読後充実度 84ppm のお話

“OCNブログ人”で2014年6月まで7年間書いた記事をこちらに移行したものです。 現在は“新・読後充実度 84ppm のお話”として日々更新中です。右下の入口からのお越しをお待ちしております(当ブログも月2~3回更新中)。

2014年6月21日以前の記事中にある過去記事へのリンクはすでに死んでます。

奇妙な配置。そしてまた良いクセがつくのを願う話♪伊福部/暗黒街の顔役

  なんで、私がやーさんに。

20190312MonoAd

 伊福部昭(Ifukube,Akira 1914-2006 北海道)が書いた映画「暗黒街の顔役」(1959東宝。監督:岡本喜八)の音楽を。

 サウンド・トラック盤「東宝映画ミュージック・ファイル」。vap。

4e281fa0.jpg
 
  信じていいですか?……

Npn201903c

  おしっこはピュアなのか?

201903WC

 それとも小便器で流れないタンって、牛タンとかのことか?

熊猫熊猫熊猫熊猫熊猫熊猫→flac化すると「熊猫×6」

  熊 する
 前回、どう頭を悩ませても自称しているようには読めない Bear を紹介したが、世の中、案外とクマ好きが多いのか、注意してみると意外とクマがいるものである。

 これはメジャーな部類に入る、AIR DO の BEAR DO。コアラじゃない。

P7210282

  緑熊  
 明るくヤル気のある方を歓迎しているというこのお店は、店名にクマのクの字も、ベアのベの字も入っていないが、キャラがクマである。なんだかヤル気がなさそうににも見えるけど……

20190127TW11

  白熊
 同じくクリーニング店。クマ社会とクリーニング店は特別な協定でも結んでいるのだろうか?
 
20190126TW3

 看板が古くなっていることと、同じく外壁に年季が入っているので、ホワイトという主張がいま一つ弱い。
 でも“一点一点手仕上げの店”なのだ。
 良い仕事をしてくれそうな気がする。

  熊猫
 これは、『パンダ っ子』と『パン 抱っこ』をかけた店名。
 そんな説明要らないって?そうですね、はい。
 けど、これすら間違った解釈かもしれない可能性はある。店の人に聞いてみる勇気は、私にはない。

DSCN0916

  赤熊
 これはJRのRED BEAR である。

 「まもなく1番ホームを列車が通過します。ご注意ください」

 そのアナウンスを耳にし、近づいてくる列車を見ると、頼もしさを感じる RED BEARではないか!

 が、近づいてくると何にもけん引していない。
 機関車だけ。つまり“列”車ではない。ちょっと小ばかにされた気分。いや、がっかりした。

20190215EbetsuSta

 クープラン(Francois Couperin 1668-1733 フランス)の「酔っぱらいと猿と熊たちによってひき起こされた一座の無秩序と混乱(Desordre et deroute de toute la troupe, causes par les ivrognes, les singes et les ours)」。

 1717年刊の「クラヴサン曲集第2巻(Pieces de clavecin second livre)」(第6~12組曲)の中に収められている「第11組曲(Ordre No.11)」(全5曲)の第5曲は「昔の偉大なメネストランディーズの記録」。
 この「昔の偉大なメネストランディーズの記録」は5つの部分からなり、その最後の部分が「酔っぱらいと猿と熊たちによってひき起こされた一座の無秩序と混乱」である。

 ボーモンのチェンバロで。

 1993年録音。ワーナー。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   F.Couperin: Complete Works for Harpsichord

   こちらの抜粋盤にも収められているべぁ。
   恋の夜鳴きうぐいす~クープラン:クラヴサン名曲集

  鎖熊
 名古屋にて

2016051208370000

駐車場は何に変わるのか?クライスラー/ウィーン奇想曲

  気になります
 何台分ということ以上に……

20190126TW4

  ソーセージの盛り合わせはないと思います
 カフェですから……
20190127TW05

 ここで、クライスラー(Fritz Kreisler 1875-1962 オーストリア)の「ウィーン奇想曲(Caprice Viennois)」ロ短調Op.2でなんていかが?

Kreisler

    ウィーン奇想曲~クライスラー名曲集<期間生産限定盤>

 で、ウィーン・ケーキってどんなもんなん?

