読後充実度 84ppm のお話

“OCNブログ人”で2014年6月まで7年間書いた記事をこちらに移行したものです。 現在は“新・読後充実度 84ppm のお話”としてちょくちょく更新しています。右下の入口からのお越しをお待ちしております(当ブログもたまに更新しています)。

2014年6月21日以前の記事中にある過去記事へのリンクはすでに死んでます。

July 2017

怖いマネキンや車と、怖さの基準が曖昧な指摘♪アンダーソン/タイプライター

201703Biyoushitsu  怖さイロイロ?
 中川右介の「怖いクラシック」(NHK出版新書)を読んだ。電子書籍版である。

 なんだか書名からして、真面目なんだかギャグをかましてくれるのか中途半端な印象を持ったが-こういうタイトルの本を書くなら鈴木淳史氏が適任であるように思う-、読んだあとは、なんだかまとまりが希薄で雑多な感じがして、これまで読んだ何冊かの中川氏の本に比べると、内容が中途半端で強引な感じがした。


 この本は、


 クラシック音楽は、日本ではいつからか「癒しの音楽」と喧伝されるようになった。だが、本質はその対極にある。死、神、孤独、戦争、国家権力――。こうした「恐怖」こそが、偉大な音楽家たちを駆り立ててきたのだ。モーツァルトからショスタコーヴィチまで、「恐怖」をキーワードに辿る、異色の西洋音楽史。

ということなのだが、「恐怖」をキーワードに辿るといったって、たとえばベートーヴェンの第5交響曲と第6交響曲についてはこうだ。


 この(引用者注:交響曲第6番「田園」のこと)なかで「怖い音楽」は、第4楽章の〈雷雨、嵐〉である。「地震・雷・火事・親父」の二番目だ。しかし第4楽章以外は、穏やかで楽しく、まさに牧歌的な音楽だ。だから、《田園交響曲》全体は「怖い音楽」ではない。
 むしろ、同じ日に初演された、「運命」と言う俗称で呼ばれることの多い第5番のほうが、怖いと言えば、怖い。幼児に何の予備知識も与えずにいきなり聴かせたら、冒頭のダダダダーンというところで、感受性の強い子だったら泣き出すかもしれない。少なくともびっくりはするだろう。


 だったら、うとうとしているご婦人たちを驚かせようと仕組んだハイドンの交響曲第94番「驚愕」も怖い音楽とみなさないと、差別になる。
 感受性の強いご婦人だったら悲鳴を上げるかもしれないくらいの曲だからだ。


 8つの章からなっていて、各章はモーツァルト、ベートーヴェン、ベルリオーズ、ショパン、ヴェルディ、ラフマニノフとマーラー、ヴォーン=ウィリアムズ、ショスタコーヴィチを中心に書かれている。

 では、ショスタコーヴィチの交響曲第4番について。


 たしかに第4番は、演奏の技術面において難しい曲だった。狂っているとしか思えない、混沌とした音楽だ。曲想が次々と変化していく。落ち着かない。具体的な標題はないが、ひとを不安に陥れ、混乱させる。心理的に「怖い音楽」だ。


 同じくショスタコーヴィチの、交響曲第10番

 第10番は標題音楽ではない。暗い。最初から最後まで徹頭徹尾、陰鬱だ。絶望の音楽であり、もちろん「怖い音楽」だ。究極の「怖い音楽」である。

 究極って、あなたのその決めつけが怖いの……

 要するにいろんな種類の怖さが-それって怖さなのかなぁっていうのもある-ごちゃまぜになっていて、何が当たるかわからないとっても怖い闇鍋状態。

 闇鍋といえば、私はアニメ「巨人の星」の一場面を思い出す。
 野球部員たちが闇鍋を作って食べるのだが、伴宙太か誰かが鍋に箸を突っ込んで取り上げたのが下駄だったのだ。
 それからというもの、私は闇鍋というのは非食料品を煮込む料理だとばかり思っていた。

 全体的に、話のまとめ上げ方がNHK的である。関係ないかもしれないけど。

 ついでにラフマニノフのピアノ協奏曲第2番

 このピアノ協奏曲第2番も「怖い音楽」だ。冒頭は弔いの鐘のような重厚なピアノの響きの連打で始まる。


 つまり、冒頭が弔いの鐘のようだから怖いんですね?


