2017年02月14日

今年の自己記録更新

【2月14日 リハビリベンチ5日目】
ベンチプレス
70kg×3
80kg×1
90kg×1  
100kg×1 ※左上腕二頭筋に痛み(力が入らない)
110kg×1 ※左上腕二頭筋に痛み(力が入らない)
(全て試合フォーム 止め2秒)

110kg成功!

2月6日に100kgと90kgの2r目が潰れたのを考えたら、大きな進歩。

110kgは左腕の痛みを庇ったせいか軌道から外れました。

まだ怪我から抜け出せませんが、焦らずリハビリトレ続けます。

去年の公式大会自己ベスト(170kg)まであと+60kg。

道のりは険しい。

rose_color2002 at 01:20|この記事のURLComments(1)BENCH PRESS 

2017年02月09日

三宅座 38

「LIVE FOR TODAY -天龍源一郎-」 ★★★★★

映画館で“天龍ファンの一人”として見て来ました。

引退試合までを迫った一年間のドキュメンタリー。

体がボロボロになればなるほどカッコイイなぁ〜と思ってしまう魅力。

家族が映るシーンは複雑でした。

10代(リング屋時代)20代(真FMW時代)の時、何度もお小遣いを頂いて、ただただ恐縮して「ごっちゃんです」としか言えませんでした。

その裏で奥様が大変な(家計を支える)苦労をしてたと知ったのは、つい最近の事(奥様のインタビュー記事を見て)。

この作品の中で、試合で天龍さんと肌を合わせてた選手達がとても羨ましく思いました。

久々にプロレスに嫉妬。



rose_color2002 at 02:43|この記事のURLComments(0)MOVIE | PRO-WRESTLING

2017年02月08日

泉田さん

1月24日午後1時〜約50分電話で話しました。

死亡推定時刻が25日前後となってるのは、通話記録も多少関係してるのかも知れません。

体調は去年のクリスマス(12/25)に話したときも、相当悪いと本人から聞いてましたし、心臓の不調も訴えて通院もしてました。

最後(1/24)に話したとき

事件の加害者に対して

「(どん底になったお陰で、当たり前の事に“有り難み”を感じる事が出来て)感謝しています」

「相手を憎んで恨んでばかりではダメだと言う事に気付きました」と。

互いに

「2時の電車に乗るので失礼します」

「このあとまた病院に行きます」

の会話を最後に電話を切りました。

事実と異なる情報(憶測)が一人歩きしてますが、自殺は有り得ないと思います。

最後の最後まで前向きに、立ち上がろうとしてました。

逃げない、真面目な性格が災いしないか心配してたくらいです。

泉田さん、一番憎き相手を最後の最後で許して、天国へ旅立ったんですね(憎んで恨んだままだと天国に行けませんから)。

神様が迎えに来るその日まで、必死に生きた姿。

それはもう本当に見事でした。

お疲れ様でした。

rose_color2002 at 03:56|この記事のURLComments(5)PRO-WRESTLING 

2017年02月06日

「世界クラッシックベンチプレス選手権大会」候補選手に選ばれる

リハビリベンチ開始3日目。

4月16日〜テキサス州キリーンで開催される「世界クラッシックベンチプレス選手権大会」に出場出来る、候補選手に選ばれた通知が届きました。

昨年11月27日に開催された「ジャパンクラッシックベンチプレス選手権大会」の検量の時に

「(今大会の結果次第で)世界大会に出場の意思はあるか?」

の質問に、実は図々しく

「あります」

と回答していました。

この時はまさか5位に入賞出来ると思わなかったから自分で

「“あります”って、、、まだまだ(自分なんて)顔じゃねーよ。」って自分に突っ込んでました。

しかし、忘れかけたこのタイミングで世界大会出場候補の知らせが届きました。90kgを潰れたその日に。

4月までに劇的な復活が出来ない。自分がよく分かってます。この悔しさと言ったら。。

市の大会から県大会、関東大会、全国大会と、本当にトントン拍子で進んで来ましたが、世界大会候補に選ばれたこのタイミングで、左肩と左腕の故障。

この最後の最後の一番ビックな美味しい場面で、神様は“挫折、どん底”の試練を与えてくれました。

何か意味がある事なのかも知れません。

一人でもがき苦しんでみようと思います。

日本のプロレスラーでこの競技で世界大会出場を果たしたのは、自分の知ってる限り沼津プロレスの伊東永悟さん一人。

万全な状態なら出場して“2人目”になりたかった!