  『ヴィア』って読めって?くまったなぁ……
 BEARにベア以外の読み方があるとは……
 ヴェム、ヴェラ、ヴェロ……
20190126TW1

  あなたをイチコロにしちゃう
 フレッシュジュースもあるコロッケ屋さん?それともパン屋さん?あるいは喫茶店?

20190127TW03Ichicoro_small

  八百屋さんではありません

20190126TW2

 さて、私としては雪かきをしなければ。

休日の朝、30分の散歩で哀しい気持ちに……♪ゼンフル/悲歌

  散歩できる範囲内なのに立て続けに……
 心よりお見舞い申し上げます。

20190127TW06

20190127TW08

20190127TW10


  宗教改革に巻き込まれ?……
 ゼンフル(Ludwig Senfl 1486頃-1542/43 スイス)の「悲歌(Lamentatio)」。

 生没年を見ておわかりのように、ゼンフルはバロック時代よりも前のルネサンス期の作曲家。
 狩りに出かけていて事故に遭い片足を失ったり、ルターの友人だったことから宗教裁判所に呼び出されたりと、なかなか波乱の人生を歩んだ。

a46219a6.jpg 作曲家としては“17世紀までドイツで人気と影響力のある作曲家であった。とりわけ旋律的な才能に恵まれ、その旋律線は暖かな叙情性を帯びている”(ウィキペディア)と書かれているように、妙にヒトを引きつける作品を残している。


 これまで何度か取り上げた ↓ のアルバム「徳と悪徳-ルター時代のドイツ音楽」には、ゼンフルの生命力あふれる曲や哀愁を帯びた曲が13曲収められており、私の愛聴盤となっている(そのなかでも「山に登れ(Dort oben auf dem Berge)」は私のツボ←でもこの曲を一度もブログで取り上げていないことがいま判明した)。
 なんというか、人間の魂に訴えかけてくるような音楽。しかし、どこか憂いがある。

 音楽としてはまったく別物ではあるが、伊福部昭の音楽に共通するにおいがするのは“始原的な人間性の喚起”ってものか?

 演奏はベリエル/アンサンブル・ヴィラネッラ(過去記事ではベルガー/アンサンブル・ヴィラネラと表記していることもある)。

 1994年録音。ナクソス。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   Tugend und Untugend - German Secular Songs... / Berger

   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY

 なお、このアルバムにはゼンフルの師であるイザーク(Heinrich Isaac 1450頃-1517 フランドル)の作品も9曲収録されている。

 心がシュンとしてしまった私だが、昼に『もやしそば』で温まったのだった。

201901MoyashiRamen


街で見かけたさまざまな看板♪ラヴェル/左手のためのp協奏曲

  提灯は点滅していなかった
 先日、大阪近郊の某駅のあたりを歩いていた私に緊張感が走った。
 走行しているタクシーの屋根の『あんどん』が赤く点滅しているのを見てしまったのと同じくらいに、である(知らない人もいるかも知れないので書いておくが、タクシーの車内で何かが起きSOSのときには、『あんどん』が赤く点滅するように設備されている。バスの場合は後部にSOS時に点滅する青いランプがある)。

 だって、これだもの。

20190109Ichidaiji

 ラーメン店の中で何が起こっているのか?
 いや、なんにも起こってなかったようです。
 ネーミングの由来が知りたいものです。

  “う”ではなく“|”なんです
 創作寝具というのも聞きなれない言葉だが、“じょう”ではなく“じょー”ってのが、アメリカっぽくてすてき!

20190113d

  丼物も麺類もわかるが……
 でも、“一式”ってなんすか?

20190113e

  ありがちなミス 
 こういうの嫌いじゃないです。

20190113b

  意気込みと現実のギャップ
 ここの店主を見る限り、あまり何かを考えているように思えないんですけど……

201810San

  停電のときも平気?
  これは凝ったネーミング!(っていうか、読み方)

20190113c

  自転車、捨てますよ
 逆のケースならありそうだけど、こういうこともあるのね。

20190113a

 ブロック …    ブロック ………   ???

