外貨貯金

宝石の購入も男

ディナーなんざ~ぁ~経験ないので、参考にもなりゃしませんが。ま、カッコつけてディナーしばく(笑)のなら、男がリードするのが良いでしょうな。宝石購入とかも彼でしょうな。彼女が予約をしてくれたなら、彼女が言えば良いと思う。今時、そんなことで傷つく男はいないと思う。


root1818 at 11:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

外貨貯金

今のアパート

草さえほとんど生えてないので虫もほとんどいません。今のアパートすんで8年たつけど(仕送りを親からもらって)ゴキブリも見たことない。でも大嫌いなクモはたまに出る。なぜだ。


root1818 at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨貯金

「正月」でさえ

形が変わって残る可能性もありますね。中国の食の関係の本にも書いてあったような・・・。あと女性に比べて男性は尚更、「着物を着る機会」は少ないのではないでしょうか?「正月」でさえ男性は着る人は少数でしょう。


root1818 at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨貯金

はじめての方へ

外貨貯金は高金利ですが、手数料の高さなど、不利な点がたくさんあります。
このページをざっと見ると、外貨貯金の注意点と、その対策方法が分かります。


外貨貯金の比較




(1) 外貨定期貯金の金利の比較表 (2009/10/1更新)

外貨貯金といっても、一般的には外貨定期貯金が中心です。そこでここでは、「外貨貯金=外貨定期貯金」として見てみます。 (10万米ドル相当額未満、1年もの

銀行/通貨米ドル英ポンドユーロ豪ドルNZドルスイスフラン
三井住友0.010000.120000.100001.650001.050000.01000
三菱東京UFJ0.010000.100000.100002.810001.670000.01000
みずほ0.050000.100000.110001.650001.050000.01000

表を見ると確かに、外貨定期貯金は高金利です。世間一般にも高金利の商品として知られています。

ところが外貨定期貯金は、利用者にとって得にならないどころか、決して手を出してはいけない金融商品とまでいう人もいます。それはどいうことなのか、これからやさしく見ていきましょう。





外貨貯金の問題点




(1) 為替手数料が高すぎる → ×
外貨貯金の問題点
話を簡単にするために、仮に1米ドル=100円とします。

米ドルの外貨貯金をするためには、まず円を米ドルに両替します。そしてその米ドルで外貨貯金をします。そして満期がきたら、再びその米ドルを円に両替します。

実は、この往復の両替にかなりの手数料が取られます。この点を「銀行のぼったくり」と表現する人が多いのです。




(例) 100万円で1万米ドルを買う場合
(例) 100万円で1万米ドルの場合
大ざっぱで、簡単な例をあげます。

先の話では1米ドル=100円なので、1万米ドル買うためには100万円が必要です(100円×1万=100万円)。このときの両替では、1米ドルあたり1円の為替手数料が必要になります。

ですので、100万円を1万米ドルに変えるには、手数料として1万円(1万×1円=1万円)がとられます。

そして満期が来ると、この1万米ドルを両替して円に戻します。このときにも1万米ドルを円に換えるには、1万円の手数料(1万×1円=1万円)が必要です。

つまり「円−米ドル」の往復の両替で、2万円(1万円+1万円=2万円)が手数料としてとられるわけです。

100万円の2万円なので、およそ2%(2万円÷100万円=0.02)です。利息や税金や為替レートの変動を考えない、大ざっぱな話ですが、両替の手数料だけで2%分の金利が銀行にとられることが分かります。




(2) 中途解約できない → ×
中途解約できない
外貨貯金といえば、外貨定期貯金が中心になると思いますが、その預入の期間中は解約ができません。無理に解約をすると、かなりのペナルティがとられます。

つまり円高になって、自分のもっている外貨定期貯金の価値がどんどんと目減りしていると分かったとしても、その損をじっと我慢するしかありません。




(3) 預金保険制度の保護の対象外(銀行が潰れたらお終い) → ×

日本の円の預金なら、ペイオフの対象なので、銀行が破綻したとしても1000万円までは保護されます。しかし外貨貯金はその対象外です。つまりもし銀行が潰れたら、自分の資産が失われる危険があります。





外貨貯金の良い点




(1) 外貨貯金の良い点

ありません。あえていうなら、銀行が扱っているという安心感です(これは誤解ですが)。





外貨貯金に変わるもの




(1) 外貨貯金にそっくりなもの
外貨貯金に変わるもの
ここまでの説明で、世間一般に高金利の商品だと思われている外貨貯金が、実はかなり損なものだと分かりました。

「知らない人は損をする」正にその典型ともいえます。

ここではもう一歩すすんで考えてみます。知らない人は損をするなら、何を知っていれば得をするのだろう…?です。

外貨貯金に似ていて、しかもその損な点をなくした金融商品というものがあるのだろうか…?はい、実はあるのです。それは何かというと、FXです。それも単なるFXではなくて、レバレッジ1倍のFXです。




