いつも私は思う。座席が便座のようだ、と
 このあいだ、新千歳から大阪への便に乗るべく保安検査場に行ったときのこと。

 出てきた『保安検査証』が、いままでとどこか違う。

 「『搭乗順 Group2』だって?こんなの今までなかったぞ」と、驚き、桃の木、サンショの木でひとりごちた私。
 どうやら、10月に入って、このような新たなカースト制度が導入されたらしい。

DSCN0347

 そう、この日が私にとって10月に入って最初のフライトだったのだ。

 機内誌を開くと、きちんと説明が記されていた。

DSCN0350

 事前改札サービスに続き、Group1のダイヤモンドメンバー、Group2のプラチナメンバーやプレミアムクラス利用者が案内される。Group3は窓側席と中央席の客、Group4は通路側席の客である。
 けど、窓側と通路側を分けるよりも、後方座席と前方座席で分けた方が混雑しないように思えるが……

 カースト制度などと、イメージの悪い言い方をしてしまったが、でも、これは良いことだ。
 細かくアナウンスしても気づかない人々はあとを絶たない。そもそもわかりにくいのだ。

 これですべて解決するわけじゃないが、少しは非理解者が減っていくものと期待されえる。

ShostakovichSym10Dohonanyi ルトスワフスキ(Witold Lutoslawski 1913-94 ポーランド)の「葬送音楽(Muzyka alobna)」(1956-58)。

 4群のヴァイオリン、2群のヴィオラ、2群のチェロ、2群のコントラバスのための、4部からなる作品で、バルトーク(1945没)の思い出に捧げられた作品。

 ドホナーニ/クリーヴランド管弦楽団の演奏を。

 1990年録音。デッカ(TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus)。

   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   ショスタコーヴィチ: 交響曲第10番; ルトスワフスキ: 葬送音楽<タワーレコード限定>


   北海道 北のシェフ おせち料理 2019 和洋中 三段重 43品 盛り付け済み 冷凍おせち お届け日12月30日

 なんだかあっという間に過ぎ去った一週間だったが、あっという間に疲れ果てた一週間でもあった。
 台風も来てることだし、3連休は雨戸を閉めきって……うふふふふ(←サザエさんかい?)