May 15, 2007

ブログ移転します

表題の通り、こちらのブログを移転します。

過去の記事はこのままに、
今後の投稿は新ブログに綴ります。

ブックマークしてくださっている方は、
URLの変更を宜しくお願いします。

新ブログURLは
http://ameblo.jp/nayumiblog/
です。

それでは!

roses71 at 23:53|Permalinkclip!Other 

May 14, 2007

母の日だよ、全員集合!

昨日は母の日でしたね。

太郎と私の二人で、夫の両親の家へ遊びに行きました。

夫の両親宅には、義姉二人が遊びに来ていました。
歩けるようになった太郎は、彼女たちに「あんよ」を上手に披露。
昼食をとり、その後太郎は、お花が咲きほこる庭へ進出。

そこで、やってしまったんです。

鳥が羽を休めたり水を飲んだりする
バードバスに手をつっこみ、
中に敷かれた小石を全部放り投げ、
溜まった泥水をぴちゃぴちゃぴちゃ・・・。
本人が満足するだけ遊んだ頃には、
泥水を浴びて、全身まっくろけ。
義姉にすぐさまお風呂に連れて行かれ、
さっぱりして出てきました。

泥を浴びながら遊ぶ太郎は、
「きゃっきゃきゃっきゃ」言いながら満面の笑み。
無心で泥まみれになることのできる子どもの心、
少しうらやましくも思いました。

私には、嬉しいプレゼントがありました。
庭いじり好きの義父に連れられて
ホームセンターへ行き、
イタリアンパセリの苗を買ってもらいました。
ハーブのあふれる夫の両親の庭を目指して、
まずはイタリアンパセリを無事大きく育てられるよう
ガンバリマス!といっても義父に
土をしっかり作ってもらい、鉢に植え替えてもらったので
私がやることは水やりくらいかな。。。

paseri













仕事を終えて夫も駆けつけ、
義母のために夕食を二人で作りました。
夫の両親は外食を滅多にしないので
毎食毎食、義母が食事の用意をするのです。
だから母の日くらい楽してもらおうと思って作り始めたのでした。

優秀な助手のおかげでなんとか完成!

塩蔵クラゲの洗い方が足りなくてしょっぱすぎたりと
失敗もしたけれど、喜んでもらえたのでよかったです。
プレゼントは、普段にも使ってもらえるような
小さなポーチにしました。

夫も駆けつけたことで、普段別々に住んでいる
兄弟3人全員が集まりました。
義母は、家族に囲まれてとても幸せそうでした。

私も、子どもに「母の日には自宅に帰るのよ」と教育しよう、
じゃなくて
そんな慕われる母になれればいいなあ、と思ったのでした☆

roses71 at 19:40|Permalinkclip!Diary 

May 07, 2007

笠間でジョン・レノン

今年のゴールデンウィークは、連休が前半と後半に分かれたせいか、
あるいはまだまだ国民にとって好景気とはいえないのか、
連休中の行き先では「安近短」つまり
「安い近い短い」行き先が人気を集めたそう。

我が家も同じく、連休中は安近短で外出しました(●´ω`●)
連休後半のメインの安近短は、茨城県笠間市。
笠間市は「笠間焼」で有名な陶器の産地。

陶器とは関係ありませんが、
私が大のビートルズファンなので

笠間日動美術館で行われていた、

ジョン・レノン
IN NEW YORK CITY
ボブ・グルーエン写真展


に連れて行ってもらいました。

午前中は、美術館の前にちょっと寄り道。
笠間芸術の森公園で開催されていた

第26回 陶炎祭(ひまつり)へ。

ちょっと寄ったつもりが、さすが県下でもっとも賑わうイベント。
あまりの人手のため臨時駐車場からイベント会場まで、
炎天下15分くらい歩く羽目に。
しかもベビーカーを忘れたため(致命的)
夫が終始太郎を抱っこ。

kasamamatsuri








会場では、まずお弁当を食べ、
それから我が家で使うサラダ用のお皿を求めて
公園内に所狭しと並ぶ陶芸家、窯元、地元販売店の
お店をまわりました。
陶器を見る目のない私たちは、いろいろお店を見て回ったあげく
インスピレーションで(;´Д`)
白いお皿を買い求めました☆

