Takaraduka_Ijin  顔は写真だが……
 阪急電車に乗るたびに目に入る宝塚歌劇の車内ポスター。

 いま掲示されているのは宙組のミュージカル・プレイ「異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-」。下の方にはもう一つの公演の本朝妖綺譚「白鷺の城」ってのもあるが、そっちは、まあいい。


 前にも書いたように、宝塚の男役スターの姿には違和感をぬぐえない私。このポスター(ここに載せたのは車内ポスターではなく、宝塚のホームページにあった同じデザインのポスター)を見てても、そんなに僕をにらまないでって感じで、目をそらせてしまうのだが、でも勇気をもってしっかりと見てみると、ちょっと感心してしまった。

 1つは主役の《男性》-ミュージカルの筋は知らないが、きっとこの人がダ・ヴィンチ(1452-1519)なのだろう-が持っている鉛筆。
 これがトンボ鉛筆とか三菱uniとかじゃないところが-あたりまえだけど-きちんと考えられている。鉛筆の削り方もその時代っぽくていい。

 そしてもう1つは、よく見ると左側の女性-まどかさん-の衣装や手が写真でなく絵になっていること。
 ダ・ヴィンチが彼女を描いたってことを表現しているのだ(よね?)。
 これはなかなか手の込んだ演出である。

 と感心してしまったのであった。

  多声極まれり

 ところで音楽史でルネサンス音楽というと、バロック音楽の前の時代の音楽を言う。ルネサンス音楽の前の時代は中世音楽である。

 ルネサンス音楽といっても『音楽復興』という意味合いはなく、ルネサンス期に作られた音楽ということ。1400年~1600年に書かれた音楽で、ポリフォニー(多声音楽)を特徴とする。


 なお、『レコード芸術』誌などのジャンル分けでは、ルネサンス音楽や中世の音楽は『音楽史』とされており、このブログのカテゴリでも『音楽史』としている。


BanchieriNAXOS ルネサンス音楽時代の作曲家(音楽家)は数多くいるが、今日はその中からバンキエリ(Adriano Banchieri 1568-1634 イタリア)の作品を。
 バンキエリは1634年没ということで、ルネサンス音楽の終焉期の作曲家ということになる。

 彼の「四旬節前の木曜日の正餐前の夕べの集い(Festino nella sera del giovedì grasso avanti cena)」(1608出版)。


 このなかの、単独で録音されることもある「動物たちの対位法(Contrappunto bestiale alla mente)」は、いろいろな動物たちの鳴き声を模倣して歌う、人を食ったような曲だ。

 ファソリス/ソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカ、ルガーノ・スヴィッツェラ放送合唱団の演奏を。


 1995年録音。ナクソス。


   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   Banchieri: Il Zabaione musicale


   音楽配信はこちら NAXOS MUSIC LIBRARY


 このCDの日本語の帯に書かれた演奏者名。

 ソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカ(Sonatori de Gioiosa Marca,Treviso)のことを『トレヴィソの陽気なマルカの音楽家たち』と表記している。


 人を食ったような名前だ……。それだけで売れ行きに影響しそうな感じがする(もちろん悪い方へ)。