Keijiです。

真冬は極寒のアナーバーも、今は夏で外は暑く、
図書館で扇風機をまわしながら勉強をしています。

今日はBOP (Base of Pyramid )について書いてみたいと思います。

私がなぜミシガン大学を選んだのかと言えば、”ミシガン大学といえばBOP”と思ったからです。

ミシガン大学はWilliam Davidson Instituteという機関を有しており、
CKプラハラード教授亡き後、テッドロンドン教授が中心となり、BOPの研究を進めています。

The Base of the Pyramid (BoP) domain aligns business-oriented incentives for growth, innovation, and profits with the development community’s efforts to create a more inclusive capitalism. WDI’s Base of the Pyramid (BoP) research initiative, under the direction of Dr. Ted London, is a global leader in the BoP domain.

CKプラハラード教授は、著書『The Fortune at the Bottom of the Pyramid』
(邦訳書:ネクスト・マーケット―「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略)
の中でBOPの議論を展開し、「経済ピラミッドの底辺
(BOP:Base of the Economic Pyramid)」に属する人々が
新たな市場機会を生む顧客であるとし、世界に大きな衝撃を与えました。

Fortune at the Bottom of the Pyramid, Revised and Updated 5th Anniversary Edition, The: Eradicating Poverty Through ProfitsFortune at the Bottom of the Pyramid, Revised and Updated 5th Anniversary Edition, The: Eradicating Poverty Through Profits
著者:C.K. Prahalad
出版:Pearson Prentice Hall
(2009-08-24)

しかしながら惜しくも3年ほどまえに亡くなってしまい、
直接授業を取ることができないのがとても残念ですが、
現在はテッドロンドン教授がBOPの授業をMBAコースでも教え、
Fall Termからその授業を受講する予定です。

彼が書いている下記の書物は数年前に読みましたが、
直接授業を受けられるので、そわそわしてるところです。
著者:Ted Hart, Stuart L. London
出版:FT Press
(2010-11-12)




****

企業は利益をだすだけで良いのでしょか?
我々はそれだけで生きていくことはできますか?
企業や組織は、どのように社会に貢献するのでしょうか?

Kazuが今週のブログでソーシャルアジェンダについて触れているように、
Noel M. Tichy教授は我々生徒に対して、
私たちや私たちの所属している組織が、
Global Citizenとして社会に貢献できることはなにか?
と授業中に尋ねてきます。

もっと視野を広げて、今の自分、これからの自分に何ができるのか、
自分の活動を通しどんな問題を解決していきたいのか、
自分を見つめ直しながら、残りの1年間のMBA生活を貴重なものにしていきたいと思います。

Keiji