1d9456c316fd0816863ab13bbed6a24e_s世界中を笑顔にするエシカル&エコ化粧品製造業ローザ特殊化粧料の角屋由華でございます。
日焼け止めを買うと裏面にSPFやPAという謎の記号があり数字や+が書いてあります。不思議に思う方が多いようですが、何となく聞けないのが事実のようです。実は紫外線は、波長によりABCの三つに分かれています。
日焼け止めのUV-Aのガード力を表すのはPA値です。PA+からPA++++までの4段階ありますが、そのときの状況に合わせて選び、普段の生活ではPA+、紫外線の強い屋外などではPA+++など、使い分けるようしましょう。 
日焼け止めのUV-Bのガード力を表すのはSPF値です。生活紫外線を防止するだけの記号のないものやSPF10〜SPF50+までありますが、1時間以内の外出にはSPF20程度、長時間の外出や紫外線の強い海などではSPF30以上のものなど、そのときの状況によって上手に選ぶようにしましょう。
 
紫外線対策のための日焼け止めは強い方がいいと思いがちですが、それ自体がお肌への負担になってしまうことが多いので、そのときの状況や自分のお肌に合わせてできるだけ優しいものを選ぶようにしましょう。ローザの皮膚科顧問医は、SPFは27程度を薦めています。
 

#紫外線 #UVA #UVB #ローザ #エシカル #エコ化粧品 #東京都昭島市
化粧品OEM小ロット #株式会社ローザ特殊化粧料 #法政大学社会学部諸上ゼミ