2016年12月04日

平塚市立山城中学校

9月の関東ベンチ大会優勝(105kg級)の金メダルと、11月のノーギアベンチの全日本大会ジャパンクラシック(105kg級)の銅メダル(マスターズ1、3位)を持って母校へ。

1986年3月 山城中学校卒業(15才)

1989年9月 FMW入門(18才)。

1990年1月 熊本・小国ドームでデビュー(19才)

2003年11月 IWA世界タッグ獲得(32才)

2015年9月 ノーギアベンチプレス大会デビュー +83kg級準優勝(44才)

2016年11月 第17回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会 105kg級マスターズ1 3位(45才)

卒業して30年、本当に色々な事がありました。

プロレスもベンチプレスも挫折と苦悩の連続でしたが、節目節目を振り返ると、決して悪い人生じゃなかった。

素質やセンスと言った言葉とは無縁で、子供のときから特別運動神経が良かった訳でも、人より恵まれた体格の持ち主と言う訳でもありません。

強いて言えば情熱と信念だけ。自分にはそれしか無かった。

平日の明るい時間に行って在校生に不審者と思われたら困るので、日曜日の夕暮れ時に母校の正門に行き、1分くらいでパパッと写真を撮りました。

その後、イート高村店で食事。

いつものディナープレート。

当時理科の山川先生が今校長だと聞きました。

体育の杉山先生、大高先生、大変お世話になりました。

戻りたくても戻れない昭和の“あの時代”が、時折無性に懐かしく感じます。

image1

image2

rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(0)PRIVATE 

2016年12月01日

神門(ゴウド)

来年の大会に向けての挑戦が既に始まっています。

自分を追い込む瞬間くらいは集中力と緊張感を切らしたくない。

ジャパンクラシックが終わってモチベーションを落とさない為に、更に自分に厳しく追い込む必要がある。

練習前神門(ゴウド)の3曲をリピートして聴いてモチベーションを上げる(どれも中毒性が強い!)。

「素晴らしき世界」のヒップホップの部分の歌詞を

“プロレス、ベンチプレス”

に変えたりすると共感出来るリリック多過ぎ。

テレビに出て来なくても、人に感動を与える人。

最終セット4r狙いがまさかの2r。

気持ちばかり焦って、疲れが抜き切れてない感じ。

テンション上がってたから

「潰れた分だけ強くなれる」

自分に言い聞かせて鍛錬終了。

【12月1日】
ベンチプレス
115kg×5
125kg×5
135kg×5
145kg×5
155kg×2 ※3r目潰れる
(全て試合フォーム 止め2秒)

image1-152







rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(1)BENCH PRESS 

2016年11月30日

BENCH PRESS(11月分)

【11月1日】
ベンチプレス
115kg×3
115kg×3
145kg×1
155kg×3
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月3日】
ベンチプレス
110kg×3
110kg×3
140kg×1
160kg×1
162.5kg×1
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月5日】
ベンチプレス
110kg×3
110kg×3
140kg×1
155kg×1 ※止め3秒
(全て試合フォーム 155kg以外止め2秒)

【11月6日】
ベンチプレス
120kg×3
120kg×3
150kg×1
165kg×1
165kg×1
165kg×1
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月8日】
ベンチプレス
120kg×5
120kg×5
120kg×5
120kg×5
120kg×5
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月10日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
140kg×2
160kg×1
170kg  ※スタートポジション10秒止め
180kg  ※スタートポジション10秒止め
185kg  ※スタートポジション10秒止め
(170kg〜185kg以外全て試合フォーム 止め2秒)

【11月12日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
110kg×5
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月13日】
第20回神奈川県ノーギアベンチプレス選手権大会(JPA公認)
寒川総合体育館 サブアリーナ
階級 男子105kg級
検量 98.75kg

試合前のアップ
20kg×10
20kg×10
20kg×10
20kg×10
20kg×10

60kg×5

100kg×3
100kg×3

140kg×1

本番

第一試技
160kg(白3つ)

第二試技
165kg(白3つ)

第三試技
167.5kg(白2つ 赤1つ)

105kg級1位(優勝)

【11月15日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
142.5kg×1
157.5kg×3
157.5kg×3
157.5kg×1
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月17日】
ベンチプレス
112.5kg×5
112.5kg×5
142.5kg×1
152.5kg×4
152.5kg×4
152.5kg×2
152.5kg×2
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月19日】
ベンチプレス
110kg×5
120kg×5
130kg×5
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月21日】
ベンチプレス
112.5kg×5
112.5kg×5
142.5kg×1
165kg×1
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月23日】
ベンチプレス
115kg×3
115kg×3
150kg×1
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月25日】
ベンチプレス
115kg×5
115kg×5
115kg×5
(全て試合フォーム 止め2秒)

