私の好きなもの

何をしたらキレイになれるのか…を常に考えながら生活するアラフォーです。コスメやサプリ、話題の美容アイテムを実際に試して気に入ったものを紹介しています。使用後の感想や効果・使い心地・肌変化などを口コミレビュー、個人的に評価する 自称美容オタクの個人ブログです。

カテゴリ: 【日記 その他雑記】

最近私は、手軽に酵母と植物発酵エキスが摂れる飴、コーボンキャンディを毎日食べています♪
015d4977f6f85904518e14bed72da9dd11b5cd3bea

コーボンキャンディ レモン&ジンジャー(50g)【コーボン】



この飴は2017年の新商品で、天然酵母飲料コーボンでお馴染みの第一酵母株式会社様が作っているものです。


<商品の特徴>
第一酵母の人気No.1商品コーボンマーベルNを使用し、本来は飲む酵母を「手軽に食べやすいキャンディ」にしました。

☆1袋に1億以上のオリジナル酵母が配合されています
☆1~1年半じっくり発酵・熟成させた植物発酵エキス使用
☆1袋にレモン果汁6.7個分のビタミンCを配合
☆元気の味方になってくれるクエン酸を1袋に266mg配合



※飲む酵母ドリンクの記事はこちら →
天然酵母飲料コーボンcobon (4)


<酵母とは??>
酵母とは、目には見えないくらい小さな生き物のことです。
5~10ミクロンの単細胞の微生物で、土や水中、植物の葉や花、果実の表面そして哺乳類・鳥類などの皮膚や体内などにも住んでいます。
※(1ミクロンは1ミリの1/1000)

酵母は意外と身近な存在で、種類によっては糖分を利用してアルコールにする「発酵」という能力を生かして、酒や味噌・しょうゆ・パンなどの発酵食品を作るのに利用されています。


<酵母を摂ると何がいいの??>
酵母は酵素補給に役立ちます。
さらに…普通の酵母よりも強い天然酵母は莢膜(きょうまく)という層で覆われているので熱や酸に負けないのが特徴です。だから胃酸の攻撃を受けても、たくさんの酵素を持ったままあるいは酵素を作りながら、体の中に届くことができます。

また天然酵母は酵素だけではなくビタミンB群やミネラル、アミノ酸やβグルカンなども含んでいるため、酵母が発酵して発酵食品をつくるのと同じように、天然酵母は腸の中でも食べた物を発酵させる働きがあると言われています。

おならや便が臭う人は腸の中で食べ物がうまく消化されずに腐っているのが原因だとか。
天然酵母を摂取すると消化が促され、おならや便のニオイが改善される効果があります。


腸が元気だと肌も綺麗に♡
天然酵母を摂取すると身体にいいことばかりなんです♪


最近疲れやすいな~とか、肌が荒れてるな~…という人は酵母を摂ると不調が改善するかもしれませんよ!!!



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○



私はこの1か月、毎日コーボンユズ&ジンジャーライフプラスN525を飲み続けました。
とても美味しいし、体に合っているので大好きなのですが…薄めて飲むタイプなので、自宅でしか飲むことができません。

そこで…ほぼ同じ成分の持ち歩ける飴も利用しています♪
天然酵母飲料コーボンcobon (8)

飴はいつでもどこでも口に入れられるので助かります☆

コーボンキャンディの中心部には、とろとろ食感の「コーボンマーベルN」が入っています。

酵母と植物発酵エキスを定期的に摂取するようになってから体の調子が整ってきたので、私はすっかり「コーボン」の大ファンなのですが、同じ効果のあるキャンディがあるなんて今まで知りませんでした。

もちろん小さな飴なので、実際に液体で飲むコーボンよりも酵母数などは少ないのですが…それでも1袋にオリジナル酵母1億が入っているそうなので、外出先や家の中で、ちょっとした時に口に入れるなら…コーボンキャンディを選んでいます☆




キャンディの味は、ほんのり優しい甘味にレモンの甘酸っぱさ、時々じんわりと生姜の辛みがちょっぴり顔を出す感じです。
生姜が入っているので小さなお子さんには好かれない味かもしれませんが(笑)私は大好きです。


お菓子のように華やかな味ではありませんが、口に入れるとホッと落ち着く風味です。
個人的にはもう少し酸味が強くてもいいかな~という感じ。


オリジナル酵母(1億個以上)と植物発酵エキス、ビタミンCやクエン酸が手軽に摂れるキャンディ、この冬はいつでもどこでも持ち歩きたいと思っています。






今回紹介した商品
コーボンキャンディ レモン&ジンジャー(50g)【コーボン】











<スポンサーリンク>







 