その後、本来の目的地
笠間日動美術館へ車で移動。
こちらは、意外にすいていました。

ビートルズ解散後、アメリカに渡ったジョン・レノンの写真を、
アメリカの著名な写真家ボブ・グルーエンが専属カメラマンとして撮影。
それらをまとめて出版した写真集「SOMETIME IN NEW YORK CITY」。
今回は、その中から厳選された100点の写真を中心に展示されていました。

スタジオで、妻のヨーコ・オノとくつろぐジョン。
自宅前でポーズを撮るジョン。
自由の女神の前で「KEEP OF GRASS」と書かれた看板の横に立つジョン。
息子・ショーンを愛おしそうに抱くジョン。
アンディ・ウォーホルやエルトン・ジョン等と交友するジョン。
写真展の最後は、銃殺されたジョンを惜しむファンの群れ。

ジョンとヨーコがアメリカで過ごした時代。
その時代の音楽活動・思想・生活が伝わってくる写真たちばかりでした。
彼らの友人として写真を撮ることの出来た
ボブ・グルーエンだからこそとれたショットだと思います。

「美術館、女体ドアノブ」
door









「美術館カフェにて」
cafe









常設展示もちょっぴり拝見して、
帰途につきました。
往路とは違う道を通ったら、なぜか
筑波山の峠まで上るコースに。。。
夫の「攻め」の運転にびくびくしながら
無事我が家へたどり着きました。

いまなお、写真展の余韻がおさまらず。
そして今、私の中でジョン・レノン&ビートルズ熱が再燃しています。


roses71 at 16:17|Permalinkclip!Diary 

May 02, 2007

ポニー

G.W.前半に主人が休みをもらったので、
1泊2日で彼の両親の家に帰りました。

月曜日の午前中には、江戸川区の施設
篠崎ポニーランドへ。
江戸川の河川敷で馬車とポニー乗馬が楽しめるとあって、
家族連れでごった返していました。

horse







行列待ちのすえようやく馬車に乗りました!
12人乗り程で、一頭立ての馬車。
ポニーやサラブレッドとは違い、
非常に体格のがっしりした馬がひいてくれました。
乗り心地は、なんともいえないやさしい揺れ具合がGOOD。
太郎は、馬に乗っているとは知らず、隣に座った女の子に興味津々。。。

馬車のあとは、江戸川の河原で涼しい風を感じながらお散歩。
太郎も一人でテクテク上手に歩きます。
しかし、木の棒や石ころ、野の花など気になるものがあると
座り込んで遊びが始まるので、なかなか前に進みません。
でも、外遊びができる月齢になったんだなぁ、と
しみじみ息子の成長を感じます。

急斜面の土手をのぼったりおりたり、
暑い中よく運動したせいで、
太郎はじめ夫も私も昼前にグロッキー。
特に夫は、普段太陽の下で過ごさないので
ギラギラ太陽に照らされて相当疲れたようです。

皆様も、たまにはお日様のしたで
めいっぱい体を動かしてみてくださいね。


roses71 at 16:50|Permalinkclip!Diary 

April 23, 2007

霞ヶ浦総合公園

日曜日、といえば家族でお出かけ。
というのが最近我が家の恒例となっていますが
昨日はてるてるぼうずさんにオススメしていただいた
チューリップを見に、霞ヶ浦総合公園へ行きました。

霞ヶ浦湖畔にあるこの公園には
体育館やプール(夏期)、テニスコートなど
レジャー施設が充実していました。

さて、目的のチューリップはまだ咲いているかな???と
おそるおそる探すと、ありました!
オランダ風車の足下に色とりどりのチューリップが。
満開を過ぎて、120%開いてます!という咲き具合でしたが、
ぎりぎり間に合ってよかったです。

風車は、残念ながら回っていませんでした。
結構強い風が吹いていたのですが。
実はまわらないのかな?



fusha














太郎も、元気に歩きながらいろいろなものを見ていました。
霞ヶ浦のゆら〜りとした水面。
走り回るお兄ちゃんやお姉ちゃん。
湖畔のまわる水車。


私は夫から聞いて初めて知ったのですが、
世界で初めて飛行船による世界一周を成し遂げた
ドイツの大型飛行船ツェッペリン伯号が世界一周の途中で、
1929年、日本ではこの霞ヶ浦の海軍駐屯地に降り立ったそうです。
ツェッペリン号を模して(?)作られた遊具↓


Zeppelin2









お外でたくさん動きまわったので、
太郎は夕食のあとすぐに「パタっ」と寝てしまいました。
よほど疲れたんでしょうね!

roses71 at 17:05|Permalinkclip!

