2008年04月08日

御岳(山スキー/スノーシュー) 2008.04.05N〜06

5日(土)晴れ:名古屋20:30=23:30御岳ロープウェイスキー場P    幕営

6日(日)晴れ:起床6:00、朝食−8:00ゴンドラ鹿ノ瀬駅8:24=8:30飯森高原駅8:45−(樹林帯・雪原)−11:45石室山荘12:10−13:00剣ヶ峰13:15−13:40石室山荘13:45−(山スキー)−飯森高原駅(休憩)−15:00鹿ノ瀬駅(休憩)−15:40御岳ロープウェイスキー場P16:00=フォレスパ木曽(入浴・食事)=20:00名古屋
Mem:Kbo(L), Htg, Miki, Hmd, Tkq, Jun, Mrs(7名)

 前夜からロープウェイ前の駐車場は8割方埋まっており、一段下の駐車場にテントを張る(先客1張り)。夜遅くまでゲレンデ整備の作業車の音が響く。深夜外に出るとプラネタリウムのような星空!翌朝は期待どおり雲一つない晴天だ。当日合流のHmd, Jun, Mrs3名が到着し、テントでコーヒーを飲みながら顔合わせ。8:30始発のロープウェイが待ち遠しい。今回はHtg、Hmdの2名はスノーシュー、それ以外は山スキーという混合編成、シール登行の4名に対し、最若手のMrs氏はスキー&スキーブーツを担ぎスノーシューで登る。剣が峰頂上より乗鞍&北アルプス
中央アルプスを背景に滑るっ滑るっ








御岳1 樹林帯を約1時間で8合目女人堂あたり、ここから少しずつ斜度が増し、9合目近くではシールが効かない場面が出てくる。石室山荘下でスキーを脱ぎ大休止、滑降はここからとする。御岳3
 時間もあることだし、ちょっと上まで行ってみましょうか、とアイゼンを着ける。「ピークにはこだわらない」はずだったが、一人ピークこだわるTkq隊長に連れられ、結局剣ケ峰頂上まで行く。登れば登ったで、やっぱり気持ちいいもんだ。今年初の3000m峰である。乗鞍、北アルプス、中央アルプス、南アルプス…、最高の眺めだ。さて下山、となるとスキーを置いて来たことを少々後悔する。石室山荘下デポ地するとJunちゃんは一人、デポ地からアイゼンをつけ、ショートスキーを担いで稜線上まで登ってくる。頂上直下の斜面スキーヤーと山ヤーの違いか?デポ地まで戻り、スキーを着け、いざ滑降!出だしはアイスバーン、結構斜度もあり気持ち良い緊張感!が、先程30分もかかった最後の急登が10ターン、30秒くらいか?。も、もったいない(+_+)…んーー、でも、気持ちいーーっ!この後も斜度は落ちるが、アイスバーン、クラスト、やや軟雪と、変化の激しい難しい斜面だ。ところどころ止まっては、撮影や景色を楽しみつつ、名残を惜しみつつ、下る。滑る時間は短いが、結構足に来てる。スノーシュー隊と待ち合わせたセンターハウスへ30分前に到着し、楽しい1日が終了。
 今回は季節的にも地形的にもパウダーは望めないが、やはりゲレンデスキーとは違った充足感がある。最高の天気に恵まれ、比較的手軽に、何の不安もなく、3000m峰登山とスキーを楽しむことができた。(Hamちゃん、今回はチキンラーメン無かったのに、また取り残し、ゴメンッ!今度は一緒に滑ろうねー)(記: kbo)

その他写真   スキー滑走動画



roterplatz at 10:32│Comments(2)clip!山スキー | 積雪期登山

この記事へのコメント

1. Posted by jun   2008年04月08日 12:55
6日は雪山日和となりましたね。
最後の急登で失速してしまい、お待たせいたしました。下りは最高でしたね。フォト&動画アップありがとうございました。
また、落としてしまったピッケルはゴンドラ終点で7日の朝、発見されました。otさん、すみませんでした。
もう少し、体力つけますのでまたよろしくお願いします。
2. Posted by Otm   2008年04月08日 19:21
junちゃん、バイル見つかって良かったね。Mseくんとまた参加してください!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