2005年04月15日

文化って何だ。

Gallop誌上で「競馬の文化的な側面を伝えたい」などと大層なことを言ってしまったはいいものの、果たして何をどう言おうかは迷うところ。まず「文化的な側面」と自ら言っている辺り、競馬の文化面は「側面」でしかないのかというお叱りも受けそうなわけですが。その前に「競馬は文化なのか?」とか「そもそも文化って何?」という疑問も湧き上がることだろうと。


今日、大学の講義で招かれた方(科学ジャーナリストらしいよ)が言っていたのですよ。

「文化とは、個々の生活を豊かにするためのものである」と。そして、日本においては「技術」の様に普遍的なものではなく、ある特定の個人の生活を豊かにするものでなくては「文化」として評価されない可能性があると。

これは、ある有名な技術者が文化勲章を受ける時に「技術者が文化勲章を受けていいのか?」という話題が持ち上がったらしく、その時に考えたことだとおっしゃっていました。これはひとえに「技術」に対する日本の関心の薄さ、全くもって技術に敬意を払わないという傲慢さ、そして、一般の人々と研究者と言われる人々が乖離しているというのを如実に表していることであると私は考えているのでありますが(私というか、それに近いことを講演された方はおっしゃっていました、但しもっと穏やかな言葉で)、しかしこれは「評価の違い」によるものだと言えなくもないわけです。

そして「文化」が「個人」を対象にするものであるならば「技術」はそれと違い、例えばその「技術」の恩恵は日本全国で普遍的に受けるものであることからして「技術」は「文化」の範疇にないのではなかろうかと、そういった解釈もできるということであるのではないでしょうかとおっしゃっていたような。少なくとも、私はそう受け取りました。



さて、ここからが本題。

「競馬」は「文化」であるか否か。

この命題自体、私の様な者が口にすることすら恐れ多いと私は思っているわけですが、言わないと何もはじまらないので言っちゃう。私は自分自身の意見を書くことにまったく自身を持っていないので、ちょっとびくびくしているわけですが。

近代競馬の祖と言われる英国の場合、競馬の始まりというのは貴族同士の暇潰しという側面が大きかったことは間違いないのでしょう。どちらがより強い(速い)競走馬を所有しているのか、そして、その素晴らしい競走馬を武器として、時の権力者(例外無く競馬好き)からの庇護を受けるといった狙いもあったのでしょうが、とにかく競馬のはじまりは「個人の楽しみ」だったわけです。その名残として、英国の競馬場は観客に大変優しくない造りをしています。この点からも、競馬は基本的に「オーナーが見せる」ものではなく「観客が勝手に観に行く」ものである、つまり、成り立ち自体が大衆娯楽とは程遠い存在であるということが明らかであります。そして「極一部の限られた人達によるサークル」が「ジョッキークラブ」であったように、極々限られたメンバー(すなわち上流階級)のアイデンティティーだったこともまた明らかでありますし、現在に至ってもなお「オーナー個人の楽しみ」としての競馬が旧態依然として行われていることは明白でしょう。

対照的に、日本における競馬とは「馬匹改良」というのが大義名分だったとはいえ「大衆娯楽」という面が強かったのではないかと考えられます。誰か一人の人間が先導していたわけでもなく、大衆の大衆による文化としての発展こそが、日本競馬の成り立ちでもあり、それこそが今日の競馬産業の隆盛を説明するのに最も適当なのではないかと考えます。「日本ではオーナーの目立てる場所が少ない」といったぼやきを何かで読んだ気がするのですが、それは日本特有のものであるというよりも、日本の競馬がそういった成り立ちであるがゆえに、いつまでも解消されない気さえします。これこそ日本のお家芸である「没個性(オーナーのね)」であると言うべきなのかもしれません。しかし、この徹底した「競馬の大衆化」や「感情の共有」こそが、停滞する欧州の競馬産業(主にここでは馬券売り上げ)とは違い、世界に類を見ない程の興行収入を得ている要因であるとも言えましょう。

この2つを比べてみると、はっきりしてくるのが「個人」か「大衆」かということなのです。もうおわかりだとは思うのですが、日本では「個人の楽しみ」に属するものが「文化」として認められるものであり、逆に「大衆への普遍的な楽しみの提供」という位置にある「競馬」は、いつまで経っても「文化」としての社会的認識を得られないのではないか、ということです。元々「ギャンブル」という要素が絡んでいるだけに「文化」とは認められがたいのかもしれない、ということは何度も書いたかもしれませんが、それに続く新たな考察として、こういった考え方を提起してみました。

ということで、まとまりがありませんが、こんなところで。駄文でごめんなさい。

by ろぜ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rosettastonejp/18963482
この記事へのトラックバック
大阪大学競馬推進委員会:文化って何だ。  とても面白い内容だと思う。特にいえるこ...
競馬との衝突【光ってるlog】at 2005年04月15日 19:55
この記事へのコメント
【競馬の文化的側面】ってのを、イギリスの馬文化と競馬の・・・とか、ダービー卿とナントカ卿がコインゲームをして・・・みたいな競馬の文化史のようなことだと勝手に脳内解釈してました(^^; 既知の、どころか日本の競馬が文化か否かなんて考えたこともなかったです。というか文化でないと疑問を抱いたことすらありませんでした。

