AsakuraAUdio  その話、ちっとも知りませんでした
 麻倉怜士の「オーディオの作法」(ソフトバンク新書)。

 今から10年前に出版された本であるが、先ごろ電子版が半額になっていたので購入した。


 ここに書かれている63に及ぶ作法の中で、とりわけ「へぇ~」と感心し、同時に「ホントかいな?」と思ったのが、『作法34-CDは必ず「2度がけする」』というもの。

 私はまったく知らなかったが、けっこう有名な話らしい。

 ……試すと、必ずビックリされるテクニックです。
 まずは1度CDを入れて再生し、「何もしなければ、こんな音です」と確認します。そしてイジェクトボタンでCDを取り出し、再度CDをインサートして「プレイ」ボタンを押す-必要な動作はたったこれだけです。
 1回読み込んだものを取り出して、再度読み込んだだけなのに、音質は誰でもわかるほどハッキリと向上します。
 ……
 1回目はいかにもCDらしい硬い音であっても、2回目はキンキンしたところがほぐれて、しなやかになり、音に豊潤さが出てくるんですね。私の感触でいうと、そのCDプレーヤーの実力を「価格の倍くらい」にアップさせてくれます。
 ……
 おさらいすると、CDを1回読み込んだらイジェクトし、さらにもう1度読み込ませること。1回目の挿入では、再生の必要はありません。CDをプレーヤーに挿入すると、しばしキュルキュルという回転音があって、やがてディスプレイに収録時間や曲数などが表示されますね。その状態になったらイジェクトし、再度CDインサートしてプレイボタンを押すだけです。


 麻倉氏によれば、「2度がけ」による音質の向上はDVDやブルーレイディスクにも当てはまるという。


 なぜか?


Mahler7Takaseki  2回より3回、じゃないの?
 有力な説は、ある種のメモリー効果によるものだそうで、1度メディアをスキャンしておくことで、読み取り制度が高まるのではないかというもの。

 また、レーザー光を当てたポリカーボネートが微妙に変質することで、2度目以降は透過率が上がって、より光の通りがよくなるのではないかという仮説もある。


 でも、そうだとしたら、麻倉氏の


 ただし調子に乗って3回やると、とたんに音質は低下しますので、ご注意を。


っていうのと矛盾するような気も……


 私も試してみた。

 ディスクを入れて、ディスプレイに情報が表示されたらイジェクト。
 もう一度トレーを閉めて再生。

 ディスクは高関/群響のマーラーの交響曲第7番


   このCDの詳しい情報 【タワレコ】※ポイント10倍キャンペーンは4/6 23:59まで
   マーラー:交響曲第7番「夜の歌」

 だが、違いはわからなかった。

 だって、1回目に入れたときに聴いてみなかったんですもの。
 比べるのを忘れちまったってやつ。

 
 こんどきちんと試してみよう。

    

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ  blogram

のブログランキ

ング  音楽ブログラ
          ↑ 1回ずつでじゅうぶんです ↑