金木犀日記

日々の喜怒哀楽を徒然なるままに綴ります

最近我が家で枝豆が密かなブームです。

枝豆と言えば、小さい頃、夏に毎日のように食べていました。
枝豆を枝から剥ぐ手伝いをよくさせられたものです。

ドイツで枝豆と言えば、冷凍ものです。
既に茹でてあるので、
レンジでチンすると食べれるという便利さ。
























しかしながら、我が家はレンジではなく
鍋にお湯を沸かして、ちょっとの間茹でています。

レンジは便利だけどね、
レンジは使うけどね、
でも、必要最低限に使うようにしています。

さて、この枝豆、
ドイツでも大分知られるようになりました。
日本食のお店に行くと
メニューには
Edamame
と書かれています。

ほぉ〜!!

だけどね、小さいお椀に入って
5ユーロとか6ユーロとかします。

うちの夫の好物というのもあって
アジア食料品店に行くと冷凍枝豆を
買うようになりました。


ただね、最近、この町のアジア食料品店、
お休みしていまして、
お休みの間に足を運ぶ事2回、
やっとお店が開いた!から行ったら売り切れ・・・・。
どうも枝豆運最近ないわぁー。

今週の水曜日に入荷するって事なので、
きっと木曜日に行くのがいいかな。
間違っても水曜日の午前中は配達来てないのよ〜って
ありがちなので、慌てて行ってはいけません
と、自分に言い聞かせています。

さて、次に冷凍枝豆出会ったら、
大人買いするわよ〜〜!!




猛暑です、猛暑!!
ドイツの日中の気温が34度を超えています!!

・・・ん?どこかで聞いたタイトル??と思ったあなた、
鋭いわ!!
今日は「夏が怖い! ここでしか言えない事」の続編です。

さて、今日は
ドイツ人女性は脇のお毛々を剃らないという事を
前提にしたお話です。

私は月に2回程、子供達の通う学校の学食で
2時間半お手伝いをしています。

学食の食事は、
どこかの会社が作った料理を温めて出すのではなく、
ちゃんと料理しているのです。
サラダビュッフェがあるので、
私はよく、ニンジンやキュウリの皮むいて切ったり、
茹でジャガイモの皮むいたり
パプリカ切ったり、トマト切ったり、
そんなお手伝いをしています。

曜日や日にちが違うと
他にお手伝いやっているお母さんとは全く会う事ないので、
正確にはどのくらいの人数がいるのか
さっぱり見当がつきません。

そんな訳で、時々、それまで見た事ないお母さんが
ある日突然来たりという事もあるのです。

昨日は、今まで見た事ない、多分、始めたばかりかな?という
お母さんがいました。

手を動かしながら口も動かすという高度な技術をやってのけるお母さん方がほとんどで
私はいつもお喋りを聞きながら、右から左に話が流れて行くので
「あの人、いつも黙り込んでるよね・・・」って言われてるかも。

それはいいのですが、その新入りらしきお母さん
年の頃は私より年上??(顔の皺や張り具合で判断)のようでした。

学食で働くにあったって、エプロンは学食に準備されているのですが
服は白い服って決まっています。
ズボンやスカートは特にどうでもいいようです。
そのお母さんは、白い服ではありませんでした。

あ、それからね、髪の毛が落ちないように
頭には帽子をかぶるんですよ。
私は、学食に準備されている帽子が合わないので
マイ三角巾を持参しています。

その白い服を着ていなかった新入りらしきお母さんは
ノースリーブの服を着ていました。

ノースリーブ=脇がむき出し!!!

頭に帽子をかぶるのなら
脇にも何か毛が落下しないようなネットが必要なんじゃないんですか??

そのお母さんが作業して腕を動かすたびに
私は段々心配になって来ました。
毛が落ちるんじゃないか???って。

果たして、そのお母さんの脇に
ボウボウと生えていた物があったかどうかは
興味津々だったけど、
脇を広げている所は見れず仕舞いでしたので
真実は分かりません。

猛暑だからと言って、
食べ物関係で働く人には
なるべくノースリーブは着て欲しくないですよね。
ノースリーブ着るんだったら
脇にはガムテープか何か貼っておくってのはどうでしょうかね。

日本語なのでこうやって好き勝手書いていますけどね、
私のような体験をした、あるいは見た方っていらっしゃるのかしら?

夏も猛暑も早く過ぎ去って欲しいなと思う出来事でした。


・・・あ、ちなみに、今日は、学校の午後の授業は
暑すぎるからという理由でなくなったそうです。
週にたった二日の私の午後まで自由!な日が減りました。(T_T)





