地域応援実行
 みなさん、昨日は日ごろの勤労に感謝したことと思うが、一夜明けた今日のこのブログは昨日の記事の続きである。
 船は苫小牧港を出港し、天候に恵まれ大きく揺れることもなく、無事翌日の昼すぎに大洗港に着いた。

20221113Ooarai

20221113Ooaraiterminal

 夜は大洗で味見程度に少量だけアンコウのどぶ汁を食べ、宿泊地である水戸に移動した。

20221113Ankoh

 ホテルにチェックインすると、クーポン券がもらえたので、私と上司・同僚4人それぞれがクーポン券を握って、それが使える駅ビルのチェーン居酒屋へ。

20221113Coupon

 ホテルのすぐそばでもあるので、おなか急降下となったときには即・帰室できるという安心感もあって、そこそこたっぷり飲んだ。

 翌日は水戸駅から特急「ときわ」に乗り、品川へ。品川で京急に乗り換え羽田空港に。

20221114MitoSTA

  久しぶりのちとせラーメンに心は踊る
 このときの私はすでに「ちとせラーメン」モード。

 昼すぎに到着する私が乗ったANA〇〇便は定刻よりも10分ほど早く新千歳空港に着陸。
 
 私はわき目もふらず、3階のフードコートに向かった。
 「ちとせラーメン」の醤油ラーメンを口にするのは、このとき以来、約3年ぶりだ。

 13時少し前で、フードコートはそこそこ混んでいた。
 私は「ちとせラーメン」に近い場所にある2人掛けのテーブルをキープし、「ちとせラーメン」へと向かった。

 オーダーしようとしたとき、あれっ?雰囲気もメニューも変わった?

 そして視線を上げると。

 な、な、な、なにぃ~?

20221114CTS

 「ちとせ」じゃなく「札幌」になっている。
 私はショックで床に崩れ落ちそうになった。
 3年の歳月の間に、「ちとせ」を新千歳空港から姿を消してしまったのだった。
 悲しい。
 しかし、いつまでも呆然としているわけにはいかない。

 「ちとせ」がダメなら、「弟子屈」しかない。
 「ちとせ」を知る前の私は「弟子屈」の「むかし醤油」派だったではないか!気持ちを切り替えよう!
 私は舞うように回れ右し、おとなしく主人を待っている荷物を取り行き、競歩の選手並みの速さで「弟子屈」に向かった。
 「席開いてます、すぐご案内できますよ!」というお姉さんの言葉にさらなる後押しをされ、むかし醤油ラーメンに小ライスを頼んだ。

20221114Teshikaga1

20221114Teshikaga2

 ああ、なんとすばらしい光景なのだろう。

20221114Teshikaga3

 箸袋に書いてあるとおり、私が笑顔になったのは言うまでもない。

 シベリウス(Jan Sibelius 1865-1957 フィンランド)の「悲しきワルツ(Valse Triste)」Op.44-1(1904)を。

   ヘルベルト・ケーゲル: Capriccioレーベル全録音集(写真を掲載したCDと同一音源盤)

Beethoven Kegel