(2) FXのレバレッジ(てこ)
FXのレバレッジ(てこ)
ここで最初にお話をしますが、FXというと、危険、ハイリスク、そんなイメージがあると思います。それはFXの「レバレッジ」という機能のためです(レバレッジ=てこ)。

レバレッジを活用すると、持っているお金の何倍もの取引ができます。

たとえば、自分が10万円の資金をもっていて、レバレッジ10倍を活用すると、10万円×10倍=100万円となり、100万円分の取引ができるのです。

10万円しかなくても100万円分の取引ができる、このために大きく儲けることができるのですが、損をすれば、その損害もまた大きくなります。これがFXは危険、FXはハイリスクというイメージを抱かせる原因です。




(3) レバレッジ1倍のFX
レバレッジ1倍のFX
しかしです。同じFXでもそのレバレッジを1倍に限定すれば、普通の外貨貯金と変わりません。レバレッジ1倍なので、10万円のお金があるのなら、10万円分の取引をするのみです。

具体的にいうと、10万円分の円のお金を使って、10万円分の外貨を買います。するとその分のスワップ金利(外貨の金利−円の金利=差の金利)がもらえます。これがちょうど外貨貯金の金利にあたるものです。

このようにレバレッジ1倍のFXなら、外貨貯金と同じことができます。次に、このレバレッジ1倍のFXには、他にどんな特徴があるのかを見ていきます。





レバレッジ1倍のFXで、外貨貯金




良い点(1) 解約が自由、24時間いつでも解約できる
レバレッジ1倍の外貨貯金
FXなので、基本として24時間いつでも解約ができます。為替の動き(円高、円安など)を見て、損をしないように、得をするように、解約ができるのです。

外貨定期貯金なら満期まで待つしかなく、その時が円高なのか円安なのかは、運任せです。




良い点(2) 信託保全されており、お金が守られる

大手のFX会社では信託保全がされているので、顧客の資金はたとえFX会社が破綻しても守られます。それに対して、外貨貯金は預金保険制度の対象外なので、もし銀行が潰れたら保護されません。




良い点(3) 手数料が、銀行の数十分の一〜数百分の一
信託保全されており、お金が守られる
FXでも円を外貨に、外貨を円に両替しますが、そのときの為替手数料が銀行の数十分の一〜数百分の一です。場合によってはスプレッド0銭などといって、手数料が0銭、つまり無料の場合もあるくらいです。

大手都市銀行の場合、たとえば円を米ドルに変えるには、片道1円かかります。FX会社の方が、為替手数料をはるかにおさえられます。




良い点(4) 取扱い通貨の種類が多い

FXは取扱い通貨が豊富です。たとえば、ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、スイスフラン、カナダドル…などです。これは銀行の外貨定期貯金のおよぶところではありません。




悪い点(1) 取扱う通貨の単位が大きい
取扱い通貨の種類が多い
良くない点もあります。FXは普通、1万通貨単位が基本です。ですので、ある程度まとまった資金が必要です。

たとえば米ドルなら、1米ドル=100円の場合は、1万米ドル×100円=100万円の資金が必要です。

ただFX会社にも、1万通貨よりも少ない、1000通貨、100通貨での取引が可能なところも出てきています。





レバレッジ1倍ができるFX会社の比較




レバレッジ1倍ができるFX会社

ここまでの説明で、レバレッジ1倍のFXは、外貨貯金とほぼ同じものながら、外貨貯金よりもはるかに利点が大きいと分かりました。

ここでは実際に、レバレッジ1倍のFXをするには、どのFX会社を選んだらよいのかを、ランキングしてみました。



1位:マネーパートナーズ ★★★★★
マネーパートナーズ
・レバレッジ1倍が可能。
・FX業界初の上場会社。
・自己資本比率がきわめて大きい(889.8%)。
FX業界で初めて、100通貨単位での取引が可能。
・キャンペーン中で、5,000円がキャッシュバックされる。

→ マネーパートナーズはこんな人におすすめ:

数万円からの少ない資金(100通貨単位)で、外貨貯金を始めてみたい人。

<<マネーパートナーズの公式サイト>>





2位:外為どっとコム ★★★★
外為どっとコム
・レバレッジ1倍が可能。
・FX業界の最大手。
・4年連続で口座数、預かり資産がFX業界No.1。
・1000通貨単位での取引が可能。