【11月27日】
第17回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会
第17回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会(世界クラシックベンチプレス選手権大会、アジアクラシックベンチプレス選手権大会選考競技会)
きゅりあん(品川区立総合区民会館)
階級 男子105kg級
検量 96.88kg

試合前のアップ
20kg×10
20kg×10
20kg×10
20kg×10

60kg×5
60kg×5

100kg×3
100kg×3

140kg×1

本番

第一試技
160kg(白3つ)

第二試技
165kg(白3つ)

第三試技
170kg(白2つ 赤1つ)

105kg級
一般の部5位
M1(マスターズ1)の部3位

【11月29日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
120kg×5
120kg×5
130kg×5
130kg×5
(全て試合フォーム 止め2秒)

rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS 

2016年11月28日

酒井ジュンヤ選手(74kg級3位)

バリバリジム酒井会長のジャパンクラシックの試技が早速ネットに上がってました。

編集が凄いカッコイイ!

三本ともキレイに決めた!




rose_color2002 at 23:07|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS 

2016年11月27日

第17回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会 3

大会終了後は総勢14名の選手で居酒屋で打ち上げ。

上から2枚目
左から石井さん、井上さん、永田さん。

3枚目
中村さん、塩谷さんのTeam X-treme Power重量級の2人と。

4枚目
左から石井さん、永田さん、塩谷さん。
3人の120kg超級の選手に挟まれると、自分が(一応105kg級なんですが)大変痩せてスマートに見えます笑。
120kg超級の戦いはスーパーヘビーのド迫力そのもので、目の前で220kgとか230kgとか挙げる人達、、、生まれて初めて見た。

5枚目
120kg級の湯浅さん。
その存在はもう何年も前から知ってました(一方的に)。
強い人のトレ動画を探すとよく登場してたのが湯浅さんで、自分はそれを見ながら「こんな凄い人がいるんだぁ」と思いながらネットで検索。
9月の関東大会で初めてお会いしてたのですが、見た目通りの自分のシャイな性格が災いして、声をかけれませんでした。
今回の打ち上げは湯浅さんの
「ベンチプレス最高!!」の乾杯で始まり。

柔道、空手、相撲、マラソン、ラグビー、プロレス、集まった選手のバックボーンはそれぞれ違いますが、今こうやって同じ競技で頑張れる仲間がいると言う事は、自分自身大変嬉しい事。

特に自分にベンチプレスの奥深さ、楽しさを教えてくれた井上さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

バリバリジム、パワエリジム、湘南ベンチプレッサーズ、東海、関西のベンチプレスの人脈のほとんどを、井上さんが紹介してくれました。

井上さんが残した記録に少しでも近付けるように、またコツコツ鍛錬をして行こうと思います。

皆様とまたどこかでお会い出来る日を楽しみにしています。

ありがとうございました。

image2

image2

image3

image4

image5

rose_color2002 at 23:40|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS 

第17回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会 2

写真上から
大阪のバリバリジム酒井会長と4年振りの再会。
この日自分の試合は17時からでしたが、酒井会長の試合(11時〜)が気になり11時には会場入り。
館内に入ってまずその熱気と、空席の無い客席に驚きました。
仕方無いので客席後方のスペースで立って応援。
見事74kg級で3位入賞。
短い時間でしたが近くの喫茶店で2人で昼食を食べる事が出来ました。
沢山のお土産を頂きありがとうございます。

中央写真
世界大会で活躍している中村さん(Team X-treme Power)。
今回成田から品川に直行したものの間に合わず、無念の欠場。
自分の今の実力では到底中村さんには勝てません。
試合後に本人に何度も
「このメダル(マスターズ3位)は本当は中村さんのモノだったと思います」
と言ったのですが
「気にする事ないよ。試合ではいくらでもこういう事は有り得るんだから」
と言って頂きました。
ありがとうございます。
同じ階級(105kg級)なので、またどこかの大会で胸を借りたいと思います。

