花嫁センターのようなものだとは思うが
 名古屋に転勤した後に何回かにわたって書いた「新・読後充実度」の方の「歪み、体感中」シリーズ

 今回、名古屋から離れ、別に名古屋特有ってことではないが、どこか『歪み』を感じたものをここでまとめて放出してしまおう。

 いや、わかりますよ。なんとなく意味しているところは。けど、赤ちゃんが集まっているところみたく感じちゃうんです、アタシは。バスセンターとかだってそうでしょ?

20121202BabyC

  タヌキの方がしっくりきそう
 天ぷらの立ち食いなんだろうか?
 なぜキツネなんだろうか?

20180108c

20180108b

  地元に税金を
 別に変じゃないんだけど、こんなノボリまで作る必要あるんでしょうか?
 でも、タバコは地元で買うようにします。

20171202Kitsuendokoro

  フェンスの向こうは開放的?
 この『家」がバーベキュー・カフェとは、どうしても思えない。
 しかも『SUNNY』ときた。
 一度、中を見てみたかった気がしないでもない。

P5160178

  こちらは『処』じゃなく『所』
 年季の入った看板である。

20171202Kashi

 老舗ゆえにおいしいのだろう。きっと。
 でも、この看板は食欲をそぐ力を持っている。

  営業中という語句が似合わない店
 クリスチャン用品……。こういうお店があるとは知らなかった。
 それはそうと、『お』と『申』の間をなぜ開ける?

 
20171202Cristian

  看板に偽りあり
 最大の問題は、どう探してもこのビルには寿司屋がないことである。

 
MarudaiSushi

  読み方は『ギョ』でよろしいんでしょうか?
 アップルパイはわかるが、その下は何と読むのだろう?

20180108a

 それと「大人のアップルパイください」って、イヤイヤ、恥ずかしくて言えない。

 シベリウス(Jean Sibelius 1865-1957 フィンランド)のA.パウルの劇のための付随音楽「クリスチャン2世(Kuningas Kristian Ⅱ)」Op.27(1898)。

 エレジー/ミュゼット/メヌエット/十字蜘蛛の歌/夜想曲/セレナーデ/バラードの7曲からなる。

 16世紀に実在したスウェーデン、ノルウェー、デンマークを支配したクリスチャン2世のことを描いた歴史劇だということだ。キリスト教徒のクリスチャンじゃないことをお詫びしておく。

 セーゲルスタム/トゥルク・フィル、トリッカ(バリトン)の演奏で。

 2014年録音。ナクソス。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   Sibelius: Kuolema, King Christian II

   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY

 十字蜘蛛ってのが、なんだか怖い。

   blogramのブログランキング 音楽ブログランキング