緑色だけどライラック
 この日は岩見沢へ。
 つまり、すっかり道東ではなく、はっきり言ってもう道央。

 それにしても岩見沢支社へはあまり、いや岩見沢の街そのものにも行くことがない。札幌から近すぎるせいだ。

 『ライラック』からホームに降り立ち、年季の入った駅名看板を見上げ、駅舎を出る。

20181101Iwamizawa1

20181101Iwamizawa2

20181101Iwamizawa5

20181101Iwamizawa4

 紅葉がきれいだったが、駅前にはな~んにもない。ツルハドラッグが新しくできていた。
 と、私の到着を阻止するかのように雨が……

 この店、前からこの場所にあっただろうか?ちょっと興味をそそられたが、雨で濡れる前に支社へたどり着くべくパス。

20181101Iwamizawa6


 久しぶりにマチナカを(急ぎ足ではあったが)歩いてみたが、かつてよりも寂しい感じがした。むかしは同じ寂しい感じがしても、こんなにガランとしていなかった。

SchumannPolliniSet シューマン(Robert Alexander Schumann 1810-56 ドイツ)の「暁の歌(Gesange der Fruhe)」Op.133(1953)。


 ここに書いたように、5曲の小品からなるピアノ曲である。


 ポリーニの演奏で。


 2001年録音。グラモフォン。


   このCDの詳しい情報 【タワレコ】
   ※ポイント15倍キャンペーンは本日11/9 23:59まで
   Maurizio Pollini Collection - Schumann


 なお、私が興味を持ったのは残念ながらハンコ店の方ではなく、天狗であったことは当然のことである。
 でも、天狗の面って怖いですよね……

  私も好きだ。
 支社で打ち合わせと情勢についての意見交換をし、そのあと札幌へ。

 札幌までは普通列車に乗る。1番ホームからの発車。このホームは室蘭本線の列車の発着にも使われているため、駅名板に書かれている隣の駅は2つ。

20181101Iwamizawa7

20181101Iwamizawa8

 車内には鉄道ファンの心をくすぐるような広告が。

201810JRTTad

 本社に顔を出し、この日の仕事を、そして一連の『周業』にピリオドを打った。


終

 ↑ 高校生のとき、クラスメートが「子供のころ、ドラマとかの最終回の最後に、“終”って字が、小さな点からぐわーっとズームアップして画面いっぱいの大きさになるのが怖かった」って言っていたことがあった。
 それを思い出したので、やってみた(ズームアップはいたしません)。