 じゃあ、今日はブロックが左手だけでピアノを弾いた(←作品の性格上)、ラヴェル(Maurice Ravel 1875-1937 フランス)の「左手のためのピアノ協奏曲(Concerto pour la main gauche)」ニ長調(1929-30)。

 第1次世界大戦で右手を失ったピアニストのヴィトゲンシュタインの依頼で作曲された。

 ちなみに、ヴィトゲンシュタインの依頼で作品を書いた作曲家には、ラヴェルの他に、R.シュトラウス(家庭交響曲余禄)、プロコフィエフ(ピアノ協奏曲第4番)などがいる。

 ジュリーニ/ベルリン・フィルとの協演。

 1978年ライヴ録音。TESTAMENT。

 私にとっては懐かしい思い出がこもった演奏でもある。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】

DebussyGiulini

  当然です
20190113f

胸やけ知らずの彼……♪レーガー/Mozart Variations

NamanikuSeisyoku  ちょっと待って!って、言うのが遅かったかしら?
 新年を迎え、早いものでもう12時間が経ってしまった。
 こうなってくると、読者の方々の中には、なんとなく焼き方や揚げ方が甘かった肉、口に入れた瞬間違和感をおぼえた生ものによって、胃腸の調子が悪くなっている人もいるかも知れない。

 札幌市もこのように警告している。
 注意するにこしたことはない。

 この私も、胃腸の調子は悪くないものの、胃がもたれている気がする(『ザッツ21』を買っておいてよかった。私は危機管理能力に長けていると思わざるを得ない)。
 北海道の風習・慣習・掟にしたがって、昨夜の大みそかには『すし一丁』の出前のお寿司を食べ、さらにその3時間後には今さらながらだが、細く長く生きるように年越しそばを食べたからだ。

20181231Sushi

 しかも今朝は日本の伝統に抗せず、雑煮を食べてしまった。

 胃もたれの原因は、単なる気のせいかも知れないが、もしかすると食べ過ぎのような気がする。

HinWeber  おそらく音楽史上最大の大食い
 大食漢ということに敬意を表し、今日はレーガー(Max Reger 1873-1916 ドイツ)の、代表作とされる「モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ(Variationen und Fuge uber ein Thema von Mozart)」Op.132(1914)。

 主題はモーツァルトのピアノ・ソナタ第11番イ長調K.331(K6.300i)の第1楽章(ついでに言っておくが、この曲の第3楽章は有名な「トルコ行進曲」)。

 レーガーのこの管弦楽曲は、主題と8つの変奏、そしてフーガの10曲からなる。

 曲はそういうことではあるが、ここに書いたように、レーガーの食べっぷりはケダモノもかなわないほどのもの。
 なわけで、極度の肥満。43歳の若さで心臓発作で亡くなった(年齢的にはモーツァルトより長生きしたわけだけど)。

DSCN0416 C.デイヴィス/バイエルン放送交響楽団の演奏を。

 1989年録音。フィリップス(現行盤は“TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION”)。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】

 お節料理に欠かせないものの1つに蒲鉾がある。

 でも、ここにはどう考えても売っていないだろう。

  さ~てと、それはそうと、そろそろ今年最初のお昼ご飯を食べることとするか……

 『ブログ村』の直接トラックバック機能の一時停止により、当面の間『トラコミュ』のトラックバックを休止します(せざるを得ない)。

来年は亥年。でも部屋で私を迎えるのは馬♪ビゼー/子供の遊び

20181117Cuctus

  本年の打ちぃ~止めぇ~っ!
 12月も後半に突入!

 ということは、毎月1日と16日に更新しているこの本館というか旧館のブログも、年内の記事はこれが最後、休館となる(1月1日に次回更新できる希望はもてないでいる)。

 と書くと、「えーっ、さびしい!」なんて思う人が多数いるわけもなく(少数すら存在しない)、「そっか、じゃあ明日以降、年内は『アップされたかな?』ってお義理で覗きにこなくてもいいんだぁ」と、適切かつ非情な判断をする人が大多数、いや、人類全員(マイナス1。1はワタシ)ってもんだ。
 だったら、わざわざ自分をみじめな状況に追い込むような告白をしなきゃいいってもんだが、黙ってられない柳沢慎吾のような性分なので(勝手なイメージ)、正直に書いてしまったということだ。
 で、次の質問どうぞ。

  今年わが部屋に加わったモノ:オーディオ
 今年も、相変わらずお金は出ていくばかりなりけりの年だった。

 大阪に引っ越してきたのは今年の2月のことだ。
 そのときに、長年愛用してきたスピーカー(インフィニティのKAPPA80)のエッジがボロボロになっていることが発覚してしまった。
 悔しかった。こんなにボロボロになっているのに音の変化に気づかなかった自分が。

