読後充実度 84ppm のお話

“OCNブログ人”で2014年6月まで7年間書いた記事をこちらに移行したものです。 現在は“新・読後充実度 84ppm のお話”としてちょくちょく更新しています。右下の入口からのお越しをお待ちしております(当ブログもたまに更新しています)。

2014年6月21日以前の記事中にある過去記事へのリンクはすでに死んでます。

February 2019

駐車場は何に変わるのか?クライスラー/ウィーン奇想曲

  気になります
 何台分ということ以上に……

20190126TW4

  ソーセージの盛り合わせはないと思います
 カフェですから……
20190127TW05

 ここで、クライスラー(Fritz Kreisler 1875-1962 オーストリア)の「ウィーン奇想曲(Caprice Viennois)」ロ短調Op.2でなんていかが?

Kreisler

    ウィーン奇想曲~クライスラー名曲集<期間生産限定盤>

 で、ウィーン・ケーキってどんなもんなん?

  『ヴィア』って読めって?くまったなぁ……
 BEARにベア以外の読み方があるとは……
 ヴェム、ヴェラ、ヴェロ……
20190126TW1

  あなたをイチコロにしちゃう
 フレッシュジュースもあるコロッケ屋さん?それともパン屋さん?あるいは喫茶店?

20190127TW03Ichicoro_small

  八百屋さんではありません

20190126TW2

 さて、私としては雪かきをしなければ。

休日の朝、30分の散歩で哀しい気持ちに……♪ゼンフル/悲歌

  散歩できる範囲内なのに立て続けに……
 心よりお見舞い申し上げます。

20190127TW06

20190127TW08

20190127TW10


  宗教改革に巻き込まれ?……
 ゼンフル(Ludwig Senfl 1486頃-1542/43 スイス)の「悲歌(Lamentatio)」。

 生没年を見ておわかりのように、ゼンフルはバロック時代よりも前のルネサンス期の作曲家。
 狩りに出かけていて事故に遭い片足を失ったり、ルターの友人だったことから宗教裁判所に呼び出されたりと、なかなか波乱の人生を歩んだ。

a46219a6.jpg 作曲家としては“17世紀までドイツで人気と影響力のある作曲家であった。とりわけ旋律的な才能に恵まれ、その旋律線は暖かな叙情性を帯びている”(ウィキペディア)と書かれているように、妙にヒトを引きつける作品を残している。


 これまで何度か取り上げた ↓ のアルバム「徳と悪徳-ルター時代のドイツ音楽」には、ゼンフルの生命力あふれる曲や哀愁を帯びた曲が13曲収められており、私の愛聴盤となっている(そのなかでも「山に登れ(Dort oben auf dem Berge)」は私のツボ←でもこの曲を一度もブログで取り上げていないことがいま判明した)。
 なんというか、人間の魂に訴えかけてくるような音楽。しかし、どこか憂いがある。

 音楽としてはまったく別物ではあるが、伊福部昭の音楽に共通するにおいがするのは“始原的な人間性の喚起”ってものか?

 演奏はベリエル/アンサンブル・ヴィラネッラ(過去記事ではベルガー/アンサンブル・ヴィラネラと表記していることもある)。

 1994年録音。ナクソス。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   Tugend und Untugend - German Secular Songs... / Berger

   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY

 なお、このアルバムにはゼンフルの師であるイザーク(Heinrich Isaac 1450頃-1517 フランドル)の作品も9曲収録されている。

 心がシュンとしてしまった私だが、昼に『もやしそば』で温まったのだった。

201901MoyashiRamen


意味はないが励みになるかも





最新とは言い難いコメント
お暇ならメッセージでも

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧館にようこそ!
お探し物はこちらから
お空のご機嫌
月別アーカイブ
今の私の微妙な立ち位置
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ささやかなお願い
 当ブログの記事へのリンクはフリーです。 なお、当ブログの記事の一部を別のブログで引用する場合には出典元を記していただくようお願いいたします。 また、MUUSANの許可なく記事内のコンテンツ(写真・本文)を転載・複製することはかたくお断り申し上げます。

 © 2007 「読後充実度 84ppm のお話」
  • ライブドアブログ