日中、子どもたちが学校へ行っている平日のお昼は1人で食べることが多い私。

1人なので…せっかくだからラクもしたいし、自分の好きなモノを食べたい。



ネットでお買い物をしていたら、バターチキンカレーの缶詰を見つけたので買ってみました♪

01df5a218a13b2865026e7f17902228d8472682bf5

いなば バターチキンカレー ラベル缶
115g
原産国 タイ



スパイスの香りが効いた風味豊かなココナッツミルク仕立てのカレーです。
辛さレベルは★★☆☆☆
イージーオープン缶なので缶切り不要で簡単に開けられます。


内容量は115gなので、そんなに多くありませんがスパイスの香りが良く、適度に辛さもあるので結構ご飯がすすみました。
私は缶を開けて、お鍋で軽く温めてから食べたのですが、缶詰のわりにおいしくて「また買いたい」と思う商品でした。



01fb045acabbe6c9bc53308b36764e1b6ad6370b63

チキンは意外と形がしっかりしたまま大きめのものが沢山入っています。
レトルトのカレーよりもおいしいな♡と思いました。


カレーは当たり外れがありますが…私はスパイスの効いたものが好き♪
なので、タイから輸入しているこちらのカレーはバッチリ好みのものでした。


一人ランチ用に活躍しそうなので、ぜひ買い置きしておきたいカレーです。
(小さいお子様にはちょっと辛いと思います)



今回紹介した商品

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いなば バターチキンカレー【ラベル缶】 115g 98円
価格:105円(税込、送料別) (2017/10/24時点)
















<スポンサーリンク>







 


今頃? 今さら?
なんて言われそうですが…私、やっとインスタグラムを始めました。

2017y10m11d_013017546


何かと写真を撮るのが好きなので、ブログよりも気軽に更新できるインスタグラム…
頑張って使ってみたいと思います。


※最近はインスタ投稿必須のモニターも多いので、そろそろ避けられなくなってきたのです。
あまり新しいことは得意ではないのですが…
時代の流れについていかないといけませんね(´艸`*)


まだ使い慣れてなくて…
コメントを頂いても返信の途中で送ってしまったり、失敗ばかり(汗)



インスタの方でもお化粧品モニターの報告・レポート・感想などをコツコツ
やっていきたいです♪

スポンサーリンク



インスタ初心者の私は、しばらくの間…いったい何を投稿すればいいのかわからず(汗)
フォロワーさんも増えず…
いいねもつかず(涙)


「ここでいったい何をすればいいの~???私は何がしたいの~????」って、わからなくなってしまい…一時アカウント削除まで追い込まれました。


だけど、何も難しいことを考える必要はなかった。
好きなモノを好きなように、好きな言葉と共に…アップするだけ。


誰かのためにやろうとすると、わからなくなってしまうので
インスタグラムは自分が満足できるように使えばいいんですね♪



タグ付けも、やっと分かってきました!!
最初はタグの意味もわかりませんでしたが、自分が見つけたい写真を探す時に検索で入力する言葉…がヒントです。
探してもらえるように、そして…見てもらえるように

まだまだ不慣れだけど、ちょっとずつ慣れていきたいですね☆



インスタ始めましたが、ブログの更新もサボらないように…
頑張ります。


( ˘ω˘ )





キッチンの細菌やウイルスって気になりますよね…


最近やウイルスなどの【菌】は、夏も冬も関係なく一年中いろんな場所に存在します。
特に、食べ物を扱うキッチンでは除菌が必須。


テレビのCMなどでも見ますが、水拭きだと菌が増えてしまうとか…。


先日、買い物に行ったホームセンターでアルコール除菌のスプレーを見つけたので買って帰りました。

014837a093437b9c334c46202947eac8928bec1286

アース アルコール除菌EX


なんと細菌やウイルスを99.99%除去してくれるのだとか。

013ff17dd57267d9c57c177abc3064484b27a6ae1e

食品原料100%で拭き取りが必要ない、とのこと♪
便利そう(´艸`*)

0188e5e99d21357b14d6c3b234328e0c857f7cee2e

テーブルはもちろん、冷蔵庫やレンジの中や外、ドアノブなどあちこちに使えます。

まな板などにも使える…ということですが、とりあえず私はテーブルの上などにシュッとスプレーして拭き取る…という使い方から始めてみました。


実際に使ってみると、思ったよりスプレーの霧が細かくて使いやすかったです。

キリが細かくないとスプレーした時にビショビショになってしまうのですが、少しずつスプレーできるので便利!!!


