籐のかごバッグ

前々回のブログでこげ茶のバスケット編みバッグを載せましたが、以前籐のかご編みにはまっていたことを思い出しました。
昭和の本をヤフオクで買っては自己流で編んだものです。ブログを始める前のことで、お恥ずかしいですが記録として写真を撮ってみました。




裏布を付けたりしていますね。下段右はクラフト工房ユーカリさんで習ったものです。少しはきっちり編めているでしょうか?ユーカリさんは大人気のようで、8月は満席みたいですね。

籐は水につけて柔らかくして編むので、この時期は毛糸より楽しめるかもしれません。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。


編み物ランキング

はしごレーストート

「麻ひもとリネン糸で編むバッグ」(青木恵理子著:主婦の友社)から F.はしごレーストート を編みました。



昨年買ったコクヨ麻紐がかなり余っていたため、使い切りたかったのです。途中で足りなくなるかもしれないと段数を減らしたので、ちょっと小さくなりました。結局4,5段分は余ったかな?残りは本来の荷造りひもにします(笑)。

底は22x14cmの長方形で、けっこうマチがあります。マチをたたむと、こんな感じです。野菜を入れてもいいですね。私は編みかけの毛糸を入れようと思います。


細糸を編んでいると、無性に太糸が編みたくなり、寄り道ばかりしています。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

編み物ランキング

バスケット編みのバッグ

マニラヘンプヤーンでバスケット編みのバッグを編みました。
 


「洗える麻糸で編む上質バッグと帽子」(越膳夕香著:文化出版局)を参照しました。ほぼ本のとおりですが、持ち手は編まずにINAZUMAの革持ち手を使っています。縦ゲージが大きくなったうえに2段+細編み1段多く編んだので、出来上がりは縦23cm(指定だと18.5cm)になりました。
かごバッグが好きで、自分でも籐で編んだりしていましたが、この編み方(長編みの表引き上げ編みと裏引き上げ編みの組み合わせ)がかご編みみたいで面白いと思いました。
それと、メルヘンアートのマニラヘンプヤーンという糸はマニラ麻100%で洗えるというので、使ってみたくなったのです。革持ち手をつけてしまったので、洗えないですが。
色は522エスプレッソです。150gのところ、持ち手を編まなかったので140gでできました。軽くて、キシキシすることもなく編みやすかったです。


パピーさんのリーフィーもほしくなりました。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。


編み物ランキング
ギャラリー
  • 籐のかごバッグ
  • 籐のかごバッグ
  • 籐のかごバッグ
  • 籐のかごバッグ
  • はしごレーストート
  • はしごレーストート
  • バスケット編みのバッグ
  • バスケット編みのバッグ
  • Sumire編み始め