読後充実度 84ppm のお話

“OCNブログ人”で2014年6月まで7年間書いた記事をこちらに移行したものです。 現在は“新・読後充実度 84ppm のお話”としてちょくちょく更新しています。右下の入口からのお越しをお待ちしております(当ブログもたまに更新しています)。

2014年6月21日以前の記事中にある過去記事へのリンクはすでに死んでます。

March 2019

奇妙な配置。そしてまた良いクセがつくのを願う話♪伊福部/暗黒街の顔役

  なんで、私がやーさんに。

20190312MonoAd

 伊福部昭(Ifukube,Akira 1914-2006 北海道)が書いた映画「暗黒街の顔役」(1959東宝。監督:岡本喜八)の音楽を。

 サウンド・トラック盤「東宝映画ミュージック・ファイル」。vap。

4e281fa0.jpg
 
  信じていいですか?……

Npn201903c

  おしっこはピュアなのか?

201903WC

 それとも小便器で流れないタンって、牛タンとかのことか?

熊猫熊猫熊猫熊猫熊猫熊猫→flac化すると「熊猫×6」

  熊 する
 前回、どう頭を悩ませても自称しているようには読めない Bear を紹介したが、世の中、案外とクマ好きが多いのか、注意してみると意外とクマがいるものである。

 これはメジャーな部類に入る、AIR DO の BEAR DO。コアラじゃない。

P7210282

  緑熊  
 明るくヤル気のある方を歓迎しているというこのお店は、店名にクマのクの字も、ベアのベの字も入っていないが、キャラがクマである。なんだかヤル気がなさそうににも見えるけど……

20190127TW11

  白熊
 同じくクリーニング店。クマ社会とクリーニング店は特別な協定でも結んでいるのだろうか?
 
20190126TW3

 看板が古くなっていることと、同じく外壁に年季が入っているので、ホワイトという主張がいま一つ弱い。
 でも“一点一点手仕上げの店”なのだ。
 良い仕事をしてくれそうな気がする。

  熊猫
 これは、『パンダ っ子』と『パン 抱っこ』をかけた店名。
 そんな説明要らないって?そうですね、はい。
 けど、これすら間違った解釈かもしれない可能性はある。店の人に聞いてみる勇気は、私にはない。

DSCN0916

  赤熊
 これはJRのRED BEAR である。

 「まもなく1番ホームを列車が通過します。ご注意ください」

 そのアナウンスを耳にし、近づいてくる列車を見ると、頼もしさを感じる RED BEARではないか!

 が、近づいてくると何にもけん引していない。
 機関車だけ。つまり“列”車ではない。ちょっと小ばかにされた気分。いや、がっかりした。

20190215EbetsuSta

 クープラン(Francois Couperin 1668-1733 フランス)の「酔っぱらいと猿と熊たちによってひき起こされた一座の無秩序と混乱(Desordre et deroute de toute la troupe, causes par les ivrognes, les singes et les ours)」。

 1717年刊の「クラヴサン曲集第2巻(Pieces de clavecin second livre)」(第6~12組曲)の中に収められている「第11組曲(Ordre No.11)」(全5曲)の第5曲は「昔の偉大なメネストランディーズの記録」。
 この「昔の偉大なメネストランディーズの記録」は5つの部分からなり、その最後の部分が「酔っぱらいと猿と熊たちによってひき起こされた一座の無秩序と混乱」である。

 ボーモンのチェンバロで。

 1993年録音。ワーナー。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   F.Couperin: Complete Works for Harpsichord

   こちらの抜粋盤にも収められているべぁ。
   恋の夜鳴きうぐいす~クープラン:クラヴサン名曲集

  鎖熊
 名古屋にて

2016051208370000

意味はないが励みになるかも





最新とは言い難いコメント
お暇ならメッセージでも

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧館にようこそ!
お探し物はこちらから
お空のご機嫌
月別アーカイブ
今の私の微妙な立ち位置
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ささやかなお願い
 当ブログの記事へのリンクはフリーです。 なお、当ブログの記事の一部を別のブログで引用する場合には出典元を記していただくようお願いいたします。 また、MUUSANの許可なく記事内のコンテンツ(写真・本文)を転載・複製することはかたくお断り申し上げます。

 © 2007 「読後充実度 84ppm のお話」
  • ライブドアブログ