三枚目
会場に「千葉のパワーリフター」やっさん(写真中央)が観戦に来てました。
やっさんとも4年前のバリバリジム10周年パーティ以来の再会。
懐かしい顔ぶれとお会いして、変わらず同じ競技にいる事がたまらなく嬉しいです。
右は新日鉄千葉ボディビルの西田選手。
西田選手も105kg級で、今回ジャパンクラシックに出場。ゴツい!
同階級の選手なのでまたどこかで一緒にエントリーされると思います。

image2

image1

s_image1-6

rose_color2002 at 23:35|この記事のURLComments(3)BENCH PRESS 

第17回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会

第17回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会(世界クラシックベンチプレス選手権大会、アジアクラシックベンチプレス選手権大会選考競技会)
きゅりあん(品川区立総合区民会館)
階級 男子105kg級
検量 96.88kg

《主催》公益社団法人 日本パワーリフティング協会(JPA)
《主管》東京都パワーリフティング協会

試合前のアップ
20kg×10
20kg×10
20kg×10
20kg×10

60kg×5
60kg×5

100kg×3
100kg×3

140kg×1

本番

第一試技
160kg(白3つ)

第二試技
165kg(白3つ)

第三試技
170kg(白2つ 赤1つ)

105kg級
一般の部5位
M1(マスターズ1)の部3位

ノーギアベンチの国内最高峰の大会に出場。

自分と170kgの対決。最高の舞台。

セコンドはベンチプレス界のレジェンドでもあり友達の井上正雄さん。

一本目と三本目の緊張感が半端じゃない。

特に第三試技前はリングに上がるのと何ら変わらない緊張感でピリピリしていました。

自分は井上さんがセコンドに付いてもらってたので、重量の申請から試合の駆け引き、アドバイスなど、全て的確にやって頂いたので恵まれた環境で試技に集中出来ました。

ポイントは第二試技。

「止め」が若干甘かったそうです。

このマイナスポイントをセコンドの井上さんは

“敢えて、、”

私に言いませんでした。

理由は神経質な自分にそれを指摘して、運命の第三試技が慎重になり過ぎて失敗にならないように、、、の配慮。

性格を知り尽くしてるからこその計らい。

もし、それを指摘されてたら自分の性格上「止め」ばかりに意識し過ぎて、170kgを差し切れなかったと思う。

今回は「一般の部」と「マスターズ1(40代の部)」でダブルエントリーで出場。

例え「一般の部」で最下位になろうとも、自分の順位を記録に残したかった。

結果は「一般の部」で5位。「M1の部」で3位。

自分で当初予想してた順位よりも大幅に上位に食い込む事が出来たと思ってます。

それは他の選手の失敗や、調整不足、アクシデント等が重なった「運」が左右した結果であり、決して自分の実力だけではありません。

まず同階級(105kg級)で170kgを成功した選手が自分を含め3人。

この3人の中で体重が一番軽いのが自分。

これで(同じ重量を挙げてるにも関わらず)自分の順位が繰り上がりました。

もう一つはマスターズ1でエントリーされてた中村さん(Team X-treme Power)が、この日の16時に仕事先のメキシコから帰国。

成田から会場に駆け付けた時は18時で、試合に出られなかった。

「たら、れば」の話ですが、もし中村さんが試合に出てたら、自分の3位入賞メダル授与は絶対有り得なかった。

色々な場面で色々な偶然が重なりましたが、この大舞台で170kgをやっつける事が出来たのは素直に嬉しい。

とは言え1位の選手は220kgを成功。

その差50kg。

まだまだ道のりは険しいです。

そしてまた、新たなる挑戦は続きます。

image1

image1-20

rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(3)BENCH PRESS 

2016年11月13日

第20回神奈川県ノーギアベンチプレス選手権大会 2

開会式で国体で活躍した選手の紹介と、リオ2016パラリンピックに出場した三浦浩選手の挨拶がありました。

その国体に出場した選手に

「昔シルバージム(綱島)で一緒に練習したの覚えてますか?」

と声を掛けて頂き懐かしい(今から25年くらい前の話しですから)気持ちでいっぱいになりました。

そんなにゴツくしてどーすんの?
そこまで力付けても何に役立つの?
ゴツい、マッチョ=キモイ←ただの悪口

これが世間の方の正直なイメージかと思いますが、トレーニングを長く続けてると、その時々のジムのメンバーと、感動的な再会を果たす時があります。

周りにどう思われようが

“続けてて良かった!”

