2008年05月05日

北穂高岳・東稜 2008.05.02N〜05

2日(金)晴:名古屋20:00=名古屋高速=東海北陸道=23:30平湯アカンダナP (幕営)
3日(土)晴:アカンダナP5:20=(バス)=6:00上高地バスターミナル6:20−9:10横尾9:30−13:00涸沢(幕営)
4日(日)晴:4:00起床6:15−北穂沢−7:15分岐7:30−トラバース−8:15稜線−9:00ゴジラ岩取付き−10:00岩場終了−10:40北穂小屋(休憩)−11:15北穂高岳−13:00涸沢(幕営)
5日(月)曇→小雨:4:00起床6:10−10:40上高地バスターミナル11:00=(バス)=11:45アカンダナP =平湯の森(入浴)=(R41)=道の駅「飛騨街道なぎさ」(食事)15:00=美濃加茂IC=東海環状道=豊明IC=18:00名古屋
Mem: 東稜隊:Tkq(L), Nt, Fkt, Kbo/北穂沢隊:Ot-m, Ucd

 GWのゴジラ、この計画が上がってすぐ飛び着いた。が、待てよ。冬山幕営装備+登攀具を担いで涸沢までの6時間の道程。まずはこれが、私にとっては大きな核心だった。4月は歩く力をつけることを心がけた。食当をかって出て、乾燥食材で超軽量にまとめた。かくして、最高の天気を味方に穂高へ向かった。
東稜へ北穂沢のトラバース東稜取付き東稜と常念岳(北穂沢上部より)






ゴジラ岩通過ゴジラ岩下降点北穂稜線より東稜核心部










■5/2 平湯までは途中事故による迂回があったものの3時間半で到着。しかし、前夜泊予定の「あかんだな駐車場」はナンと営業時間が4時〜18時だと。仕方なく路肩の空き地にテントを張る。空は満天の星、明日の天気が期待できる。
■5/3 乗客7割方のバスで上高地へ向かう。明神の展望を楽しみながら、1時間置きに休憩を取り、予定通り3時間ほどで横尾へ。大休止の後、登りにかかる。本谷橋からは、夏道と異なり沢をそのまま詰める。直登に重荷が辛いが、穂高の展望に励まされながら歩いていると、小屋が見えてきた。何とか第一の核心が終わった。テント設営後、小屋泊のOt-m, Ucdコンビとともに、ヒュッテのテラスで真昼間から宴会モード突入。テントに戻り17時夕食、18時過ぎには就寝。
■5/4 4時には起床したが、朝食と準備、トイレ待ちに時間を費やし、出発は計画より1時間送れの6時15分となる。北穂沢を1時間ほどで東稜への分岐。カールのトラバースは、快晴・高温に雪がどんどん緩み、歩き難い。1時間弱で稜線へ上がり、ほっとする。あまりの絶景に暫し撮影タイム・・・。稜線上は雪が締まり歩き易い。今年は例年より雪が多いらしく、岩場も大半が雪で埋まり易しかった。
 ゴジラ岩の取付きでは、先行2パーティが登攀&準備中。聞くと、その前まで1時間半待ちだったらしい。出発1時間遅れが絶妙なタイミングだったようだ。ザイルを出し、ほぼロスタイム無しで登攀にかかる。Fktn氏リードで延ばせるところまで延ばす。以降、私、Tkq氏がアセンダで続く。「登攀」というより、「通過」という感じだ。中間支点は残置ハーケンで3箇所ほど取り、最後にNto氏がフォロー。ゴジラ岩終了はきのこ雪からの下降となる。あとで写真を見て、きのこ雪の裏側に裂け目ができていることが分かりぞっとする(↑2段目中写真)。トレースもほとんど雪屁の上のように思える(↑2段目右写真)。。その後ガイドブックにあった「10mほどの懸垂」とやらはほとんど雪で埋まり、残置スリングのかかった懸垂支点は使うことなく、結局ザイル1ピッチ出したのみだった。
 だんだん傾斜の増す雪稜をダガーポジションで登っていくと、真上に北穂の小屋が視界に入る。出発から4時間強、コンディションに恵まれ順調な登攀だった。1時間以上先に登頂し、上から東稜を撮影してくれていた北穂沢隊と合流。休憩後、北穂沢を尻セイドーを混じえながら一気に下る。急いで下りて一人こっそり涸沢小屋でソフトクリームを食す。美味〜っ!前日に続き、昼過ぎからまたも宴会突入。涸沢最後の夜は楽しく更けていった。
■5/5 今にも降り出しそうな空の下、急いで支度をして上高地へ。三日間はいた靴下の中、汗と湿気でマメができ、痛み出す。上高地へ着いた直後から雨が落ちてきた。平湯でOt-m, Ucdパーティと別れる。温泉も食事もGWのせいか凄い車の数だ。高山から高速道路渋滞を避け、41号で走る。東海環状・美濃加茂ICの手前で少し渋滞するが、こちらの高速は渋滞もなく順調に帰名。天気をはじめ全てのコンディションが素晴らしく、快適なGW山行となった。(記:Kbo)

その他写真(tkq) その他写真(ot-m) その他写真(kbo) 



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