読後充実度 84ppm のお話

“OCNブログ人”で2014年6月まで7年間書いた記事をこちらに移行したものです。 現在は“新・読後充実度 84ppm のお話”としてちょくちょく更新しています。右下の入口からのお越しをお待ちしております(当ブログもたまに更新しています)。

2014年6月21日以前の記事中にある過去記事へのリンクはすでに死んでます。

February 2017

食べられることを察知できない世間知らずな奴ら♪ストラヴィンスキー/春の祭典

  見せたいのは人形の方?
 こちらの飲食店というのはショーウィンドウでサンプルをお見せするのが好きなようだ。

 いや、名古屋が特にそうだというわけじゃないのかもしれない。ただ、その色あせたサンプルがたまたま私の感性をくすぐるのかもしれない。これあれに続いて、今日は韓国料理店のもの。

P2010051

  カマクラかっ?それともナラかっ?
 それとは別に、なんだかすごい名前の居酒屋を見かけた。

 “おおぼとけ”なら何となく救われる気にもなるが、“だいぶつ”である。
 そう書いてあるのだから間違いない。

 名前の由来がひじょうに気になる。
 店主の見た目のニックネームからだったら、、、イヤだ。

P2010049

  カワ一筋?
 こちらは焼き鳥屋だが、鶏皮専門店というわけではない。

201701Torikokoro1

 たまたまビルの1階で革製品の店と、焼き鳥屋が間口を並べていて、看板が並んでいるわけだ。

 焼き鳥だけじゃなく、ジビエも食べさせてくれるようだ。
 イラストの色使いがなんだかいい感じ。絵そのものもさりげなく上手い。
 ぼぅっとした鹿に、ひどく肉づきのいい猪だ。
 青首尾長鴨っていうのは食べたことがない。セドリ鴨ってのも知らない。美味いのだろうか?
 けど、個人的には鳥は鶏がいいし、四足の動物なら豚か牛で満足だ。

 のどかな顔をしたイラストゆえに、生贄になるのがちょっと気の毒に思えてくる。

201701Torikokoro2

 ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky 1882-1971 ロシア→アメリカ)のバレエ「春の祭典(Le sacre du printemps)」(1911-13/改訂'46)。

Rite mehta 「火の鳥」の作曲中に着想したこのバレエは、「私は、選ばれて生贄になる処女が踊り狂って死ぬという、異教徒の祭典の場景を夢見た」ことで、作られた。
 すてきな夢ですね。

 フロイトは“夢は願望充足である”と唱えてますけど、私は充足されたことがありません。起きたときに何をみたのか忘れてしまうのも一因ですけど……

 今日は久しぶりに(って、極めて個人的な話だが)メータ/ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏で。

 若き日のメータの実にエネルギッシュで、同時に丁寧な仕上がりの名演だ。

 1977年録音。オデッセイ(CBS)。

 写真掲載の私の所有盤は廃盤。
 現在はソニークラシカルからの国内盤で聴くことができる。

   このCD(同一音源)の詳しい情報 【タワレコ】
   ストラヴィンスキー:春の祭典&ペトルーシュカ

  タコ8が好きなの?
 ボーとしていたら、いや、ボーとしていなくてもタコ焼き屋だと思いこんじゃうに違いない。

 青のりたっぷりかけてね、なんて言ったら叱られそうだ。

20170129Takohachi

 でも、どうして?“串八”とか“かつ八”にしてくれなかったの?
 そもそもタコもそうだけど、八にこだわるのはなぜ?

 ねえねえ、おやじさん、もしかして、ショスタコーヴィチの8番が大好きだとか?
 それって交響曲?それとも弦楽四重奏曲の方?

 僕ちゃんたち、気が合うかもよ。

   blogramのブログランキング 音楽ブログランキング

その穴に入れるのも出すのもとんでもないことだ♪シューマン/謝肉祭

  治療方針について、
 今日はお話があります。室長から……

P8060287


  椅子じゃね?

201701MizunoTansu

  色彩だけじゃなく……
 ご心配せずお店の中へどうぞ。実際には新鮮なネタと銀シャリですので。

 ガラスの器?

 寿司と丼だけだと寂しいかと思って置いてみたんです。
 でもいいでしょ?この人工芝。
 
P1140009

 (伊勢のあの店よりは比較にならないくらい清潔なディスプレイだと好感をもった私。今度食べに入ってみたい)

  高校生バイト、
 がやるわけじゃないです。ちゃんと匠の技をもった専門家が施します。
 
PB040393

  僧侶が
 どこかの大学の名誉教授とか?

PB040392

  違う、違うっ!
 もっと向うって意味ですって。がまんして150m先まで行ってください。この穴の中にしてはいけません!ここは駅員の聖域ですから。

20161014Station

  4つの音符は関係ないけど……
 シューマン(Robert Schumann 1810-56 ドイツ)の「謝肉祭『4つの音符による面白い情景』(Carnaval 'Scenes mignonnes sur quatre notes')」Op.9(1833-35)
 
SchumannBiretBox 次の20曲からなるピアノ曲である。

  1. 前口上
  2. ピエロ
  3. アルルカン(道化役者)
  4. 高貴なワルツ
  5. オイゼビウス
  6. フロレスタン
  7. 浮気女
  8. 返事
   (スフィンクス)
  9. 蝶々
 10. A.S.C.H-S.C.H.A -踊る文字
 11. キアリーナ
 12. ショパン
 13. エストレッタ
 14. 再会
 15. パンタロンとコロンビーヌ
 16. ドイツ風ワルツ(間奏曲「パガニーニ」を含む)
 17. 告白
 18. プロムナード
 19. 休息
 20. ペリシテ人と戦うダーヴィト同盟の行進

 井上和男編「クラシック音楽作品名辞典」(三省堂)には、“第8曲のあとの「スフィンクス」は曲ではなく、変ホ、ハ、ロ、イ(Es.C.H.A)と変イ、ハ、ロ(As.C.H)、イ、変ホ、ハ、ロ(A.Es.C.H)の3つの音譜の配列が謎めいて書かれおり、この作品全体の骨格をなすASCHのモティーフとシューマンの名に含まれる音名を結び合わせた一種の〈遊び〉”と書かれている。

 この曲にはシューマンの失恋の思いが込められているという。
 骨格をなすモティーフ音型A-S-C-Hは、思いを寄せたエルネスティーネの故郷の町アッシュを表わす。
 ライプツィヒでシューマンと娘が知り合ったのを知ったエルネスティーネの父親が、彼女をアッシュに連れ戻したのであった。

 ビレットのピアノで。

 写真掲載のボックスセットは入手が難しくなっているが、分売盤はタワレコでまだ購入できる。

 2013年録音。IBA(ナクソス)。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   Schumann: Papillons Op.2, Carnaval Op.9, Arabeske Op.18, Waldszenen Op.82

   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY

   blogramのブログランキング 音楽ブログランキング

意味はないが励みになるかも





最新とは言い難いコメント
お暇ならメッセージでも

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧館にようこそ!
お探し物はこちらから
お空のご機嫌
月別アーカイブ
今の私の微妙な立ち位置
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ささやかなお願い
 当ブログの記事へのリンクはフリーです。 なお、当ブログの記事の一部を別のブログで引用する場合には出典元を記していただくようお願いいたします。 また、MUUSANの許可なく記事内のコンテンツ(写真・本文)を転載・複製することはかたくお断り申し上げます。

 © 2007 「読後充実度 84ppm のお話」
  • ライブドアブログ