と思える事を神様が与えてくれます。

この日は同時開催で

「第21回神奈川県ノーギアパワーリフティング選手権大会(2017年愛顔つなぐえひめ国体第一次予選会)」も開かれてました。

ノーギアベンチの競技は9時検量、11時試技開始だったので終わってから、パワーリフティングの選手のスクワットとベンチの試技を最前列でじっくり観戦。

ベンチプレス1つ極められない自分には、スクワット、デットリフト、ベンチプレス三種目全てをこなすパワーの選手をただただ

凄いなぁ、、、と思いながら試技を眺めてました。

画像はノーギアベンチ83kg級で優勝を果たした山根さん。

93kg級では鎌倉ベンチで1位だった選手が187.5kgをキレイに差し切ってます。

マスターズの選手の活躍は自分自身の励みになります。

皆様ありがとうございました。

s_image1-4



rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS 

第20回神奈川県ノーギアベンチプレス選手権大会

第20回神奈川県ノーギアベンチプレス選手権大会(JPA公認)
寒川総合体育館 サブアリーナ
階級 男子105kg級
検量 98.75kg

《主催》神奈川県パワーリフティング協会
《共催》寒川町パワーリフティング協会
《公認》公益社団法人 日本パワーリフティング協会

試合前のアップ
20kg×10
20kg×10
20kg×10
20kg×10
20kg×10

60kg×5

100kg×3
100kg×3

140kg×1

本番

第一試技
160kg(白3つ)

第二試技
165kg(白3つ)

第三試技
167.5kg(白2つ 赤1つ)

105kg級1位(優勝)

JPA公認試合での自己記録を160kg(5月)→167.5kg(11月)まで伸ばせた事が素直に嬉しい。

2位の選手が

160kg○
165kg○
170kg×

だったので、僅か2.5kg差でまぐれで勝てたと思ってます。

神奈川大会のエントリーが出た段階で

「勝てないかも知れない」

の不安もありましたが

「勝たなきゃいけないのは同階級のメンバーじゃなく、167.5kg、167.5kg、167.5kg、、、」

気持ちを切り替える事で負ける事の不安は消えたし、同階級のメンバーの試技も素直に応援する事が出来た。

この競技、負けを恐れたら何も始まらない。強くなれない。自分自身にそう言い聞かせてます。

輝かしい実績も何もありませんから、負ける事は怖くない。

次にクリアしなければならない敵は170kg。

挑戦する日は2週間後に開催されるノーギアベンチプレスの全国大会「ジャパンクラシック」。

この170kgとの戦いは絶対に負けたくない!!

s_image2-2

rose_color2002 at 23:00|この記事のURLComments(2)BENCH PRESS 

2016年11月06日

正式エントリー

昨夜ブログを更新した直後、第17回ジャパンクラシックのエントリー表に自分の名前があるのを確認。

寝るつもりが全く寝れなくなりました。

気合いを入れてガンガン練習を、と行きたい所ですが、試合まで3週間。

今日のように高重量を扱う日はあと2〜3回で、後は怪我をしないで大会当日に疲れを残さない練習。

高重量をやりたいのを“敢えて我慢する練習(調整)”になると思います。

【11月6日】
ベンチプレス
120kg×3
120kg×3
150kg×1
165kg×1
165kg×1
165kg×1
(全て試合フォーム 止め2秒)

image1-17

s_20161126-27

rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(3)BENCH PRESS 

2016年11月05日

井上正雄選手と玲綾(れいん)

記念写真を撮らせて貰いました。

表情見ての通り、結構嬉しそうに喜んでます。

人見知りしないのかな。

井上正雄さん
ベンチプレス公式記録ノーギア195kg
神奈川県ノーギアベンチプレス大会9連覇
ジャパンオープン(クラシック)ベンチプレス大会2位6回3位2回
全日本実業団ベンチ優勝5回

image5

image4



rose_color2002 at 23:31|この記事のURLComments(0)REIN | BENCH PRESS

井上正雄選手

夕方155kg×1(止め3秒)を1set終えた所で、練習仲間の井上正雄さんが、突然遊びに来てくれました(留守にしてなくて良かった)。

もし今回のジャパンクラシックの出場が正式に決まれば、やっと井上さんと同じ大会(しかもジャパンクラシック)に出場出来る。それは自分にとっては大変光栄な事。

2人でベンチプレス、コンディション、試合について有意義なお話が出来ました。

今、井上さんが肩の調子が悪く、大事な試合前にゴールドジムに行けてない状態で、不安と焦りがあると思いますが、無理だけはしないようにと。

お互い怪我をして仕事に影響を及ぶような事は絶対避けましょうと。

そんな話をしました。

お土産ありがとうございます。

s_image2-1

image1

s_image3-1

rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS 

2016年10月31日

BENCH PRESS(10月分)