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

学校のお休みも2週間目に突入。
週末が終ったらまた学校再開です。
ああ、嬉しいわ。

さて、お休みを利用して
イタリアに旅行に行きました。

車で片道7時間かけて
ガルダ湖の街、シルミオーネに滞在しました。

12June2017-01

いつも観光客で賑わう旧市街。
シルミオーネは地図で言うと、
ガルダ湖の一番下あたりの突出した半島。

旧市街をずんずん進んで行くと、
半島の先端に出ます。

12June2017-02

ビーチ。

この日はお天気が良くて沢山の人が
ビーチにいました。

12June2017-03

水は結構冷たくて
私は足をつけただけ。
涼しくて気持ちが良かったです。

唯一、次男だけが水着を着て
ずんずん水の中に入って行きました。

去年はシルミオーネの街にほんの少しだけ来たのですが、
みたかった遺跡は見れず仕舞いでしたので、
今年はリベンジで戻って来ました。

12June2017-05

12June2017-06

一番太陽の高い時間に行ったので
歩くだけで汗だくでした。

でも、これが見たかったの。
満足しました。

イタリアは気候も植物もドイツとは大違い。
特に、シーフードは充実していました。

こちらも、大いに満足しました。(笑)


しかし、今回も行こうと予定していて
行けなかった街がありまして
またイタリア、戻って来るからね!!
ちゃんとそこに居てね!!!





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

暑い日が続いたかと思ったら
今朝はまた10度以下に気温が下がりました。
数日前に出した、夏用の室内履きも
今朝はまた冬用に戻りました。

今週からまた2週間、学校がお休みです。
Pfingstenferienと言いまして、何じゃよく分かりませんが
キリスト教関係のお休みです。

お休みになると、我が家だけではなく、
ご近所さんとか街全体に
どこかゆる~~~い雰囲気が漂っています。

季節もいいので、旅行に出かける家庭も多いようです。

私にとっても、お休み中は子供が家に帰って来る時間を
気にせずに友人知人と会ってゆっくりお喋りするいい機会です。

と言う訳で、昨日は、近くに住む日本人妻2人が我が家に
来てくれまして、一緒に朝ご飯を食べました。

06June2017-01

凄いでしょ?
食卓にずらずら~~~っと並んだご馳走。

日本の朝食なので、
ご飯
味噌汁
さばの燻製を焼き魚風にグリル
大根おろし
ジャガイモと揚げ豆腐とひじきの煮物
卵焼き
納豆
カブのお漬物
手作り梅干し

とまあとても豪華な朝食でした。
勿論、私が全部作った訳でなく
友人たちが色々持ち寄ってくれたお陰で
こんなに沢山の美味しい物を食べれる事が出来ました。

時間もね、遅い朝食?早目のお昼?で
食べて喋って喋って食べて喋って喋って・・・・と
昨日は口もさぞかし鍛えられたはず(笑)。

06June2017-03


お顔は公開出来ませんが
こんな友人の美味しそうに食べている姿を見たら
朝食会を企画した甲斐もあったってものです。

朝食でお腹一杯!!と言いつつも
甘い物は別腹よね、と、
デザートも楽しみました。

06June2017-02

手作りの抹茶水ようかんと手作りマカロンです。


数日前にマカロン作りに凝った日がありまして、
これは、ちょっとコツがつかめたかな?って
なかなか上手に焼けたマカロンです。

02June2017-02


甘いし、カロリーもかなりあるので、
マカロンは少しずつ食べて楽しむものなのです。

うちの子供達には
必ず数の制限を言い渡してから出さないと
あっと言う間に全部食べられてしまいますし。

また時間が出来たら、マカロン作りやってみよう~~!!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



夏です、夏!!
雷雨も来なかったし、
涼しくもなりませんでした。

天気予報、あてにならない・・・・。

太陽に当たると、頭痛が出る事が多いので
家に閉じこもっています。

さて、夏になると
怖いものがあります。

お化けとかじゃないですよ。

怖い・・・、正確に言うと
見るのが怖い物を頻繁に見るようになるのです。

今、ヨガに週一で行ってるんですけどね、
ヨガの先生、夏になって(夏にならなくてもか)
ノースリーブを着て来るようになったのですが、
脇の下から、ボウボウと生えた物体が見えます。

ヨガの先生、茶色い髪で目がくるっとしていて
結構可愛らしい(と言っても年は私と同じくらい???)顔をしているのです。

それなのに、脇の下から、ボウボウはどうなのだろう・・・・・。

ドイツでは女性でも脇の毛を剃らないのは普通です。
だからドイツ的には別に大騒ぎする事じゃないです。

日本だったら、そういう女性がいたら
「信じられない!!人格を疑う!!」って
言葉には出しませんが、ドン引きして
イメージ台無し、今までのいい印象が
コロッとマイナスイメージになってしまうくらい
とても大事なんですよね。
脇をお手入れするって。

でもね、ヨガの先生だけじゃないんですよ。
この頃は、脇のお手入れしている女性も
まあまあ増えましたけどね、
そういうのは若い女性かな。

オバチャンとかオバアチャンは
ドイツの昔ながらの風習に従っていますよ。

私の義理の姉なんかもね、
夏にノースリーブ着てるでしょ、
暑い暑いって言って、木陰に行って
くつろいでいる時に、
爽やかな風が吹いて来て
脇の物体がひらひらひら・・・・・ってなびくんです。

ああ、おぞましい記憶が蘇って来ました。

ごめんなさい、今回のトピックは決して
聞いてて心地の良いものではないのですが、
どうしても、どこかに吐き出したくて、
こうして、書いています。
ドン引きしちゃいましたか?

怖い怖い季節が始まりました。
私はなるべく、女性の脇には目をやらない事にしています。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