メロンパン

今日は、午後時間があったので
太郎が昼寝をしている隙に
メロンパンをつくりました。

パンの上にかぶせるクッキー生地用の砂糖の量を
間違って半量以下にしてしまいましたが、
意外にあっさりとして美味しかったです。

パンの焼けるいい香りに誘われて
眠りから覚めた太郎↓

melon

roses71 at 16:15|Permalinkclip!Food 

April 10, 2007

新・地図記号

「老人ホーム」と「風車」の地図記号
このふたつが、2006年に誕生していたんですね。
地図記号って、時代とともに変化するものなんだ!
そんな基本的なことに衝撃を受けました。

なぜこのことを知ったかというと・・・。

週休0日で仕事帰りの夫の尻をたたいて、
日曜の午後につくば市の「地図と測量の科学館」へ。
名前からして、地味でおもしろくないんだろうと
あまり期待せずに行きましたが、予想外!に楽しめました。
国土地理院の横にあり、巨大パラボラアンテナが目印です。

屋外には、通称パラボラアンテナ、正式名称「VLBI」という大きなアンテナがあり、まるで空に向かって口を広げているようです。「VLBI」は、国際VLBI事業参加国の17カ国に設置されており、はるか宇宙の彼方から発信された電波をキャッチし、アンテナごとの受信時刻の差を利用して、アンテナの3次元的な位置関係を把握するそうです。

antena













また、直径約22メートルの球体日本列島地図があり、「つくば市」や「じぶんの生まれた市」を探したりしました。電車の駅まで書いてある、非常に緻密な地図で、驚きました。

earth







入館してまず目につくのが、「地図記号分かるかな?」体験。
パネルの表に地図記号が書いてあってその意味が裏に書いてある
というもの。夫と一緒に、小学生の頃必死で覚えたはずの
地図記号を思い出しながらやりましたが、
私はほとんど忘れていてショックでした。
また、2006年に、小中学生からの公募で「老人ホーム」と「風車」の
地図記号が誕生したそうです。
これからも、どんどん新しい記号が増えていくのでしょうね。

屋内の常設展示も充実しており、楽しめました。
測量術が、古代から進歩していることを知りました。
はじめはもちろん自分で歩いて測る。
やがては航空機を用いるようになり、
現在ではは宇宙から地球を測るようになったということです。

なんといっても、入館料無料なのがGOOD。
売店も、マニアックな地図でいっぱいでした。

太郎が地図に興味を示した頃、また来たいと思います。

roses71 at 15:09|Permalinkclip!Diary 

April 05, 2007

初誕生

つくばでは桜が満開を過ぎた頃。

太郎が1歳の誕生日=初誕生を迎えました。

1年前、あの地獄の陣痛を経て生まれた我が子が
大きな病気もせずにここまで大きくなりました。
私にとっては、親として初めて味わう喜びです。

1年で身長が24センチ伸びて75センチに、
体重は約5,500グラム増えて9キロになりました。
歯も上下合わせて8本生えています。

今日は、バースデーケーキを焼きました。
太郎は生クリームを除いて、
スポンジだけを美味しそうに食べました。

birthday








また、立ちもちを踏ませて(背負わせる習慣のところも多いそうです)

mochihumi













これまでの1年に感謝し、
今後の健やかな成長をお祈りしました。

太郎は、ここのところ「パパ」「ママ」と言ったり
一人で立って2,3歩歩けるようになりました。
なんだか春になって成長が加速してきたみたいです。

今日は、私の携帯には「太郎くん誕生日おめでとう」
メールがたくさん届き(ありがとうございました!)
夫や私の誕生日よりよっぽどその数が多いので
二人して焼き餅を焼いていたのでした。