「世界(大会)に行った」

のと

「世界大会出場候補」

響きが全然違いますね。

どんな復活を遂げるのか

このままフェードアウトするのか

数年もがき苦しむのか

答えは神様しか知りません。

ボロボロになってぶっ壊れて行くだけかも知れないし、もう這い上がれないかも知れませんが、その生き様をここに残す事で、いつか玲綾(れいん)に見せれたら、と思います。

テキサスで外人選手と戦ってみたかった。。

image1-158

rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(2)BENCH PRESS | PRIVATE

リハビリベンチ 3日目

【2月6日】
ベンチプレス
70kg×3
80kg×3
90kg×1  ※2r目潰れる 左上腕二頭筋に痛み(力が入らない)
100kg×0 ※左上腕二頭筋に痛み(力が入らない)
70kg×3
(潰れた以外全て試合フォーム 止め2秒)

リハビリベンチ3日目。

厳しい状況は予想してたけどここまで酷い状況とは。

とにかく左上腕二頭筋に痛み、力が入らない。

3日間通して右腕のストレスが半端じゃ無い。

右腕「まだまだ行こう!170kg挙げたじゃないか!全然行ける!」

左腕「無理!これ以上続けないでくれ!ぶっ壊れるから!ストップ。ストップ。」

こんな感じ。

画像は90kgと100kgで潰れてセーフティーに乗ってる状態。

遂にここまで落ちたか、、、。

image1

image2

rose_color2002 at 17:00|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS 

2017年02月04日

リハビリベンチ 2日目

【2月4日】
ベンチプレス
50kg×3
60kg×3
70kg×3
80kg×3 左腕の三角筋前部、左腕の上腕二頭筋、その周辺に異変
90kg×1 左腕の三角筋前部、左腕の上腕二頭筋、その周辺に異変
(全て試合フォーム 止め2秒)

rose_color2002 at 23:30|この記事のURLComments(2)BENCH PRESS 

2017年02月01日

リハビリベンチ 初日

【2月1日】
ベンチプレス
10kg×5
20kg×5
30kg×5
40kg×5
50kg×5 
60kg×5 左腕の三角筋前部、左腕の上腕二頭筋、その周辺に異変
70kg×5 左腕の三角筋前部、左腕の上腕二頭筋、その周辺に異変
(全て試合フォーム 止め2秒)

rose_color2002 at 23:10|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS 

2017年01月26日

ファンタジーキッズリゾート海老名

平日、仕事を少し早めに切り上げて海老名ファンタジーキッズリゾートへ。

約三時間玲綾(れいん)を遊ばせました。

玲綾的にはディズニーランドより楽しんでました。

image2

image1

rose_color2002 at 00:34|この記事のURLComments(2)REIN 

2017年01月18日

一ヶ月前に考えてた事

中古でも良いのでベンチ台をオリンピックベンチ台に変える事を考えてました。

ベンチ台を本格的なモノにしたい、ジャパンクラシック出場を果たせた自分へのご褒美として。

0020020000832

もう一つがプロティン福袋

毎日のように検索をかけて、どこのプロティン福袋が得か?

探していました。

jpg-small

もう一つは2017年の大会エントリー。

どの大会に出場するか?

自己記録を塗り替え、公式ルールの試合挙げで180kgを差し切る事。

そんな風になれたらいいなーと、漠然と考えてました、、、まさかクリスマスの練習で異変を感じ、体が故障して行くとは夢にも思わず。

オリンピックベンチ台を入手して、プロティンをガンガン飲んで、筋肉だけで5kgくらい体重を増やして、更に強くなる自分の姿をイメージしていました(ある意味幸せな時間でした、、バカです)。