P2040113

 予算の関係で(事情の65%)、そしてもう大きなスピーカーは手に余るってことで(事情の35%)、入れ替えるスピーカーは小さいブックシェルフ型にすることにした。
 そのすこし後に、事前にじゅうぶん予想できたとおり、低音の不足を感じたため、サブウーファーも1台入れた。

 マンションということもあり、サブウーファーのOUTPUTレベルは抑えめにしているが、そのこともあってか、いまだにこの(安価な)サブウーファーの効果がどの程度あるものなのか、あるいはもしかすると、ここから出ている低音は『百害あって一利なし』なのか、判然としていない。

20180506speaker2

 ただ、最初はちょっと大きな音になると苦しそうに鳴っていたそのB&Wのスピーカーも、いまになって、鳴り方に余裕が出てきたというか、のびやかさやつややかさが良くなってきた。

 これがエージング効果っていうものなんだろうが、エージングも20年も経つとKAPPAのように老朽化→崩壊という結果を迎えるわけだで、スピーカーのピークのときっていつ頃なんだろなと、突然無駄に考え込んでしまう私。

 また、相も変わらずちんたらちんたらとCDをリッピングしてハードディスクと無線LANディスク(NAS)に取り込んでいたが(現在も道半ば、というかまだようやく狩勝峠3合目付近)、NASからそのまま無線で音楽を再生できるネットワーク・オーディオ・プレーヤーがあることを知ってしまい、これも導入。
 たいへん便利になった。便利には対価が必要なのはもちろんである。対価のせいで家計は大火だ。

 このネットワーク・オーディオ・プレーヤーではインターネットラジオも聴ける。
 インターネットラジオについては、その言葉しか知らなかったが、う~ん部屋の中がワールドワイド!

 大阪の地で、e-niwa(いーにわ。恵庭)やFM-Otaru、Apple(札幌)など北海道のコミュニティFM放送が聴けることは、けっこう精神的に癒される(←全然ワールドしてない!)。

FM_eniwa

  今年わが部屋に加わったモノ:サボちゃん
 ほかにも、今年ここの単身赴任宅に仲間入りしたものがある。
 サボテン・トリオだ。

 私が住むマンションと駅の間は徒歩で(わき目もふらなければ)12分ほどの距離だが、途中に小さな園芸店がある。あるとき、店の窓からなかにサボテンが置いてあるのを発見した。

 園芸店だからそのこと自体は珍しくもなんともないが、中に入って目を凝らして見ると値段が安かったのだった。
 写真の、大きい鉢の方で600円ほど、小さいのは400円ほどだ。これこそが本当の『お値段以上』ってもんだ。

 マチナカの、テナント料も高いに違いないこじゃれた園芸店とかインテリア雑貨の店なら、軽く1,000円は超えるだろう。鉢がちょっとアンティークなデザインのものなんかになったあかつきには3,000円ぐらいに跳ね上がるに違いない。

 私はその園芸店で最初に1つ買ったのだが(柱サボテン)、そのうちもう1つ(中央の玉サボテン)、またまたもう1つ(小さい鉢の玉サボテン)買い足してしまい、いまでは3つになってしまった。

 不満なのは、それぞれの品種名がわからないことだ。そもそも明記されていない。
 そんなことを知りたがる人は、そんなにいないのだろう。

 3鉢にもなってしまったが、でも、3という数は2対1に仲間割れしそうなので、あと1鉢迎え入れた方が良いのではないかと思っている。

 その園芸店とマンションの間にある駐車場の看板。

DSCN0405

 まあ、当たり前のことを書いているのだが、妙に犬に対して厳しい。
 子供の遊び場にしてはいけないが、犬は絶対に入れてはならぬのである。

 地主はよっぽど犬に恨みがあると思われる。“絶対”という語句が使われているのは犬に対してだけなのだ。
 前を通るたびに、いったいどんな目に遭ったのかいろんなことを想像してしまう。まっ、結局のところ脱糞されちまったってことなんだろうけど。