で、少し考えてみて、やはり僕は競馬は文化だと思います。
ろぜさんの仰るように文化というものを
>「個人の楽しみ」に属するものが「文化」として認められる
とするなら、競馬は個人の楽しみだと思います。大衆娯楽というものは個人の娯楽の総合だと思うからです。それに残念なことに競馬の楽しさが、人によっては、普遍的でないということがあります。僕の友人の内数人は、オペラオーが活躍した頃、『面白くなくなった』と言って自分の意思で競馬から去っていきました。
<続く>
Posted by SAMM at 2005年04月15日 19:57
成り立ちはともかくとして、現状、競馬は「個人の楽しみの総合」=「文化」というように僕は考えます。

あと、技術が文化かどうかは分からないけど、技術がなんらかの文化を支えているのは疑いようのないことだと思います。競馬を支える技術、それはサラブレッドだと思います。

蛇足になりますが、僕個人としては文化というものは、読んで字の如く、『文になること』だと思っていますw競馬関係の書籍は数多く発行されていますし、ろぜさんをはじめ、多くの方が競馬関連のblogを書いているということで、競馬は立派な文化だと思います。


恐ろしくまとまりのない文章でスミマセンm(__)m
思ったことを書き連ねただけなので、底の浅い部分が大有りだと思いますが、ご容赦をw

動画を集め始めたのですか!また会える日が本当に楽しみです!!
Posted by SAMM at 2005年04月15日 19:57
文化かどうかはというのは、人によって違うんでしょうねぇ。今は頭が働いていないので、あんまり難しいことは書けないですけど・・・。

ただ「競馬が楽しくなくなった」というのはちょっとさびしいですねぇ。

動画はマンノウォーのレースとか、なぜか手に入りました(笑)。
Posted by ろぜ at 2005年04月16日 15:20
難しいですよねorz競馬でも似たようなことをよく感じます。『この馬は瞬発力がある』『いや、ない』とか… ちょっと違うかなw

競馬をやめた友人達と話をするときに、彼らが好きだったタイキシャトルとかスペシャルウィークの話をすると、今でも楽しそうに応じてくれます。いつか競馬に戻って来てくれるんじゃないかと、希望的観測を抱いています。

”Big Red”ですね!!
シービスケットのお祖父ちゃんかぁ…一世紀近く昔の映像がよく手に入りましたね〜、スゴイ☆観たい★
Posted by SAMM at 2005年04月17日 01:49
面白くなくなった競馬に責任が、と言われると、それはどうなんだろうかとは思う(私は基本的にいつでも面白いので)のですが、今は少し離れているだけでしょうね(笑)。確かにここ最近で一番盛り上がったのは1998〜99年辺りでしょうねぇ。あれは凄かったなぁ。
Posted by ろぜ at 2005年04月17日 02:13
競馬が盛り下がった原因は、ギャンブルが敬遠されているのにギャンブル性ばかり強調しまくった競馬マスコミなのではないかと思う。思えば、オグリブーム(あったねぇ)の頃なんかは、あまりギャンブル性を強調せずに競馬を盛り上げたいい例だと思う。たとえ一過性のものであっても、ギャンブルから切り離した扱われ方をした方が、少なくとも一般人にはウケがいいのに。

競馬マスコミって、なんであそこまでギャンブル性を強調したがるのかねぇ・・・。あと、如何わしいホース○ン会議に出資してるんじゃねーよ○刊スポーツ!!
素人に毛が生えたような奴が馬柱の中にいる大阪○刊スポーツの競馬面・・・。
Posted by こっくりさん板 at 2005年04月17日 10:27
オグリブームですかぁ。私はその時競馬を知らなかったわけですが、ハイセイコーの時と比べると、女性が多かったということも聞きますねぇ。古くからの競馬ファンにとって、その現象がいいものだったのか、目障りだったのかということはわかりませんが、少なくともそれで競馬を好きになっていった人というのは結構な数がいるんでしょうねぇ。感動を誘うスポーツという位置づけになったのでしょうか。ハルウララの時とはまた違う盛り上がり方なんでしょうけども。ってか、ハルウララの盛り上がり方は何となく異常に見えたんですが、その辺りは触れない(笑)。
Posted by ろぜ at 2005年04月17日 13:03
前回も書いた気がしますが、とにかくマスコミの方々は商売でやってるわけですからねぇ。より多くの人々の目を集める(売り上げが上がる)ギャンブルをメインにしても仕方ないのかなぁとは思います。が、もう少し何とかならんのかなぁと思う時はありますね。とりあえず○allop誌に間違いじゃないの?ってメールしても、返答無かったしなぁ。どうなんだろ。投げたら投げっぱなしというか「ギャンブル」にコトつけて他の情報まで「投げたら投げっぱなし」という面が強いようにも思いますね。
Posted by ろぜ at 2005年04月17日 13:03