分かってはいるのですが、人生思うように行きません。

rose_color2002 at 01:32|この記事のURLComments(2)BENCH PRESS | PRIVATE

2017年01月15日

エアーベンチ

日常生活の合間に恐る恐るベンチのフォームをイメージして、一人エアーベンチをするのですが、やはり左腕の付け根から二頭、前腕と違和感を感じます。

特に左手を握りこぶしで少し力を入れたりしただけで、明らかに右腕とは違う違和感。

一応は日常生活に支障が無いのは救いですが、やはり左腕の異変を感じずにはいられません。

2月からリハビリトレで再開する予定ですが、初心者メニューで苦戦しそうな予感。

ひょっとしたら2年前にベンチ台を購入(2015/4/28)して、ボチボチ練習を再開した時以上の初心者並みのメニューでの復帰になりそうです。

プロの世界もアマの競技も、良い時と言うのは“一瞬”なんだなぁ。

rose_color2002 at 01:28|この記事のURLComments(0)BENCH PRESS 

2017年01月12日

ディズニーランド

到着してすぐいかだでトムソーヤ島へ。

まず玲綾(れいん)を歩かせながら楽しませるのが目的。

後ろ姿を見て、成長の早さを凄い感じます。

歩いてる姿が可愛くて可愛くて。
image1

知らないおじさんじゃなく知ってるオッサン(父親)の後を追ってくれてる。
image4

待ち時間は戯れて時間を潰してます。
image3

定番のイッツ・ア・スモールワールド(写真はokですがフラッシュ禁止)
image2

この日は19時閉園。イッツ・ア・スモールワールドの前で記念に。
image5

rose_color2002 at 00:07|この記事のURLComments(0)REIN | PRIVATE

2017年01月09日

アウトレット

年末年始3回程足を運びましたが、友人へのお礼の贈り物(パーカー)を購入しただけで、結局何も買わずに帰宅。

駐車場も大渋滞で凄い人で賑わってました。

“不況だ何だ言いながらみんな景気良さそうだなぁ”

と漠然と思ったり

心の中でもう一人の自分が

“でも、世の中もっと過酷な境遇で苦しんでる人たくさんいるんだよなぁ”

と思ったり。

新春セール新春セールってどんだけ新春セールだろう?と思ってラルフとディーゼル覗いて見ましたが、50%オフとか70%オフとかでも全然高くて驚きました。

ディーゼルで高校生らしき3人組が服を選んでる姿に遭遇して

“高校生お金持ちだなぁ”

って思ったり。

生活スタイル、考え方、価値観はその時々で当然の如く変化する物で、今は古着屋巡りして自分に合う服を購入する事に魅力を感じるようになった。

古着屋で3Lサイズ(もしくはxl〜xxl)の服を探すと空振りの時が多いけど、時々凄いお買い得の服(やアクセサリー)をゲット出来た時の喜び。

そっちの“お得感”に価値を見出すようになった。

世の中にはもっと過酷な境遇で苦しんでる人がたくさんいる。

rose_color2002 at 00:31|この記事のURLComments(2)PRIVATE 

2017年01月07日

また異変

1月7日。

仕事中中腰の体勢で犬舍のモップがけをしてる時、左肩〜左腕の付け根に激痛。

モップを手前に引いた時じゃなく、先に伸ばした時。

自分の体の中で明らかに異変が起きている。

筋力の低下、脱力感、異変を感じるのは左肩から左腕にかけて。

どこまで転がり落ちるかな。。

rose_color2002 at 01:40|この記事のURLComments(2)BENCH PRESS | PRIVATE

2017年01月05日

怪我と怪我をした人の気持ち

去年のクリスマス、練習中左肩と左腕に異変を感じてから、怪我について(更に強く)考えるようになりました。

(更に強く)と言うのは、元々自分は調子の良い時から常に怪我の恐怖、不安が、頭の片隅でありました。

何故なら同じ競技に出場してる選手達の多くが、怪我と戦ってる姿を身近で見て来たから。

ジャパンクラシックの舞台でも、第三試技のスタートポジションで肩をぶっ壊して「スタート」の合図前にバーを戻し棄権する選手の姿を目の当たりに見たりして、本当に怖かった。いつか自分もそうした(怪我との)戦いを経験するんだろうな。と。

ただそうした怪我の認識、イメージと言うのは、maxを挑戦してる時に高重量に潰れて、、、みたいなイメージでした。

まさか今回のような流れで、高重量で潰れた訳でも無く、筋肉や筋、関節から「バキッ、プチッ」と聞こえた訳でも無く、急に力が入らなくなって行く症状が出るとは夢にも思いませんでした。

強いて言うなら12月23日の165kg(止め3秒)の時に何かしらの怪我をした可能性がありますが、自分ではいつも通りに練習を終えたつもり。

12月25日からは目まぐるしい早さで転がり落ちて行った。

もし自分の体の中で165kg(止め3秒)が限界だったと言う事は、所詮自分は凡人だったと言う事。

その(怪我をする)時はいつか?

どのあたりで体がぶっ壊れるか?

180kg、190kgあたりの過程かな?

と何となく考えてたりはしてましたが、165kg(止め3秒)だったとなると、自分の体はそのレベルまでしか耐える力が無かったと言う事。

労りが足りなかったのは体に申し訳なく思いますが、所詮自分は超人にはなれないって事がよく分かりました。

それともう一つ

今まで色々な大会で怪我をしてる状態で出場してる選手を見てきましたが、その選手達の気持ちが、本当に人事じゃなく理解出来るようになりました。

特にジャパンクラシックのような大舞台で、怪我をした状態で出場し、本領発揮出来なかった選手達の悔しさ、無念を、改めて感じる事が出来ました。自分が怪我をして初めて分かった事。

rose_color2002 at 03:29|この記事のURLComments(3)BENCH PRESS