IbertMartinon ビゼー(George Bizet 1838-75 フランス)の小組曲「子供の遊び(Juex d'enfants)」(1873)。

 1871年に作曲された、12曲からなるピアノ連弾のための「子供の遊び」から5曲を管弦楽編曲し『小組曲』としたもので、その5曲は、

 1. 行進曲(ラッパと太鼓):原曲第6曲
 2. 子守歌(お人形):原曲第3曲
 3. 即興曲(こま):原曲第2曲
 4. 二重奏(小さな旦那様、小さな奥様):原曲第11曲
 5. ギャロップ(舞踏会):原曲第12曲

である。

 マルティノン/パリ音楽院管弦楽団の演奏を。

 1960年録音。デッカ。

 なお、このCDに収められている曲のうち、特にイベールの「ディヴェルティメント」とサン=サーンスの「死の舞踏」はすばらしい演奏である。

   このCD(同一音源)の詳しい情報 【タワレコ】
   フランス音楽コンサート / ジャン・マルティノン, パリ音楽院管弦楽団

  今年わが部屋に加わったモノ:医師石たち
 妻がパワーストーン(ストーンブレスレット)を買ったのをきっかけに、私の岩石熱が再燃したのも今年のことだ。

 最近は、「ストーンショップってそうとう利益が出る値段設定をしてるんだろうな」と思い(実際、なかなかな値付けをしている)、ラフストーンを買うとしたら東急ハンズに東京サイエンスが期間限定出展するときだけにしようと心がけている。

 そう心がける前に全国展開している某ストーン・ショップで「お買い得です」って言われて買った、クンツァイトとトルマリン(なめかけのドロップではありません)。

 どちらも1,000円。

 クンツァイト(Kunzite)はリシア輝石(スポデューメン)のうち、ピンク色を呈するもの。
 トルマリン(Tourmali)は電気石のことである。

 とっても小さいんだけど、本当にお買い得だったのだろうか?
 いえ、自分が欲しいと思ったから買ったんだけど。

クンツァイト20180604

トルマリン20180604

 そうそう、石といえば、蛸島課長が先月末、尿管の結石でもんどりうったそうだ(まだ管内滞留中)。
 お気の毒に……

 さて、大阪のマンションの部屋も北海道気分を味わえるようにした。
 『どさんこくん』も部屋にやってきたのだ。1年間よろしくね。

20181201STVcalender

人生に夢はあるか?,または夢だった人生♪ディーリアス/人生のミサ

  札幌は東区の某所(1)
 ずっと閉められたままなのか、たまたまこのときは閉まっていたのかわからないが、そのシャッターに豪華2色刷りで書かれていた文字。

20181102a


 う~ん、なんだかすてきだ。私とはあまり縁がありそうにないが。

 ただ、明朝体赤色で書かれた“夢”と、ゴシック体青色で書かれた“ある人生”。これらは明確に分断されているのか否か?それによってニュアンスは大きく変わる。

 “夢ある人生”なら、そのものズバリ、夢のある人生ってことになるだろう。

 だが“夢 ある人生”となると、ちょっとビミョーだ。その人生は夢だった、あるいはかなえられない夢のような人生っていうニュアンスがちらちらと顔をのぞかすからだ。

 作者の方、どっちですかね?

 ディーリアス(Frederick Delius 1862-1934 イギリス)の「人生のミサ(Eine Messe des Lebens/A Mass of Life)」(1904-05)。

 2部11曲からなる。

 指揮者のF.カシーラーが、ニーチェの「ツァラトゥストラはこう語った」からテキストを抜粋。それが歌詞として用いられている(ドイツ語)。


 ヒル/ボーンマス交響楽団、バッハ・コア他の演奏を。

 2011年録音。ナクソス。

0fcd0a36.jpg


   このCDの詳しい情報 【タワレコ】※12/2 23:59までポイント10倍キャンペーン開催中!
   Delius: A Mass of Life, Prelude; Idyll


   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY

  札幌は東区の某所(2)
 って、イオンモール東苗穂って書いてあるんだけど、これ本当に気をつけてほしい。

20181102AEON

 だいぶ前の話だが、ヨーカドーの月寒店で隣に停まっていた紫色のパルサーかなんかのドアをかなり強めにあてられたことがある。ちょうど、まさに私が車-当時は白いレガシーワゴン-に戻ってきたときのことだ。

 風ではなく、その車のドライバーが思いっきりドアを開けたのが原因。

 私が車に駆け寄ると、そいつ、猛スピードで発進、逃走した。
 あのときほど、こいつどっかに衝突してバチが当たればいいと思ったことはない。
 紫色の線どころか、少しばかりへこんでしまって、そりゃあもう腹がたったものだ。

 駐車台数のキャパを上げるために、スペース(幅)を狭くしている店にも若干の問題はあるが、でも気をつけない奴がもっと悪い。

  札幌は東区の某所(3)
 って、2人なのに1串かい……

20181102Moegiya

 団子屋の娘っこも、茶ぐらいサービスで2つ持っておいでよ。

ごめんなさい!

