関心ないかもしれませんが……
 他人(ひと)が2017年の最後の夜に何を食べたかなんて別に興味はないだろうが-私はない-わが家の大みそかのメニュー(寿司と年越しそばなどを除く)である。

20171231RoastBeef

20171231Kuromame

20171231Katsu

20171231Umani

20171231Kakuni

 意外だったのは、例年はザンギ(鶏のから揚げ)があるのが定番なのが、今年はトンカツに変更されていたこと(このことからわかるように、これらの料理は当然のことながら私が作ったのではなく、妻が作ったのだ)。
 ただ、このことに1つにしても、例年のことを知らないあなたにとっては、何ら意外性はないはずだ。

 「お重に盛らないのか?」って。

 人間が集まれば売れ行きの良い料理とそうでもない料理、なんでこんなのが入ってるんだ?という料理に分かれる。
 それらを平等に重に詰め込むと、当然虫食いのように中身にムラが生じる。
 それを考えると、そもそも人気度が異なるものを同じ土俵に並べることはナンセンスだ。
 だから重箱は使わない。

 なお、食事後は例年と変わらず、私は9時過ぎには眠りについた。

  何の変哲もない朝に変哲ある朝食
 そして、いつもとかわらぬ朝として新年の朝を迎えた。

 小雪が降っていて-小さな粒の雪ということであり、擬人的表現ではない-軽く雪かき。
 1年の計は元旦にありと言うが、それが正しければ、私は今年、残りの364日を毎日雪かきして過ごさなければならないことになる。はっきり言って、そいつはごめんだ。

 雑煮を食べるようかと思ったが、それだけなら芸がないと勝手に思い込み、朝食は雑煮そばにすることにした。

 雑煮そばというと、かしわそばに餅を2個入れてあるものが一般的である。
 しかし私がこのとき作ったのは雑煮にそばを仲間入りさせるという逆の発想。

 まずはここで自慢したアラジンのトースターで餅を焼く。やはりここは2個だろう。

201801011Mochi1

20180101Mochi2

 そういう事情から、そばなのにみつばが入っているし、かまぼこも入れた。
 冷蔵庫にあったホウレンソウのおひたしものっけてみたら、五目そばのようになった。

 唯一失敗したなと思ったのは、丼が小さかったこと。小ぶりの丼なんて上品ぶらないで、普通サイズの丼を使えばよかった。内容物を考えれば小どんぶりなら小さすぎると最初からわかりそうなものだ。これじゃ焼き餅じゃなく餃子に見えなくもない。
 新春早々うっかり八兵衛である。

20170101Zouni

 ちなみに麺は新得そばの《田舎そば》である。個人的な好みだが、新得そばは《細切り》より《田舎》の方が断然おいしい。

20171231ShintokuSoba

  ポストも今日は放置ってことはないですよね?
 9時ころに年賀状が来て、こちらからは出していない方の分を書き、あわてて投函しに行く。
 なぜ慌てなければならないのか?
 8日を過ぎるとプラスで10円分の切手を貼らなければならなではないか!
 「ほほぅ、あの人には孫が生まれたのかい」なんて茶をすすっている場合じゃないのだ。

 歩いて5分ほどのところに郵便ポストがある。
 セイコーマートの前だ。

20180101Seico

 セイコーマートは今年、全店ではないそうだが、元日は休業。
 元日くらい休むのは大いに結構なことじゃないか!
 休みだとわかっていれば、『爆笑ヒットパレード』を観ながら、急にメロンソフトを食べたくなってどうしても買いに行かねばならないという強迫観念に襲われることもない。

MozartK605 さて、モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart 1756-91 オーストリア)の「3つのドイツ舞曲(3 Deutsche Tanze)」K.605(1791)。

 モーツァルトは「ドイツ舞曲」なる作品を数多く残しているが、3曲からなるこのK.605がもっとも有名である。

 さらに第1曲ニ長調、第2曲ト長調に比べ、「そり遊び(Die Schlittenfahrt)」と題された第3曲ハ長調は単独で演奏されることがあるほど有名。
 そして、「そり遊び」には郵便馬車のラッパであるポストホルンが用いられている。

 ヴィルトナー/カペラ・イストロポリターナの演奏を。
 K.605以外の「ドイツ舞曲」も収められている貴重なCDだ。

 1989年録音。ナクソス。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】 ※ ポイント10倍キャンペーンは1/3 23:59まで
   Mozart: German Dances

   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY

 にしても、食べ過ぎで早くも胃もたれしつつある私。

   アラジン グリル&トースター AET-G13N(W)

    

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ  blogram

のブログランキ

ング  音楽ブログラ
          ↑ 休んじゃいけません ↑