→ 外為どっとコムはこんな人におすすめ:

「とりあえず外為どっとコムの口座はもっている」というFXトレーダーは、もの凄く多いです。よって、皆が利用しているという事実を大切にする人。

<<外為どっとコムの公式サイト>>





3位:FXプライム ★★★★
FXプライム
・レバレッジ1倍が可能。
・あの伊藤忠グループのFX会社。
・2008年9月に上場を果たす。
・FX業界初の「ISMS」、「TRUSTe」を取得。

→ FXプライムはこんな人におすすめ:

顧客の安心と安全を第一にしたサービスを徹底しています。絶対的に安定した会社で取引をしたい人。

<<FXプライムの公式サイト>>





4位:フォーランドオンライン ★★★
フォーランドオンライン
・レバレッジ1倍が可能。
・金利(スワップ金利)が高い。
・口座開設が15分で完了。
・全てのサービスを最短翌日から利用可能。

→ フォーランドオンラインはこんな人におすすめ:

他社のスワップ金利を調べて、自社の金利をそれより高く設定しています。よって、一番高い金利を得ることを、第一に考える人。

<<フォーランドオンラインの公式サイト>>



※ これらはいずれも名の知れた大手のFX会社です。資料請求と口座開設は無料ですので、比較して自分に合った会社を見つけてください。





最後のまとめ




最後に今までのポイントをさらっておきましょう。
フォーランドオンライン
[1] 外貨貯金は高金利だと一般に思われていますが、為替手数料などが高く、利用者にとっては不利な金融商品です。

[2] レバレッジ1倍のFXなら、外貨貯金と同じことができます。

[3] レバレッジ1倍のFXであれば、手数料が高い、中途解約ができない、預金が保護されないなどの、外貨貯金の不利な点をカバーできます。

[4] 一般にFXは1万通貨単位が基本で、まとまったお金が必要です。しかし最近では、1000通貨単位どころか、100通貨単位(マネーパートナーズ)もあるので、数万円からでも取引が可能です。

[5] 「知らないという事実」が、多くの人々を外貨貯金に走らせています。情報収集には熱心になって、情報格差をなくす努力が必要です。





免責



記述に際しては細心の注意を払っていますが、情報は日々変わります。当ブログの情報をご利用するにあたっては、もう一度ご自分でお確かめください。


root1818 at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨貯金の確定申告

外貨貯金の確定申告なんてものがあるなんて、知りませんでした。外貨貯金は、ただでさえ手数料などの経費がかかるのに、さらに確定申告なんてあるの?って思います。

ところで、外貨貯金は確定申告が必要とのことですが、そういえば、外貨貯金でも、20%もの税金が引かれているはずです。なのにどうして、さらに、確定申告をしないといけないのでしょうか?それは、外貨貯金の利益というのは、金利によるものだけではないからです。

外貨貯金に特有な、為替損益というものがあります。その、為替差益にたいして確定申告が必要になってくるのです。なんかややこしいです。しかし、外貨貯金の確定申告をする場合、いろいろと条件があります。

まず為替差益は、雑所得として扱われて、総合課税されます。そして確定申告するのです。しかし、年収が2000万円以下のサラリーマンで、お給料以外の収入が20万円以下なら、外貨貯金でも税金はかからなくなり、確定申告はいりません。

年収2000万円もあるサラリーマンの人って、そんなにいないと思うので、その点では大丈夫と思います。ですから、外貨貯金をするなら、為替差益を20万円以下に抑えて、確定申告せずにしたいです。私は専業主婦なので、もちろん2000万円の収入はないですが、サラリーマンではないので、外貨貯金で20万円以上儲かったら、確定申告しないといけないんですね…。


root1818 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ソニーバンクの外貨貯金

ソニーバンクの外貨貯金の内容は、どうなっているのでしょうか?ソニーバンクといえば、ネットバンクの代表格です。ですから、今回は、大手都市銀行の外貨貯金と、ソニーバンクの外貨貯金を比較してみたいと思います。

ソニーバンクは、米ドル、ユーロをはじめ、香港ドルなど8種類の外貨貯金を取り扱っています。そして、大手都市銀行では、米ドル、ユーロはもちろんで6種類を取り扱っています。

そして、気になる金利ですが、ソニーバンクだと、一番いいニュージーランドで、普通外貨貯金で、4.3%、外貨定期貯金になると、1ヶ月でも、7.17%です。それに比べて、大手都市銀行は、同じニュージーランドでも、普通外貨貯金で0.5%、1ヶ月の外貨定期貯金では、6.74290%です。同じ銀行なのに、どうしてここまで、違いがあるのかなと思います。

