GrovesPO  えっ?手術?
 わが家に非日常的が起こり、それに関連してその間、セコマを利用する機会が増えたということを、あなたをじらすように、はっきりとしたことを書かないできた。

 いや、出し惜しみをしていたわけでは、決してない。


 どのような形で報告するかということと、これは落ち着いてからでなければいけないと思って出し惜しみしていた、いや、温めていたのである。

 妻がとつじょ入院したのだ。
 4月中旬に検査入院、5月中旬に手術入院である。


 入院中はもちろん、この間、この前後は、出張があるときは休みをくっつけ、あるいは出張とは別に完全にプライベートで休みをとり、私は病院に行ったり、入院前後は自宅で妻をサポート(もしくは邪魔を)していたわけだ。

  病院食の妻、セコマ弁当の私
 セコマを利用する機会が増えたというのは、病院の最も近くにあったコンビニがセコマだったためで、昼用の弁当を買って病室で食べたり、ときには朝ごはんもここで買って病室で食べた。


 というのも、病院の駐車場は早くに行かないと1時間以上入場待ちになってしまうので、食べるものも食べずにまずは病院に行き、車をとめたあとそのままセコマに向かい、店内にある喫煙ルームでこの先数時間は吸えなくなるセブンスターを吸い、朝食用に弁当を選んだり妻が必要とする(ような気がする)ミネラルウォーターやヤクルト、たまにはパンや雑誌を買いこんだのであった。

SecomaShumai 朝はホットシェフの弁当類がまだ出来上がっていない。
 なので、病室で朝からシューマイ弁当を食べたりもした(シューマイだけについて言うなら、崎陽軒のシウマイ弁当のあの硬いシウマイに比べ、こちらの方がジューシーである)。


 昼食を求めに行ったときにはたいていホットシェフ。かつ丼はもちろんのこと、豚丼、温玉のせ豚丼、海苔弁・鮭を食べた。


 余談だが、私は生鮭が苦手だ。料理してもどうしても生臭さが残っていて、はっきり言って「ウッ!」とくる。
SecomaSake その点、こののり弁当-一般的なのり弁当に定番のちくわの磯部揚げのかわりに鮭フライがのっている-の鮭はまったく生臭さがなく、鮭本来の味が舌に広がる優れものである。


  こんなところにもアレが
 ところで最初に入院病棟に行ったとき-つまり、最初に入院したとき-私はエレベーターホールに置かれた“あるもの”に驚いた。


 それは『ガチャポン』だった。


 一般名称では《カプセルトイ》というらしいが、『ガシャポン』とか『カチャガチャ』ともいわれる、お金を入れたら中におもちゃなんかが入ったカプセルが出てくる販売機である。


 近所のスーパーの入り口にも数台設置されているし、大きなスーパーでは何十台も並んでいることがある。いや、駅のような公共施設にさえ設置されていることがある。


 中にどんなものが入っているのか私は知らないが、3cmくらいの肌色のキン肉マンの人形なんかじゃないかというのが勝手なイメージだ。


201804Masque それがついぞ、病院のエレベーターホールにまで進出しているとは恐れ入った。
 いや、病院で小さな人形を当てることに小さな歓びを見出すのは悪いことではない。


 そう思っていると、見舞い客らしい1人のおっさん(私自身のことではない)がお金を入れて、ガチャとやってポンとして、中身を出して、顔に着けた。


 顔に着けた?


 そうなのである。このカプセルの中はマスクだったのだ。


 いやぁ、すばらしいアイデアではないか!


 ただし、カプセルによってマスクの色が黒だったり、ピンクだったりというような、コレクターとは無縁の、実用に徹した全品当たりはずれなしの内容である。


 イエッセル(Leon Jessel 1871-1942 ドイツ)の「おもちゃの兵隊の観兵式(Parade der Zinnsoldaten)」。


 オペレッタ「おもちゃの兵隊の行進曲」Op.123(1922)の中のなかの1曲(この行進曲自体も「おもちゃの兵隊の行進曲」と言う場合がある)だが、みなさんは『キューピー3分クッキング』のテーマ音楽として耳にしたことがあるだろう(過去記事で「キューピー3分間クッキング」と書いてしまったことを、あらためて懺悔したい)。

 こんにち聴かれている「おもちゃの兵隊の観兵式」はビドゥグッドという人が編曲したもの。

 以前、この曲の原曲を聴く機会があったが、そちらの方はずっと重くおどろおどろしいものだった。ビドゥグッドが軽快なメジャー風にしたおかげで、広く知られるようになったと言えるだろう。


 グローヴズ/フィルハーモニア管弦楽団の演奏を。


 1988年録音。DENON。


   このCD(同一音源)の詳しい情報 【タワレコ】
   CREST 1000 413::威風堂々/ワルツィング・キャット グローヴズ卿の音楽箱


 なお、ありがたいことに、ほんとうにありがたいことに、検査の結果、異常なしという診断となった。が、どうせならすっきりしちゃいましょうということで、手術で邪魔なものを取り除いたのであった。


 ※ 海苔弁・鮭とシューマイ弁当の写真は、他のサイトから転用させていただいた。
   お断りなく使ってしまったが、病室で写真を撮れなかった事情を察し、お許しいただきたい。


    

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ  blogram

のブログランキ

ング  音楽ブログラ
          ↑ 日常的に ↑