 今日は月に2回の更新日。

 しかし、このところいろんなことがあって、そしてもっとも大きな理由は今日が更新する日だって忘れていたりなんかして……こんないけない私を許して……
 
20180401c

退役キロハ182、終わった若さ、色あせた人魚人形♪GM/葬列

Strauss,R.SprachBoulez  『よし乃』の麺はちょっぴり粉っぽいのが特徴
 JR苗穂駅(苗穂工場)に、キロハ182の車両が何両も連結され留置されていたことをここで報告した

 こんな光景はまず目にできるものではない。壮観極まりないもののはずだ。
 だが、そうではなかった。物悲しい雰囲気に包まれていた。
 だって(きっと)順番に解体されていくんだろうから……

  マーラー(Gustav Mahler 1860-1911 オーストリア)の交響詩「葬送(Totenfeier)」(1888)。

 そんな曲あるのかって?
 あるから書いてるんじゃないか!って、前も同じようなことを書いてしまっているが、なんてことはない、この曲は交響曲第2番ハ短調「復活」(1888-94/改訂1903)の第1楽章の初期稿なのだ。

 だから、もちろんちょこちょこ違うところがあるが、「復活」の第1楽章とだいたい同じってことになる。

 ブーレーズ/シカゴ交響楽団の演奏で。

 1996年録音。グラモフォン(TOWER RECORDS PREMIUM CLASSICS)。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   R.シュトラウス: 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」/マーラー: 葬礼<タワーレコード限定>

 苗穂駅の近くに、これまた物悲しい雰囲気を発散しているラーメン屋が……

DSCN0381

 若さが感じられない建物だ。
 それより、『かとうラーメンチェーン』って聞いたことがないぞ……

 調べてみると、『加藤ラーメン』というのは旭川にある製麺会社。たしかにこの店も『元祖旭川』って書いてある。『加藤ラーメン』を使っているラーメン屋を『かとうラーメンチェーン』とひとまとめにしているんだろうか?

 まっ、どっちにしろ、もう営業してないオーラ強烈発散中。
 旭川ラーメンの『よし乃』はここの麺を……おぉっ!ちゃんとのれんにかいてあるではないか!(APIAにもあります)。

 この建物、きっとむかしはこぎれいでかわいらしかったんだろうな。となりの『みちこ』もすっかり年老いてって感じだ。

  問:真ん中に入る文字は『前』か『中』か『後』か選択せよ
 ところかわって大阪の地。

 ここにも物悲しさを感じさせる店が。

DSCN0407

 いや、この店そのものが物悲しい雰囲気を醸し出しているとは言わない。

 しかし、ショーウィンドウに置かれてある『これ』は物悲しいさを超えて憐れだ。

DSCN0406

 これを贈答にお使いになる方がいらっしゃるのだろうか?
 記念品にはなりそうだけど(なんの?)。

  ♪死んだはずだよお富さん~(←縁起でもないっ!)
 さらに気持ちを重くする貼り紙が。

DSCN0419

 店主がどんな人か、まったく知らないけど、どうか1日も早い回復をお祈り申し上げます。

 昼間の飲食店ビルの看板も物悲しいですよね(@名古屋)。
 
P7290353

意味はないが励みになるかも





最新とは言い難いコメント
お暇ならメッセージでも

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧館にようこそ!
お探し物はこちらから
お空のご機嫌
月別アーカイブ
今の私の微妙な立ち位置
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ささやかなお願い
 当ブログの記事へのリンクはフリーです。 なお、当ブログの記事の一部を別のブログで引用する場合には出典元を記していただくようお願いいたします。 また、MUUSANの許可なく記事内のコンテンツ(写真・本文)を転載・複製することはかたくお断り申し上げます。

 © 2007 「読後充実度 84ppm のお話」
  • ライブドアブログ