さらに、ソニーバンクは、手数料がかなり安いです。大手都市銀行なら、1外貨あたり、だいたい2円くらいの手数料がかかりますが、ソニーバンクなら、1外貨あたり、10銭〜50銭くらいです。ソニーバンクとの金利の差にもびっくりですが、さらに、手数料の違いにもびっくりします。

ソニーバンクも、外貨貯金をする上でのリスクは同じかもしれませんが、外貨貯金をするなら、ソニーバンクのほうが、断然有利だということがわかりました。ソニーバンクの外貨貯金はこれからも注目したほうが、よさそうです。


root1818 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨定期貯金

外貨定期貯金を利用するときは、どこの国の外貨定期貯金を利用するかが重要です。

もちろん金利だけにとらわれていてはいけません。日本の経済状況とあわせて、外貨定期貯金しようとしている国もことも知らなければいけません。その点を踏まえて、どの国にするか決めたらいいと思います。

とりあえず、日本の外貨定期貯金で取り扱われている中で、一番金利が高いのは、ニュージーランドで1ヶ月の外貨定期貯金でなんと、6.74290%の金利です。なぜこんなに細かい数字なのでしょう?

それはいいとして、この高金利考えられません。すぐにでも飛びつきたい気分です。でも慌ててはいけません。外貨定期貯金は元本割れするリスクがあるのです。

このように、自分が持っている外貨自体は元本割れしません。その国の金利が適応されるからです。しかし、外貨定期貯金を円にするときに、外貨を購入したときより円高だと為替損益が出てしまいます。それに手数料もかかります。そして、外貨定期貯金から円にするときのレート、TTBレートは、円を外貨にするときのレート、TTSレートより、2円ほど安いのです。

以上のように、外貨定期貯金の金利がよくても、為替の変動がなくても元本割れする可能性は十分考えられるのです。ですから、いつ外貨定期貯金にして、いつ円に戻すのか、タイミングが重要だと思います。このタイミングを読めるかで、勝敗は変わってくると思います。


root1818 at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨貯金の金利

外貨貯金の金利は、現在どれくらいあるのでしょうか?日本の現在の金利は、上昇傾向ですが、普通貯金で0.2%くらいでまだまだ寒い時代です。

そして外貨貯金はというと、私は始めて知ったのですが、外貨貯金にも、普通と定期があります。そして、これらの外貨貯金の金利には、かなり差があります。

普通で外貨貯金をすると、金利は0.5%くらいです。そして定期だと、どこの外貨にするかによって違ってきますが、1ヶ月の外貨貯金でも1%後半から高いところでは6%後半の高い金利がつきます。

このように、外貨貯金というのは為替差益による利益だけではなく、自分が購入した国の金利が適応されるというメリットがあるのです。

それにしても、普通の外貨貯金でも0.5%という金利です。私が今預けている定期貯金も0.5%です。リスクがないだけ、定期貯金のほうが得なのかも知れませんが、このように、他の国と比べてみると、日本の今の金利の低さって異常なのかなって思います。それとも他の国が異常なのでしょうか?

日本人は働き者な人種のほうだと思います。しかし、今の日本では働けども楽にならずといった感じです。日本の金利も早く諸外国のような、本当の高金利になってくれないかなっとおもいます。


root1818 at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨貯金

外貨貯金というのは、その名の通り、外貨を貯金することです。円で外貨を買って、定期預金などをするのです。

外貨貯金にすることで、その国の金利が適応されるのです。日本は今、低金利な時代です。ですから、金利の高い国のお金を購入して、貯金にすることによって得しようというわけです。

しかし、外貨貯金は投資だと私は思います。日本の円貯金のように預金保険は適応されません。ですから、もし金融機関が破綻したときは、外貨貯金は保障されないのです。

そして、外貨貯金をするときは、円→外貨、外貨→円にしたりしないといけないわけですが、そのときに1外貨あたり、だいたい2円くらいの手数料がかかります。これって、たった2円だけどたくさん貯金してたら、結構いい値段だと思います。

外貨貯金は、他の投資的な商品と比べたら、ローリスクだと思います。でも、リスクが全くないわけではないので、内容をよく理解することが重要だと思います。

外貨貯金でも何でもそうですが、利用者向けのパンフレットとかって、簡単にできてしかも得みたいに、いいように書いてあります。でも、細かい内容まで確認しないと、あとで知らなかったでは済まないので、外貨貯金など、投資的な商品を利用するときは、自己責任だということを、自分に叩き込んではじめたいと思います。


root1818 at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)