【10月2日】
ベンチプレス
100kg×5
110kg×5
120kg×5
130kg×5
140kg×5
150kg×3
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月4日】
ベンチプレス
100kg×8
100kg×8
110kg×8
110kg×8
120kg×8
120kg×8
130kg×7
130kg×7
160kg  ※スタートポジション10秒止め
(160kg以外全て試合フォーム 止め2秒)

【10月6日】
ベンチプレス
105kg×5
115kg×5
125kg×5
135kg×5
145kg×4
165kg  ※スタートポジション10秒止め
170kg  ※スタートポジション10秒止め
(165kg、170kg以外全て試合フォーム 止め2秒)

【10月8日】
ベンチプレス
100kg×5
100kg×5
100kg×5
100kg×5
100kg×5
100kg×5
100kg×5
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月10日】
ゴールドジム上星川にて
ベンチプレス
20kg×10
20kg×10
20kg×10
60kg×8
60kg×8
100kg×3
100kg×3
140kg×1
165kg×1
167.5kg×0 ※失敗、潰れる
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月12日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
130kg×1
150kg×3
150kg×3
150kg×3
150kg×3
150kg×3
150kg×3
150kg×3 ※3r目のみ足尻浮く
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月14日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
130kg×2
145kg×4
145kg×4
145kg×4
145kg×4
145kg×1 ※仕事の都合でインターバル1時間空け。1rで限界。
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月16日】
ベンチプレス
100kg×5
100kg×5
120kg×2
140kg×2
160kg  ※スタートポジション10秒止め
165kg  ※スタートポジション10秒止め
170kg  ※スタートポジション10秒止め
(160kg〜170kg以外全て試合フォーム 止め2秒)

【10月18日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
110kg×5
110kg×5
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月20日】
ベンチプレス
110kg×3
110kg×3
140kg×1
155kg×3
155kg×3
155kg×3
155kg×3
155kg×1 ※仕事の都合でインターバル1時間空け。1rで限界。
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月22日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
130kg×2
130kg×2
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月24日】
ベンチプレス
110kg×3
110kg×3
130kg×3
145kg×5
145kg×5
145kg×5 ※もう2setやりたかったけど仕事の都合で終了。
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月26日】
ベンチプレス
115kg×3
115kg×3
135kg×3
155kg×3
170kg  ※スタートポジション10秒止め
175kg  ※スタートポジション10秒止め
(170kg〜175kg以外全て試合フォーム 止め2秒)

【10月28日】
ベンチプレス
110kg×5
110kg×5
110kg×5
110kg×5
(全て試合フォーム 止め2秒)

【10月30日】
ベンチプレス
110kg×3
110kg×3
140kg×1
160kg×1
165kg×1  
167.5kg×1 ※自己記録更新
(全て試合フォーム 止め2秒)

rose_color2002 at 01:00|この記事のURLComments(2)BENCH PRESS 

2016年10月30日

自己記録更新

【10月30日】
ベンチプレス
110kg×3
110kg×3
140kg×1
160kg×1
165kg×1  
167.5kg×1 ※自己記録更新
(全て試合フォーム 止め2秒)

試合フォーム関係無しなら170は挙げられる、そう確信を持てました。

今は大会で通用するフォーム重視なので、公式大会で通用する挙げ方で無ければ意味がない。

なので敢えて170kgは挑戦しませんでした。

ラスト3setは試合本番の第一試技〜第三試技を意識。

出来ればジャパンクラシック当日は

第一試技165kg
第二試技167.5kg
第三試技170kg

これで行きたい(あくまでも目標)。

時間はもうありませんが、最後の悪あがきで、もう少し運命に逆らってやろうと思います。

10月は全て中一日でベンチプレスに向き合ってました。

後半練習内容が落ちましたが、日々色々な事がおきていて

「この状況でよくやってるな」

と自分を褒めてやりたいレベル。

“鍛錬なんてやらなければ楽でいいのに”

の誘惑もありましたが、結果的に中一日でベンチプレスをやっていました。

多くの選手が色々な問題(怪我、仕事、モチベーション)と直面しながら戦っています。

こんなんじゃまだ初心者レベル。まだまだ。全然まだまだ。

と自分を戒めてます。

今だから出来る事を忘れず、11月も己との戦いに挑むつもりです。

image1-14

s_20161126-27

rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS