金木犀日記

日々の喜怒哀楽を徒然なるままに綴ります

日本からドイツの自宅に無事に戻って
早一週間が過ぎようとしています。
えー、もう一週間!!
時間が経つのは早いですねー。

日本では10日間という短い期間でしたが、
一分一秒も惜しむことなく、楽しんで来ました。

久し振りに友達や昔の仲間と会えて
喋って笑って・・・・充実した毎日でした。

滞在していたホテル。

20April2017-02

途中で一回ホテルを変えたので、
これは後で泊まったホテル。

都会のど真ん中でかなりいい立地です。
お部屋も広くて、快適でした。


20April2017-03

13階のお部屋でした。
お部屋からの眺め。

すぐ近くは都会なんだけど、
ちょっと遠くを見渡すと
山が見えます。

反対側には、ちょっと距離はあるけど
海もある。

都会でありながら、海も山も近い、
これが福岡なんだよねー。



20April2017-04

このホテルの素晴らしいところは、
福岡市天神の地下街と繋がっていて、
天神地区のほぼすべてのデパートや
ショッピングビルと繋がっているので
雨の日でも傘をささずに買い物や
食事だって済ませられるのです。


また何度でも泊まりたいホテルでした。

そして、福岡を発つ前日のお昼に食べたのは

20April2017-01

とんこつラーメン。
と、餃子、も。
(餃子の写真はありません)

ああ、美味しかったわ~。
やっぱり本場のとんこつラーメンは美味しいねぇ~~。
って息子と味わいながら食べた最後のランチでした。

そうそう、餃子も美味しかったけど、
このくらいなら自分で作った餃子だって負けないわ、
って思いました。
お店の餃子は中身がちょっとスカッとしてて、
あっと言う間に食べちゃうけど
これじゃ全然満腹にはならないわ。

・・・と、ドイツ化した胃袋がつぶやいていました。

時差ボケも解消したはずなんだけど、
この頃、9時になると瞼が重くて
9時過ぎにはベッドに入っています。
昨日は、時差ボケはないはずの夫も
9時に眠いと寝ていました。
(ただの疲れでしょう)

福岡では上着も必要ないくらい
暖かったけど、
ドイツに戻って冬に逆戻りしたかのよう。
毎日まだ寒いです。
まあ、ドイツはそう簡単には暖かくなってくれませんからね。

もうすぐ5月なので、いきなり夏日!!になるのも
時間の問題かな。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今日から日本に里帰りします。

ほんの10日間なのであっと言う間でしょう。

フライトは夜なので、まだ荷造りも終わっていません。
朝から洗濯機回しているし・・・。

夫が家に残るので、まあ、洗濯なんてどうでもいいのですが、
夫は洗濯が出来ないと言い張るもので、困ったものです。
「何でも、Expressモードで洗ったら20分で終わるからそれでいいのよ!」
夫の服はどうなってもいいと思っている妻です。

フライトは夜なので、お昼もまだ料理するんですよ。
外で食べれば楽だけど、これからしばらくの間
外食続きになるので、今日はバタバタ覚悟ですけど
家で食べておいた方がいいかなって思いました。

06April2017-01


これは先日、キャベツ消費で作ったお好み焼き。
お好み焼きは、あのソースの味で何とでも誤魔化せます(笑)。
あ、家の家族は、ですよ。
美味しい、美味しいって食べるんですよ。

残った一枚は、私が不在中の夫のご飯として冷凍しています。

あらかじめ、解凍してからレンジにかけてね、って言ったのですが
さて、どれくらい分かったかな??

日本に帰るのは4年振りです。
興奮状態です!!

さて、残りの家事もさささっと済ませるか!!


では、皆さん、行って来ます~!!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

カレーは我が家の人気メニューのひとつ。
最近よく作るのは、インド風カレー。

多分、本格的インドカレーとは違うと思うので
「インド風カレー」です!(笑)


























これは2日目のカレーなので
あまり具が残っていませんが、
チキンとキノコを入れました。

ご飯がすごい大盛りなんですけど。
この日はジャスミンライスを炊きました。
ジャスミンライスは軽くて、
何杯でも入っちゃうのです。

カレーですが、最初に玉ねぎと人参を炒めて
カレー粉やらカレーペーストやら炒めて
それを鶏ガラスープで煮て、
ブレンダーでピュレにします。
その後、あらかじめ炒めておいた
鶏肉とキノコを入れて煮て、味を整えて、
と、あまり時間もかからず
小麦粉を入れていないので
胃にもたれません。

何と言っても、材料費が安くつくのは助かりますね。

日本のカレールウはドイツでは高級品ですから。

適当に作っていますが、
スパイスのきいたカレーは美味しいですよ!
皆さんも、創作インド風カレー作ってみませんか?


春のお彼岸ですね。
先日は春分の日でした。
春分の日は昼と夜の長さがほぼ同じって事で、
あの世とこの世の距離が一番近くなる時期なんだそうです。
私のご先祖さま達、こっちの世界を覗いていらっしゃるかしら??

春分の日とかお彼岸とか気付く前に
「明日は餡子を作りたい気分!」と
小豆を一晩水に浸けて準備していました。
小豆は浸水する必要ないって言われますけど、
こうする方が、均等に柔らかくゆであがるので、
余裕がある時にやってみて下さい。

でね、どうせ餡子作るなら
デーツ餡子を作ってみよう!って思いまして
作ってみました。

作り方は普通の餡子を作るのとまったく同じです。
小豆が柔らかくなったら、
細かく切ったデーツを加えて煮るだけです。

20Maerz2017-02

デーツは小腹が空いて甘い物が食べたい~~~時のおやつ代わりです。

20Maerz2017-01

デーツの量は適当。
味見しながらちょっと足しました。

デーツの粒々が気になったので
ブレンダーで細かくしました。

見かけは普通の餡子です。
味も普通の餡子とほぼ同じ、ただ、かすかに
デーツの酸味を感じます。
それから、砂糖を使った時のあの甘い後味が
口の中に残りません。
食べた後はスッキリした感じです。


餡子って砂糖がなくても作れるんだ―!!
ってちょっと感動です。


餡子を作った後に、春のお彼岸の時期だと気付いて
「ぼたもち作ろう!」とクックパッドのレシピなどを参考にしつつ、
作ったのがこちら。

21Maerz2017-02

形が悪くてすみません。
なんだか美味しくなさそうですよね。

何せ初めて作ったので、
アタフタしました。

小さい頃はぼたもちなんか美味しくなかったのに
今は自分で作るくらい和菓子が大好きになりました。
やっぱり、年齢のなせる業かな・・・。

22Maerz2017-01

美味しいぼたもち。
罪悪感も少ないぼたもち。

今のこの時期にぼたもちを作る気になったのは
ドイツにはるばるご先祖様が来てくれたんだろうな~。

もしかして、ジーナも来たかな??

ご先祖様、いっぱい食べてって!!
ジーナも食べたかったらお食べ!!
私ひとりじゃ食べきれないのよ~~!!!

・・・・と、ふと、そんなことを思った春のお彼岸の日の午後でした。






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



私の記録の為に残しておこうと思いまして、
「お隣さん」というカテゴリーを作りました。

我が家は両隣をお隣さんに囲まれていますが、
東側のお隣さんってよく物を借りに来ます。

お隣さんとのお付き合いの程度は、
これは東側も西側も似たような感じですが、

挨拶する、
お互いの家族構成を知っている、
時々、旅行などで留守にする時は
郵便物をお願いする、
時々、立ち話する。

と、まあ、近すぎず、遠すぎずの感じです。

ただし、「一緒にグリルしましょう」って毎年夏になると
話が出るけど、実現した試しはありません。

さて、東側のお隣さんは
時々、物を借りに来る事があります。

来るのは大体日曜日が多くて、
ピンポーンと呼び鈴を鳴らすのは旦那様。

今まで借りに来たものは

卵2個→シュニッツェル(カツレツ)作るから
小麦粉150グラムくらいだったかな?→パンケーキ作るから
チーズ→ピザ作るから
脂肪分3.5%の牛乳→子供の離乳食を作るから

それから、この頃、ないなーと思っていたら
本日、お昼くらいに呼び鈴がなりまして

「炭酸入りの水ない??」ですって。

炭酸入りの水ならうちは毎日飲んでいるもので
いつも土曜日に夫が買いに行きますので
勿論常備しています。
というか、常備してなかったら、大変!!!なので、
水を借りに来る事自体、最初は頭が理解しなかった。

きっと、お隣さんは炭酸水は飲まないのかな。
珍しいけど、そういうお家もありますからね。

で、何を作るのかと言えば、パンケーキですって。

いえ、炭酸水あった方がふわっと焼きあがりそうですけど、
炭酸水でなくても、普通の水道の水でも充分いけますよ。
ベーキングパウダーとか入れたらいいんじゃない??とか思っちゃうんですけどね。

借りに来るのは大体日曜日が多いんですけど、
何度か平日の夕方もありました。
その時は、「脂肪分3.5%の牛乳」だったかな。
「スーパーまだ開いてるよ」って言いたかったけど、
まあ、家に買いだめしていたから牛乳の一本、差し上げましたよ。

それから、「パイナップルの缶詰ない?」って時もありました。
普通、パイナップルの缶詰は我が家には常備していませんので、
あの後、パイナップル缶詰探しの旅に出たのかどうかは分からず仕舞いです。

一度だけ、ピザ用チーズを借りに来た時、
開けていないチーズを袋ごと提供したことがありまして、
その時だけは後日、奥様が同じものを買って
返してくれましたけど、
基本的に、貸したものは帰って来ませんし、
後日、お礼にってチョコレートの一枚も貰った事はありません。

ま、いいんです、お隣さんだし、
何かあった時はお互い助け合いましょうって思っているし。

むしろ、次はどんな無理難題あるいは奇妙な物を借りに来るのかな?って
密かに楽しみにしている私が居たりして。

でも、このよく物を借りに来るお隣さんは
今、お家を建てているそうなので、
今年の終わりか来年くらいには引っ越して行っちゃうみたいです。

引っ越し先が歩いて5分くらいのところなので、
もしかして、引っ越ししてもまだ家に物を借りに来る事もあるかも!!??


あと何回くらいお隣さんシリーズが書けるか楽しみです。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






このページのトップヘ