 しつこくチャイコフスキーの交響曲第1番


 ……第1楽章に「冬の日の幻想」という標題が付けられているので、そう呼ばれているが、交響曲全体の標題ではない。第2楽章には「陰気な土地、霧の土地」という標題があり、その題の通り、陰鬱な楽章だ。「怖い音楽」に入れていいだろう。第3、第4楽章には標題はない。


 いいんですか?本当に入れてしまって。

 とにかく、恐怖の味噌汁かと思いきや、今日麩の味噌汁って感じなのだ。
 あるいは、登別伊達時代村のろくろ首人形みたいだ。

 じゃあ、怖くない音楽を。

65f4885a.jpg アンダーソン(Leroy Anderson 1908-75 アメリカ)の「タイプライター(The Typewriter)」(1950)。

 いや、これだって考えようによっては怖い音楽と言っていいだろう。アームが紙を打つ瞬間指を挟んだときのことを思えば。
 それよりなにより、いまの若い人たちはタイプライター自体を知らないだろう。それまた怖い。

 フェネル/イーストマン=ロチェスター・ポップス管弦楽団の演奏を。

 1958年録音。マーキュリー。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   ルロイ・アンダーソン名曲集

  こっちは本当に怖いぞ
 怖いといえば、松居一代、泰葉、豊田真由子。

 3人ともその精神構造がわからない不気味さと暴力性を兼ね備えている。

 松居一代のスッピン投稿動画では食欲をなくしたし、豊田真由子におかれましては独裁首相に罵声を浴びせてほしいと思ったし、泰葉については病院に行った方がいいんじゃないかと感じた。

 名古屋で見かけた看板。
 この車、子どもの飛び出しに驚いているんじゃなく、危ない顔つきでひこうとしているようにしか見えない。

PB050394

 その点、下の陸別でみかけた、驚きの表情のトラックとは違って怖い。
 が、陸別の方のは、あえて物置の中の看板たちを外に見せようとしている持ち主がある意味怖い。

P5210140

 要するに、何でも見よう言いようによっては怖いものになるってわけ(あの3人の女性は正真正銘筋金入りのように思えるが)。

   blogramのブログランキング 音楽ブログランキング

藍ちゃん、引退に至る……♪ムソルグスキー/死の歌と踊り

  はがすのもご苦労なこって
 とあるビルで、こんなふうにいたずらされているのを見かけた。

 あるいはこれは悪意あるいたずらではなく、彼女の引退を惜しむ気持ちが強すぎるあまりやってしまったのかもしれない。

P5080088

 宮里藍?
 いえ、官里ですけど……それに、こういう状態になっていたのは去年からですし……

 管理人室なのにこれじゃ、管理人の意味がないな。実際、いなかったし。

  ビリュ?
 一方で、北海道ではこんなミスだが狙ってんだかわからない看板が。

P6200295

 この間違いのすごいところは、英語としてもローマ字としても、どっちにしろ正しくないところだ。

67b44ce1.jpg  一貫したテーマは“死”
 ムソルグスキー(Modest Petrovich Mussorgsky 1839-81 ロシア)の歌曲集「死の歌と踊り(Songs and Dances of Death)」。

 第1曲「子守歌」/第2曲「セレナード」/第3曲「トレパーク」(以上1875)/第4曲「司令」(1877)の4曲からなる。

 詞はムソルグスキーの遠縁にあたるA.ゴレニシチェフ=クトゥゾフ伯爵で、当時の農民の苦しい生活を表現している。

 ピアノ伴奏による歌だが、ここではショスタコーヴィチが1962年に管弦楽編曲した版を紹介しておく。

 アレクサーシキンのバス独唱、ショルティ指揮シカゴ交響楽団による演奏。

 1997年録音。デッカ(TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION Vol.10)。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   ショスタコーヴィチ: 交響曲集<タワーレコード限定>
 
   blogramのブログランキング 音楽ブログランキング

意味はないが励みになるかも





最新とは言い難いコメント
お暇ならメッセージでも

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧館にようこそ!
お探し物はこちらから
お空のご機嫌
月別アーカイブ
今の私の微妙な立ち位置
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ささやかなお願い
 当ブログの記事へのリンクはフリーです。 なお、当ブログの記事の一部を別のブログで引用する場合には出典元を記していただくようお願いいたします。 また、MUUSANの許可なく記事内のコンテンツ(写真・本文)を転載・複製することはかたくお断り申し上げます。

 © 2007 「読後充実度 84ppm のお話」
  • ライブドアブログ