六方たんぼのコウノトリ便り

コウノトリ がいる六方たんぼの風景、風景となった コウノトリ をお届けします。

一度絶滅した日本のコウノトリを再び野生復帰させた、兵庫県豊岡市から、
季節の風景と共に田舎の暮らしなどお届けします。

河谷巣塔にコウノトリが止まった。
今年になってからは初めて。
昨年しばしばねぐらにしていたJ0228だろうと思っていたが、J0016だった。

170120a

170120b

     こちらをポチッ→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 


山に雪が積もると、家の周りが小鳥で賑わう。
先日まであったピラカンサスの赤い実はこの数日で一粒も残さず食べ尽くした。

南天も、センリョウ、マンリョウも赤い実は無くなった。
小鳥は、雪の中でよく目立つ赤い実から平らげていく。

実は熟して赤く変化する。子孫繁栄のために、いち早く小鳥たちに食べてもらいたい、植物の知恵なのだろう。


 数日前のピラカンサス
170119a

 小鳥が食べ尽くしたあとのピラカンサス
170119b
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 

村の同年配の友達4人で淡路島の灘黒岩水仙郷を見物して来た。
灘黒岩水仙郷は淡路島南部、南あわじ市にあって、海岸に面した岩肌一面水仙が咲き乱れている。 
海を背景にして眺めると一層趣があって素晴らしい景色だった。

淡路島はタマネギ、レタスの産地として有名だが、花卉栽培も盛んで、カーネーション、ストック、バラなどが多く出荷されているそうだ。
帰途、同行の友達が農水省に勤務していた時の先輩が淡路市でカーネーションをハウス栽培されているということで、皆で訪問して、見学させて頂いた。

 明石海峡大橋
 神戸市舞子から淡路島の岩屋をつなぐ吊り橋。
170118a
 点検の作業員が二人
170118b
 
 ここから黒岩水仙郷     写真をクリックすると別画面で開き、それをクリックすると拡大表示します。
170118l

170118n

170118o

170118m

170118p

170118k

170118d

170118i

170118e

170118h


170118g

170118f
 遠くの島は沼島
170118j

170118c

淡路市の中林さんのカーネーション栽培ハウス
170118q


170118r

中林さんから土産に頂戴した見事なカーネーション
中林さん 有り難うございました。
170118s


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 

冬期湛水田も積雪で、六方たんぼは一面雪景色。
寒さを気にしないコウノトリは雪の上で一休み。
空腹はしばらく我慢。

170117c

170117d

170117e

170117f

170117g

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 

 

営農組合所有のビニルハウスのうち3棟が昨夜、雪の重さで押しつぶされた。
このビニルハウスは、冬期間にも朝市商品を確保するために、営農組合が建てて集落の個人にレンタルしているもの。

ハウス内で栽培されている作物被害の状況は見ていないが、雪が止むのを待って再建しなければならない。

170115a

被害を免れた3棟は、雪の重さによる座屈を防ぐための対策を施していた。
アーチ状の骨組みを高張力プラスチック線材で引っ張る対策が有効であることを再確認した。

対策方法は、雪の重みで骨組みが広がって座屈することを防ぐために、高張力プラスチック線材で引っ張っている。
引っ張る位置は、湾曲開始部の横桟に巻き付ける方法が良いが、写真の施工では、少し上を張っている。
張る間隔は、1m。
線材は、高張力プラスチック線材(商品名:エスタ-線など。商品名が違う数社の製品がある)が施工しやすい。

170116a


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 



 

昨夜、会合があって村の会館に集まった。

雲が切れて満月に近い月が雪道を照らしていた。

「満月に大雪。今夜は大雪になるよ」 と言う者がいた。

「満月に大雪。新月に大水」、昔からの言い伝えだという。

昨夜から降り続いて大雪になった。

夕方、庭の積雪を測ったら28cmだった。


170114a

170114b

170114c


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 


 

トランプ次期米大統領が就任を前にしての記者会見のニュースを見た。

オバマ現大統領就任時と今回は様変わりだ。

オバマ大統領が「世界平和」への理念を語り、世界中が希望を感じ、歓迎したのに対し、

今回は、これはなんだ。

およそ世界のリーダーとして尊敬できる振る舞いではない。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 



台湾は、2025年までに脱原発する法案を立法院で可決成立した。

台湾では、3ヶ所にある原発で電力の14%をまかなっているが、再生エネギーでの電力自由化を進めて、
再生エネギーの比率を現在の4%から25年には20%に高めることを目指す。
(朝日新聞から)

日本も見習うべきことだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 




「自由なラジオ“Light Up!」をYouTube版で毎週紹介していたが、YouTubeから削除されました。
今後はポッドキャストで聞くことになります。

今回はパーソナリティ木内みどりさんで、ゲストは映画監督のリンダ・フォーグランドさんです。

自由なラジオ“Light Up!のホームページから引用

完璧な日本語を話すリンダさんは、アメリカ人の宣教師の娘として日本で生まれ育ち、アメリカに渡った後は映画の字幕の翻訳で培った才能とそこで出会った人々との交流の中で、今度はご自身が監督となって衝撃的な映画の数々をリリースして来られました。
敢えてアートに昇華させた「美しい映像」で、誰にも真似できないインパクトをもって表現する戦争の悲劇、人間の愚かさ……。
リンダさんの映画には、戦争と平和への深いこだわりがたくさん詰まっています。それは、日本の地方都市で暮らした小学生の頃の記憶の断片、先生が「アメリカが広島に原爆を落とした」と教えたとき、教室中の日本人の友だちが一斉にリンダさんの方を振り向いたという、そんな原体験からだとおっしゃいます。言われのない罪の意識を、日米の文化のはざまにあった幼少期から引きずって来たとおっしゃるリンダさん。その後どんな作品を、どんな思いに重ねて生み出してきたのでしょうか? じっくりと語っていただきました。

作品の一部がご覧になれます。
http://lhoaglund.com/

先週紹介しなかった前回は、真珠湾攻撃にも赴いた一人の元海軍兵瀧本邦慶さん(95)の従軍体験談。
今の誰も知らない、戦争体験談。必聴に値する。

自由なラジオ“Light Up! からポッドキャストで聞くことが出来ます。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ 

 

↑このページのトップヘ