201807Komugi  こだわりのパン屋だったそうだが……
 ここの情報によると、1月15日で江別は錦町にあるベーカリー・「麦の穂」が閉店したそうだ。
 ホームページを見ると、閉店のあいさつが載っていた。
 コロナのせいだ。

 私は「麦の穂」の店を訪れたことはないが、名前は耳にしたことがある。
 小麦の街でもある江別にはいくつもパン屋があり、増えてもいると思うが、そんななかでの閉店は江別市民の一人として残念に思う。

 さらにまた、上の同じ情報源によると、江別蔦屋書店のなかのカレー店「clock」が1月17日で閉店したという。
 私は一度食べたことがあるが、ここに書いたように、個人的にはちょっとしょっぱくて……であった。また、お値段もちょっとお高めであったし。
 「clock」のあとにはどんな店がやってくるのだろう?

 そうそう、1月8日には国道12号線沿いの「おっぺしゃん」も閉店した。
 あの場所、むかしはガソリンスタンドがあったが、その後は食堂に。
 最初は何の店だったか忘れたが(豚丼?)、そのあとはカツ丼屋(天丼屋だったかもしれない)。
 そして熊本ラーメンの「おっぺしゃん」と替わった。
 場所が良くないとは思えないものの、どの店もあまり長続きしないのはどうしてなんだろう?
 って、そういう私もあの建物に一度も足を踏み入れたことがないんだけど……

BrittenStern ブリテン(Benjamin Britten 1913-76 イギリス)の「シンフォニア・ダ・レクイエム(Sinfonia da requiem)」Op.20(1940)。

 私が持っているこの曲のCDは3種類あるが、そろいもそろってレクイエムを地で行ってる状態。いや、廃盤。
 なんてこったい……