誕生日おめでとう、太郎!

roses71 at 12:34|Permalinkclip!Taro 

March 22, 2007

お彼岸

20日の夜から21日にかけて、主人の両親の家に行ってきました。
21日はお彼岸の中日だったので、お墓参りをするためです。
結婚してはじめて、親族が集まっての墓参りに参加しました。

21日朝、伯父伯母のいえに親族が集まり、全員でお墓参りに向かいました。
お線香を先祖の墓、地蔵、無縁仏などに手向けつつ歩いてまわりました。
私自身仏教徒ではないので、自分の先祖だけではなく、
他の仏様にもお祈りするという感覚が新鮮でした。
太郎も、線香の煙にまかれながらお祈りしてまわり、
特に、赤いよだれかけ(!?)をしたお地蔵さまに興味を示していました。

墓参りの後は、伯父伯母のいえで恒例の宴会。
美味しいワインを片手に、皆上機嫌でわいわいやりました。

私の実家では、彼岸の墓参りはひっそりと私の母がすませてくるので
こうして親族集まるのはとても楽しいなぁ、と思ったのでした。

帰り際に、主人の母が「のだめカンタービレ」の漫画を持たせてくれたおかげで
主人はうちへ戻ってきてから夜中までかけて読み通していましたとさ。

roses71 at 15:12|Permalinkclip!Diary 

March 19, 2007

男の手料理&公園

この週末は、友人たちとゆっくり過ごした週末でした。

土曜日には、大学オケの同級生・チェロのレノ君邸にて
手料理をごちそうになりました。
彼は知る人ぞ知る料理人なので、以前から一度
お相伴にあずかりたいと思っていたのです。
主人は仕事だったので、まずは太郎と二人で
先に乗り込んでお料理の技を盗みつつ。

メニューは、彼いわく「適当洋食」。
・野菜のグリル トマトソース添え
・スペアリブのソテー 温野菜添え
・アサリの白ワイン蒸し
・クレームブリュレ
でした。

同い年の男の子が
こんなおしゃれなものを作るなんて、
それだけでも驚きなのに
料理のお味も、本当に思わずうなってしまうほど。
特に、トマトソースがクリーミーでしかも少し酸っぱくて
彼オリジナルの味らしく、とても美味しかったです。

↓クレームブリュレのカラメル作り

creme









途中、私が宴を抜けて主人を迎えに行った間、
レノ君とk-dash君が太郎を見ていてくれました。
30分ほど大泣きしていたそうですが
レノ君が英語で話し掛けながらフランスパンを食べさせると
泣きやんだそう。
宴の終わりには、二人はもうすっかりうち解けて
仲良くじゃれあっており、ほほえましかったです。


↓日本酒の瓶を気に入って振り回す太郎。

sake













彼はこの春就職。
遠くサウジアラビアでの勤務とのこと。
文化や生活様式の全く異なる世界で
新たなスタートを切り、ますます活躍してほしいものです。

*****************************

日曜はめずらしく主人がお休みだったので
家族で公園へお散歩。

太郎は、この日初めて靴を履きました。
2週間ほど前から、うちの中で1,2歩歩けるようになったので
ちょっと履かせてみたのです。
しかし、公園では座ったまま、立とうともしませんでした。
「足の先が重い!」と思ったのでしょうか。

↓座ったままの太郎

ninomiyakoen








午後には、主人の大学の友人I君が遊びに来てくれました。
Ty社のブタのぬいぐるみを太郎にプレゼント!
なんとアメリカから直輸入してくれたんです。
太郎は、振り回して舐めて喜んでいます。

pig














何もおもてなしするものがなかったので
前日にレノ君にもらったオーブン・ヘルシオを使って
ロールケーキを焼きました。
焼きたては食感がふわふわで、味もまあまあでした。

I君は、お母様が絵本を読み聞かせてくれたおかげで
本を好きになったそう。
私も、太郎に本の魅力を伝えてあげたいと思います。

夕食も一緒に食べて
たくさんおしゃべりして
楽しい日曜日は過ぎました。

よくしゃべった週末、でした。

roses71 at 15:08|Permalinkclip!Diary