カロリー据え置き

 大阪に来て1か月半ほど経ったときに、ローソンの関西限定!』と銘打った弁当を紹介した。

 あらためて写真を載せておこう。


P3070163

 先週-あれはシトシトぴっちゃんと雨の降る朝だった-、久しぶりにローソンに寄り、同じ弁当を買った。


 が、昼に食べようとして、何かが足りないような感じがした。


 しかし、おかずもご飯も変わりはなさそうだ。


 でも、この間が抜けたような雰囲気はなんだ?


 その疑問はほどなくわかった。


 『関西限定!』の文字がなくなっているではないか!

LAWSON20180531

 5文字減ったために、ラベルの印字欄に白地の部分が増えた。
 間が抜けた感じがしたのはこのせいだった。


 カロリーを見ても同じ636kcalだ。

 ということは、中身は寸分たがわず同じ。

 ということは(←again)、関西での評判が高かったので全国デビューしたということか?


 こうなったら、今度、北海道のローソンの店舗にリサーチしに行かねばなるまい。

 まさか、『関西限定』っていう表示が間違いだったってことはないだろうな。


  獣は人間?

 さて、6月6日はダミアンの日である。
 ダミアンを知らない人に説明しておくと、ひじょうに臭い果物ではなく(それはドリアン)、映画「オーメン」に出てくる悪魔のこの名前で、頭皮に666のあざがあるのだ。

 いや、666個のあざがあるのではなく、666という数字のあざがあるわけだ。

 だから6月6日だと6が1つ足りないので条件を満たしていないのだが、そこはうるさいことを言わないでほしい。
 そのかわり、今日は6時6分にこの記事をアップするから。

 666に関しての記述は新約聖書の「ヨハネの黙示録」にある。

 そこの部分、第13章16~18を載せておこう。


 16また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、 17この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。 18ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。


BachJohannesBruggen バッハ(Johann Sebastian Bach 1685-1750 ドイツ)の「ヨハネ受難曲(Johannespassion)」BWV.245(1722-23)。


 新約聖書には「マタイ」「マルコ」「ルカ」「ヨハネ」の4つの福音書がある。

 黙示録は迫害を受けていたキリスト教徒に対し警告を与えるもので、終末論が書かれている。「ヨハネ黙示録」がそれである。
 一方、福音書はイエスの生涯と死、そのあとの復活を記したものである。


 バッハは4つの福音書それぞれの、イエスの受難について書かれた章を題材に受難曲を書いているが、「ルカ受難曲」BWV.246(1712)はバッハの作ではないとされている。
 また「マルコ受難曲」BWV.247(1731)は楽譜が紛失してしまっている。


 「ヨハネ受難曲」は2部40曲からなり、歌詞は「ヨハネによる福音書」の第18章から第19章とコラール、宗教詩からとられている。台本の作者はわかっていない。


 私が聴いているのはブリュッヘン/18世紀オーケストラ、オランダ室内合唱団他による1992年ライヴ録音の演奏(デッカ)だが、廃盤。


 その後、ブリュッヘンが新たに録音したものを紹介しておく(私は未聴)。


   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   J.S.Bach: St.John Passion BWV.245


 なお、日本では「ヨハネ受難曲」よりも「マタイ受難曲」BWV.244(1728-29)の方が「マタイ」よりも人気が高いようだ。

 なお、俵むすび弁当に入っている魚は、見ての通り真鯛ではなく鮭である。

    

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ  blogram

のブログランキ

ング  音楽ブログラ
      ↑ 思慮あるものはクリックするとよい ↑