そして乾くのが早い。


これはあちこちにスプレーしたくなっちゃいます(*^-^*)


食中毒などが怖い季節。
冷蔵庫の中や外はもちろん、麦茶入れの持ち手なども拭き取りしたいな~と考えています。


なかなか良い商品を見つけました☆






本日紹介した商品

アース アルコール除菌EX



甘酒が美容にイイ!!!と聞いたので、ヨーグルトメーカーと米麹を使って自分で作ってみることにしました。

手作り 甘酒 作り方 米麹 (2)


私は元々「甘酒」がとても好きで、定期的にお店で買ってきて飲んでいたのですが…ちゃんと調べたら【酒麹で作った加糖の甘酒】よりも【米麹で作ったお砂糖の入っていない甘酒】の方がとっても美容に効果がある、というのです。


今までバッチリお砂糖の入った甘酒を美容にいいと思いながら飲んでいました。
反省です。


酒麹には甘味がないので、どうしてもお砂糖で甘味をつけるしかないんですね。
しかし米麹は発酵パワーで素材から甘味を引き出します。
私、実際に自分で甘酒を作ってみて思ったんですが…お砂糖と同じくらいの強い甘味を感じました。
お米ってこんなに甘味を持ってるんだ…って、ビックリしました。


さっきから【甘酒は美容にいい】を繰り返していますが、実際 甘酒の何がそんなに美容に効果があるのか…改めてまとめておきたいと思います。


スポンサーリンク




<<甘酒の美容効果>>

甘酒は米麹を使った発酵食品です。
発酵食品とは…微生物などの作用で食品を発酵させて加工した食べ物のこと。

日本では冷蔵庫が無かった時代から食品の保存や風味を加えたり食感を変えるなどの目的で【発酵】という技術が使われてきました。
代表的なものといえば…味噌や納豆、漬物や醤油などがあげられます。


発酵と腐敗は、じつは紙一重で…
身体に有益なら【発酵】、身体に有害なら【腐敗】と区別されます。

悪い菌が入ってしまうと腐敗、良い菌が育つと発酵…
イマイチ私には区別がつかないのですが、食べてお腹を壊すものは腐敗です。
おいしいものは発酵、そんなアバウトな感じで区別しています。


【発酵】は奥が深く、簡単に説明できないのでここでは省略しますが、発酵で育った菌は身体に様々な利点をもたらしてくれます。




米麹(こめこうじ)とお粥で作った甘酒には便秘解消ダイエット効果はもちろん免疫力のアップ肌の保湿美白美肌アンチエイジングなどの効果があります。


甘酒は豊富な栄養があるため、昔から夏バテ防止の飲み物として利用されてきました。その栄養価の高さから「飲む点滴」とも呼ばれています。


米麹で作る甘酒は、甘味の元となるお粥(柔らかく炊いた米)で作られます。
麹菌が発酵することで100種類以上の酵素が生み出されます。この酵素は様々な美容効果があるのです。

しかし、ここで気をつけたいのが…「酵素は熱に弱い」ということ。
市販されている甘酒の多くは加熱処理されています。だから、甘酒は自分で【手作り】すれば加熱しなくても飲めるので 美肌に活躍する酵素をたっぷり摂ることが出来るんです!!




昔 あるCMで見たことがあるのですが、麹を扱う酒蔵の人達はみんな手が美しいんですよね。麹には肌のキメを整えたりシミを防ぐ美白効果があったりします。甘酒は飲んで良し、パックとして顔に塗っても効果は抜群です。

自宅で甘酒を作っていると、パックにも自由に使えます。
ビタミンB群が豊富な甘酒は夏バテの予防にも効果的です。チョコラBBなどでもおなじみですがビタミンB群は美肌に欠かせない栄養素ですし、綺麗な髪の毛を作り出す作用もあります。

※甘酒に含まれる栄養素など、長くなりますが後日追記していきたいと思います


腸の善玉菌を増やしてくれる効果もある甘酒で、お腹の中から綺麗をサポート☆


たぶん何種類ものサプリメントを飲むより美肌に効果があるはずです。
作る作業が面倒なのでは???と思う人も多いでしょう。私も最初の1回目は戸惑いながら作ったのですが、2回目からは簡単簡単♪

作り方の流れを覚えてしまえば簡単に作れます。
甘酒に興味がある人はぜひチャレンジしてみてください☆

手作りの甘酒、すごく美味しいですよ~(*^-^*)



<<甘酒作りに必要な材料>>

☆ヨーグルトメーカー…温度と保温時間の設定が出来るもの
☆米麹…スーパーなどで買えます
☆お粥…炊飯器で水分多めのご飯を炊きます
☆計量カップ…お湯を計ります
☆食品温度計…麹は高温に弱いので、あると便利。60℃くらいのお粥に米麹を混ぜ込みます。
☆お湯


