20180615HeianJingu  神宮は神宮でも……
 先々週の15日。
 つまり札幌が北海道神宮祭でにぎわっていた(と思われる)日、私は別な神宮にいた。

 平安神宮である。


 といっても、観光ではない。
 平安神宮近くを会場とする会議があったのである。


 予定より早く阪急河原町駅に着いた私は、小雨が降ってはいたものの、このままタクシーで向かうと早く着きすぎて、主催者に私が張り切っていると思われてしまうことを懸念し、歩いていくことにした。


 八坂神社の前の交差点角には、赤い看板のツルハではなく黒い地味な看板のツルハがあった。
 やはりおなじみの赤い看板を掲げるのは場所がら遠慮した、あるいは禁止されているのだろう。


 あまりというか、ほとんど歴史的建造物に興味がない私は、ひたすら会場に向け歩みを進めた(思ったよりはなかなかたどり着かないので、時間はたっぷりあったものの、ちょっぴり不安にもなっていたのだ)。

 途中、ファミマに寄ってタバコを買い、いつもの癖で気になるモノの写真を撮った。


  《すんぽうちょく》って、中国料理の名前みたい
 この店の場合は、余計なお世話ながら、店先のビニールをまずは直すべきだと思う。
 これじゃあ雨宿りもできない。


 《リフォーム、》《デザイン》に続き《、センター》ってある、《センター》前の《、》の意味合いも不明。
 センターっていうのは、たとえば《立ち飲みセンター》とかの意味ではなく、《中央ぞろえ》加工ってな意味なのだろうか?

20180615Kyoto3

 こちらは「つえ屋 つえだけ~♪」というのが実にお茶目である。

20180615Kyoto2

 エルガー(Edward Elgar 1857-1934 イギリス)の付随音楽「子供の魔法の杖(The wand of youth)」Op.1(1869頃)の組曲。

 児童向けの劇のための音楽だが、エルガーはこれを2つの組曲に編曲している。
 第1組曲Op.1a(全7曲。1907初演)と第2組曲Op.1b(全6曲。1908初演)である。

 ジャッド/ニュージーランド交響楽団の演奏を。

 2002年録音。ナクソス。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   ※本日6/26 11:00から6/29 23:59まで、ポイント12倍キャンペーン開催

   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY

ElgarWand

  タバコを持ち歩いているような気分になったものです

 あぁ、ハィクラウンといえば、子どものころは高級なチョコレートだった。


20180615Kyoto1

 そんなこんなで適度にみちくさを食ったのだが、会場にはやっぱり早く着いてしまった。

 そこでそのまま建物の前を素通りし平安神宮まで行ってみたが、雨が強くなってきたのですぐさま逆戻り。
 もういいやとばかり、会場に入った。

20180615HeianJingu2

  数時間前のこととはいえ、覚えていた彼はただ者ではない?
 しかし世の中、私より時間に余裕を持って行動する人もいるもので、すでに8人の方々が来ていた。


 会議が終わり帰ろうとしていると、見知らぬ出席者から声をかけられた。


 「会議の前に平安神宮にいらした方じゃありませんか?」
 「ええ。そうですけど。時間つぶしに行ってみたんです」と私。
 「私もです。あっ、申し遅れました。私はこーゆー者です」と名刺を差し出してきたので、交歓、いや、交換した。

 宮崎に本社がある会社の大阪支社の人だった。


 それにしても、誰がどこで見ているかわからない。
 平安神宮前でうれしそうに抹茶ソフトを食べたりしなくてよかった。

 ところで、神宮といえば伊勢神宮横のおかげ横丁の店で買ったワンちゃん。

20180510Aloe

 安定性があるとは決して言えないのだが、そして上の植物も安定度の高いものに取り換えたとはいえ、みごと今回の地震でも置いてあったスツールから落下していなかった。
 いや、たぶんズレてもいなかったと思う。

 私の見ていないところで四肢に力を入れて踏ん張ってくれたのだろうか?

    

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ  blogram

のブログランキ

ング  音楽ブログラ
          ↑ こちらは不安定 ↑