読後充実度 84ppm のお話

“OCNブログ人”で2014年6月まで7年間書いた記事をこちらに移行したものです。 現在は“新・読後充実度 84ppm のお話”としてちょくちょく更新しています。右下の入口からのお越しをお待ちしております(当ブログもたまに更新しています)。

2014年6月21日以前の記事中にある過去記事へのリンクはすでに死んでます。

January 2016

おぉ、運命の女神よ!ハイな声を与えたまえ♪ぶっとびカルミナ・ブラーナ

20160104Posful - コピー  いまやもっと美味しい商品がたくさんあるわけで
 北海道における即席ラーメン(モダンな呼称だとインスタントラーメンとなる)で昔からの定番といえばマルちゃんのダブルラーメンであろう。

 歴史の中であまりに長きにわたって定番だったせいで、いまでは時代遅れな感じは否めず定番という言葉はほとんどふさわしくないほどだ。定着?それとも違うな……
 現在、ダブルラーメンはいまどのくらい売れているのだろう。

 何年か前に久しぶりに買って食べてみた。
 懐かしかったがまずかった。なんというか、幼少期の貧乏な食生活の記憶がよみがえったのだ。


  ハイラー麺? 
 正月明けにイオンに行くと、インスタントラーメン祭りみたいなものをやっていた。

 そこで私が初めて目にしたのは、マルちゃんのハイラーメンというものだった。

 パーコー麺とかマーボー麺と同じように、ハイラーな麺なのかと思ったら、ハイ・ラーメンのようだ。食べるとハイな気分になるのかもしれない。

 このラーメン、なつかしの味と書いてあるということはダブルラーメンのようにロングセラーなのだろう。北海道ではふだん売っていないのかもしれない。


 買ってみたかったが、やめた。
 妻は良い顔をしないだろうし、味は実はダブルラーメンと同じというオチがありそうな気もしたからだ。

 でも気になる。


OrffCarminaRobev1  首を絞められたのか?
 ハイな声が出ずに、聴くたびに(と言ってもほとんど聴かないけど)気の毒になると同時にやれやれと思うのが、バレヴァが歌う「私のいとしい人」。

 オルフ(Carl Orff 1895-1982 ドイツ)の「カルミナ・ブラーナ(Carmina Burana)」(1936)の第23曲である。


 この曲の第1曲は「おお、運命の女神よ」だが、この段階でソプラノ歌手の運命を予期しているかのようだ。
 また第2曲は「運命の女神の痛手を」だが、まったくもってこの女性歌手、ひっでえ痛手を被ったものだ。

 この演奏者たち、つまりオケも合唱も独唱もみんな自己陶酔しているへたくそ軍団って感じなのだが、特にソプラノは最初から最後まで一貫してX軸の下にプロットされる。
 そしてついぞ「私のいとしい人」では、お尻の穴からなかなか卵が出てくれないめんどりのように苦しみの声を上げ、途切れるのだ。

 とにかく味があるというかヘンテコなテイストの演奏だが、聴くとある意味楽しめる。

 ロベフ指揮ソフィア・フィルほかの演奏。
 詳しくは
こちらの記事を!


 1986年ライヴ録音。FORLANE。


  ダブルは北海道、ハイは静岡の限定
 ……東洋水産のホームページで調べてみると、ハイラーメンは1962年発売で静岡県限定で販売している商品だった。

 やっぱり買ってみればよかった。
 食べたら気分がハイになったかも(ならなかったかも)。

 さらにダブルラーメンは1964年発売で、北海道限定なんだと。
 消えてしまわないよう買い支えなきゃ……


 もう一度書く。
 ダブルラーメンはいまどのくらい売れているのだろう。

   blogramのブログランキング

謹賀申年

  ここに猿がいるのにはワケがある
 マーラー・ファンならご存じだと思うが、猿が出てくる。


 いや、ごめん。端折ってしまった。


 マーラー(Gustav Mahler 1860-1911 オーストリア)の「大地の歌(Das Lied von der Erde)」(1908-09)の第1楽章「大地の哀愁に寄せる酒の歌(Das Trinklied vom Jammer der Erde)」に出てくるのである。猿が(原詩は李白による)。


 酒を飲んでいると月明かりに照らされた墓の上に不気味な物体が!
 それは1匹の猿だったのである。
 そして猿が絶叫するのを聞けとなぜか命ぜられるのである。


 でも、こちらの猿の場合、叫ぶなら「寒いよぉ~!」に違いない。

20151224b


 まあ、聴け!「大地の歌」を。

 今日のところはラトル指揮バーミンガム市交響楽団の演奏を(だって、ラトルさんったらレコ芸の1月号の表紙を飾っていたから)。独唱はザイフェルトのテノールとハンプソンのバスというメンズタッグ。

 1995年録音。EMI。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   Mahler:Complete Symphonies:No.1-10/Das Lied von der Erde/Lieder :Simon Rattle(cond)/City of Birmingham Symphony Orchestra/Berlin Philharmonic Orchestra/etc<限定盤>

  そのワケとは
 なんでも駐車場になっているこの場所はかつては映画館があり、そこには猿小屋なんかも置かれていたという。
 この像はその名残なんだそうだ。
 

201601RecoGei

MahlerErdeRattle

 
   blogramのブログランキング

 本年もよろしくお願い申し上げます。

意味はないが励みになるかも





最新とは言い難いコメント
お暇ならメッセージでも

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧館にようこそ!
お探し物はこちらから
お空のご機嫌
月別アーカイブ
今の私の微妙な立ち位置
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ささやかなお願い
 当ブログの記事へのリンクはフリーです。 なお、当ブログの記事の一部を別のブログで引用する場合には出典元を記していただくようお願いいたします。 また、MUUSANの許可なく記事内のコンテンツ(写真・本文)を転載・複製することはかたくお断り申し上げます。

 © 2007 「読後充実度 84ppm のお話」
  • ライブドアブログ