20180704Kochi1  幸運その1
 私は幸運だった。

 水曜日。大阪空港に行くために駅に向かったのだが、駅に着いた途端にどしゃぶりの雨が降り出したのだった。つまり、私は雨に当たらずに済んだ。

 今回の目的地は高知。
 高知市に行くのは何年振りだろう?過去のブログで確認しようとしたが、まるで高知に行ったことを隠しているかのようにヒットしない。だから、自分でも何年ぶりかわからないが、回数としては3回目だと思う。

  幸運その2
 私は幸運だった。

 高知に着いたときも雨に当たらずに済んだ。すでにあがっていたのだ。
 空港のターミナルはなんとなく記憶にあるから不思議なものだ。
 高知県らしく、看板も横断歩道の道路標識に描かれているおじさん、ではなく歴史上の人物をかたどっている。

 高知駅行きのバスに乗る。
 途中停車したバスターミナルに『よさこい』のポスターが貼ってあった。

20180704Kochi2

 そうだ。前回来た時にタクシーに乗ったら、運転手さんに「どっから来たの?」と尋ねられ、「北海道」と答えたら「こっちが本物なのに、北海道ではまねして『よさこいソーラン』とかやっている」と非難めいたことを言われたことを思い出した。ふんっ!

 あのときから何年も経っているのに、はりまや橋は成長しないで短いまま。
 あっという間に通り過ぎる。

20180704Kochi3

  幸運その3
 私は幸運だった。

 夜は和食の店で食事。今回は蛸島課長などと一緒。蛸島課長の課の天本係長が、私に気を遣ってくれて頼んでいたコースの《かつおのたたき》を鶏肉料理にチェンジしてくれていた。私が苦手だということをウィキペディアか何かで調べたらしい。ありがたいことである。これまた、係長の配慮とはいえ、私には幸運なことだった。

 食事を終えホテルに戻るときには雨が降っていたが、天気予報では強い雨ということだったので、そう思えばこれまた幸運。もちろん傘も持って行っていた。

  幸運その4
 私は幸運だった。

 昨日の木曜日は朝から強い雨。しかし車で市内を移動するので問題なし。
 ほかのメンバーはもう1日用事があるので連泊。私はこの日の午後戻り。
 しかし用務が早く終わったので、空港に向かった。
 なぜか高知→伊丹便はどれも満席で、空港でしばらく時間をつぶすつもりだったが、40分後に出発する便に空席発生。それに乗ることができた。

Dokuganryu  幸運その5
 私は幸運だった。

 大阪空港に着くとどしゃぶり。
 しかし、これまたモノレールと阪急で移動し駅で降り、私が外を歩かなければならないときに限って小降りになってくれた。
 2日間、なんとなくツイていた。
 北海道の自宅のあたりにも洪水警報が一時出たが、昨日の午後には注意報に格下げになったし……

 間宮芳生(Mamiya,Michio 1929-  北海道)の「竜馬がゆく」(1968)。

 この年のNHK大河ドラマのオープニング曲で、演奏は外山雄三/NHK交響楽団。

 同じ音源のCDが現在はNHKレーベルで販売されている。

   このCD(同一音源)の詳しい情報 【タワレコ】

 ※ 私的連絡~masaさんメッセージありがとうございます。

    

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ  blogram

のブログランキ

ング  音楽ブログラ
        ↑ 「幸運その6」のために ↑