BrittenNaxos  皮をむく前の銀杏に見えなくもない
 子どものころ、節分が近づくと「豆まきにっ!ピィ~ナッツゥー・ト~リオっ!」というコマーシャルが毎日流れていた。


 たぶん時間帯は「巨人の星」や「タイガーマスク」、「奥さまは魔女」の再(々々……)放送をやっていた夕方だったと思う。

 いまは夕方といえば報道番組をやっている局が多いが、むかしは再放送の子ども向けアワーだった(その前の時間帯は「水戸黄門」などの時代劇が再(々々……)放送のシルバーアワーだった)。
 日曜日の朝だって「名犬ラッシー」とか「じゃじゃ馬億万長者」が放送されていた。


 それはそうと、「ピーナッツ・トリオ」とは何か?

 「うぐいす豆」「えびす豆」「ぎんなん揚げ」である。

 ついでに言うと、私は長い間「ぎんなん揚げ」のことを「ぎんなん豆」だと間違って覚えていた。

 これらはすべて豆菓子。中にピーナッツが入っている。
 「うぐいす豆」は緑色のコーティングの上にさらに砂糖がまだら模様についていた。赤茶色の「えびす豆」はちょいと辛めのしょうゆ味(私はこの豆の“外側”だけを好んで食べた)。「ぎんなん揚げ」は薄茶色の塩味のものだった。
 そして、節分時期になるとおまけで鬼のお面がついてきた。

 私をはじめとする北海道人は、豆まきといえばこれらをまくものだと信じて疑わなかった。だってコマーシャルでそう言っているわけだし、ご丁寧にも豆まきには欠かせない鬼のお面までいただけるのだ。
 のちにいい大人になってから、豆まきというものは大豆をまくものだと知ったときの驚きを、あなたはわかってくれるだろうか?


 「ピーナッツ・トリオ」を製造・販売していたのは小樽市の池田製菓(貴重な写真が載っているブログを発見)。
 池田バンビのブランド名で知られ、ミルクキャラメルが有名だった。
 2003年に倒産し、株式会社「北海道村」というところに菓子事業を譲渡したという。
 札幌にある池田食品とは関係ないようだ。

  定番の鮭、梅、かつおの姿なし

 さて、なぜこのくそ暑いときに節分の話なのか?

 実はこのあいだ昼ごはん用にローソンで買った弁当が「おにぎりトリオ」という名前で、それで「ピーナッツ・トリオ」を思い出してしまったのだ。

20180625O_Trio1

 なに、見えにくい?
 ほうら、ヴェールをはいじゃうわよ!

20180625O_Trio2

 「おにぎりトリオ」は「塩むすび」と甲乙つけがたいものがある。

2018LAWSONSasanishiki

 が、ボリュームがあるのとちょっと貧乏ったらしいところから-あの塗りたくったようなツナマヨ、明太子、昆布を見よ!-、私はあえて「トリオ」に軍配をあげたい。具が入っていないおにぎりは好きじゃないし。
 もっとも、お値段もトリオの方が上なんだけど……(って、甲乙つけてるじゃん)

  地名を指しているのかどうかは私には不明

 「おにぎりトリオ」には細いちくわ天(ちくわの磯部揚げ)が入っていたが、今日はブリテン(Benjamin Britten 1913-76 イギリス)の「ウィールデン・トリオ(A Wealden trio)」(1929/改訂1967)。

 女声のための無伴奏合唱曲で、この場合はウィールデンが3つ、ということではなく、ウィールデンの三重唱ってこと。詞はF.M.フォード。

 じゃあウィールデンって何かというと、wealdenだと“広野”の意味だが、“The Wealden”なら南イングランドのもと森林だった地域のことになる。

 この場合、どっちなんだろう?下のナクソスのページでは「広野の三重唱」という邦題になっている。
 まっ、どっちでも大勢に影響はないけど。


 私が持っているのは、コープ/新ロンドン少年合唱団の演奏のCD。


 1994年録音。ナクソス。


 タワレコではオンライン・ショップでの取り扱いは終了しており、購入するなら店頭で取り寄せしてもらうことになる ↓。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   Britten: A Ceremony of Carols

 
   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY


 この曲には「女声のためのクリスマス・ソング」という副題がある。

 節分だのクリスマスだのって、まったくもって季節感がなくてごめん、である。

    

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ  blogram

のブログランキ

ング  音楽ブログラ
          ↑ バナー・クインテット ↑