_9906

昭和記念公園にて。

やっぱりこどもはこうでなくっちゃ。

ずーーーーーっと跳ねてた。

うちの娘も。



ポップコーンみたいに。





(05:28)

2018年04月30日

GW。千葉県野田市に行ってみました。

目的は「ノア・森の遊園地」。
妻の実家からも近く3歳の娘にも丁度良いアトラクションということで目的地に。

IMG_9701
観覧車からの眺め。

3歳の娘でも乗れる乗り物が多く、良くも悪くも庶民的な佇まい。
置かれているアトラクションやオブジェもなかなかの世界観。まさしく混沌。
「昭和」感が絶妙に残るこの遊園地・・・大好物です(笑)
そんな遊園地もGWということで一際賑わっていました。入場料無料なのも嬉しい感じ。

娘の一番の希望だった観覧車に2回(一周15分)乗り、名残り惜しみながら跡にしました。

IMG_9735



その後は単純に甘いものを食べたいということで近くの「キッコーマンもの知りしょうゆ館(野田工場)」へ。
工場見学は事前に予約が必要だったのですが、難なく中へ。

IMG_9813
IMG_9749

工場内は機械的な工場だけでなく、移築改修された御用蔵(宮内庁にお納めする醤油を醸造している醸造所)、売店やカフェなどあり、工場好きにはテンション上がる工場。
一番の目的の「しょうゆソフトクリーム」を食べに来たつもりが一通り展示を周りきりました。

ちなみにこの日は製造ラインが稼働してませんでしたが、製造過程の工場内も拝見でき満足でした。
きっとラインが稼働していたら、より醤油の匂いに包まれていたんだろうなぁ・・・と。

醤油団子好きの自分と娘は「しょうゆソフトクリーム」「豆乳しょうゆソフトクリーム」を難なく平らげ野田市を堪能してきました。








(23:24)