※分量は、使用するヨーグルトメーカーによっても違うと思います。
私は今現在自分が使っているヨーグルトメーカーの【甘麹の作り方】を参考に用意しています。


私が普段作っている「甘麹」←甘酒の元の材料はこちらです。
☆米麹…200g
☆お米1合を400mlの水で炊いたお粥
☆お湯200ml


1、炊飯器でご飯を炊きます
お米1合を研いで、お水400mlを入れ普通に炊飯します。

2、ご飯が炊けたら、ヨーグルトメーカーの容器にご飯を移して、お湯200mlを加え混ぜます。
011745104f2e63d73688f8139c72286b33d38df6d4
容器は熱湯消毒等しっかり行いましょう。雑菌が入るのを防ぐために重要です。

手作り 甘酒 作り方 米麹 (1)
ご飯にお湯を入れて混ぜるのですが、ここで温度計の出番です。
60℃くらいまで冷まします。
あまり熱い温度のお粥に米麹を加えると、菌が作用しなくなるからです。

012ac3002fb7bd742feaa44b515ffebb4822777233

私はこんな温度計を使っています。ホームセンターで購入しました。
バレンタインの時、チョコをテンパリングする際に用意したものですが、まさか…こんなところで活躍する日が来るとは夢にも思いませんでしたよ(笑)


お粥を冷ましている間に、米麹をほぐします。

01162d3ac60983700d5964d1ef02f6f56d8a6c5ed2
私はいつもスーパーで米麹を買います。
冷蔵庫には2袋くらいストックを持つようにしています。

200g入りで298円でした☆

手作り 甘酒 作り方 米麹 (11)

米麹は塊になっていることが多いので(サラサラの状態のものも売っています)
他の袋に移して、手で解します。

この作業、地味ですが結構好きです(´艸`*)
ホロホロ崩れていくのが楽しいのです。

手作り 甘酒 作り方 米麹 (8)

お粥が60℃くらいに冷えたら、先ほど解した米麹をお粥の中に入れます。
そして混ぜ込みます。

手作り 甘酒 作り方 米麹 (6)

混ぜたら、最後に表面を整えて…

手作り 甘酒 作り方 米麹 (13)

蓋をしてヨーグルトメーカーに入れます。

手作り 甘酒 作り方 米麹 (3)

温度は60℃、保温時間は10時間で設定。
そのまま時間がくるのを待ちます。

手作り 甘酒 作り方 米麹 (10)

保温が終了すると…こうなります。完成です。

少し色が黄色くなります。汁気が増え、柔らかくなっています。


手作り 甘酒 作り方 米麹 (5)

これは「甘麹(甘こうじ)」といって甘酒の元となります。

このまま食べても美味しいですし、塩麹の逆バージョンとしてお料理に「甘味」として混ぜ込んでも美味しいです。肉じゃがとかオススメ☆

手作り 甘酒 作り方 米麹 (2)

お湯で伸ばすと甘酒♡
生姜を入れても美味しくいただけます。


我が家では娘ちゃんがそのまま食べるのを好むので、いつも一緒に食べています。
発酵の力で、お米がすごーく甘くなっていてビックリします。まったくお砂糖は入れていないのに、喉にしみそうなほど甘いです!!!


しっかり甘いので、おやつ代わりになります。
少し食べるだけで満足できるのです。しかも栄養豊富で肌にいいときた☆
チョコやスナック菓子を食べる習慣はまったく無くなりました。


風味がいいのでクセになる美味しさです。


麹ってよくわからない物体でしたが…(今もあまり分かってはいないのですが)
甘麹と塩麹は簡単に作れるようになりました。

私の使っているヨーグルトメーカーにはお味噌や納豆の作り方なども載っていて、いつか挑戦しようと思っているのですが…まだまだチャレンジできていません。


もちろんヨーグルトも作ります♪

身体にイイものを手作りするって楽しいですよ*。٩(・ω・。)و *。
何より、子どもたちに「お母さん、こうやって作ってるの♡」と教えられることは親としてとても幸せですし、作ったものを「こんな味がするんだね!! おいしいね!!」って言いながら栄養のこととか話しつつ一緒に食べるのが楽しくて。


平和な時間を過ごしています。

私も、うちの子どもたちも、滅多にニキビ等できません。
肌のコンディションは腸の健康からだと本当に思います。



ヨーグルトメーカー、1台あると便利ですよ☆
おいしい手作りの甘酒、作ってみませんか(*´ω`)








人気ヨーグルトメーカー一覧










スポンサーリンク


 

↑このページのトップヘ