2008年05月14日

藤内・一壁/前尾根フランケ 2008.05.13

71a51c67.JPG裏道登山口9:15−10:15一壁11:30−12:00前尾根P5フランケ14:30−15:30前尾根−16:30登山口
Mem: Mtm, Kbo

 まずは一壁に向かい、kbo課題のダイレクトをリードさせてもらう。一壁はこの1本で撤収し、Mtm氏課題の「P5フランケ」へ向かう。一壁基部を少し下り、ルンゼをトラバースし、3ルンゼを少し登って取り付きに。A2x2ピッチの人工ルートだ。ボルトは当然新しくはないが、一応ある程度の間隔に打ってはある。Mtm氏は以前、1ピッチ目だけ登り懸垂で下りたそうだ。今日は上まで登ると意気揚々、丁寧に着実に上がっていく。必ずしも最上段というわけではない。(何とかなるかな)と思い、コールの後取り付く。んがっ!まず離陸からややこしい。1年ぶり3回目くらいの人工ルート。手順もコツも身体が忘れてる。それでも何回か繰り返すうち、やや思い出しつつ1ピッチ目終了。終了点は靴幅くらいのレッジ。2ピッチ目核心は真ん中辺りのハング。支点は遠くはないがバランスが難しい。何度立ち込もうとトライするも、ハング上の支点に届く体勢になかなかなれない。段々疲れて何もできなく考えられなくなる。するとMtmさんから、「アブミ二つかけて両足で立って、上の支点にヌンチャクかけて、ヌンチャク繋いで、荷重移して」と、具体的にアドバイスをもらい、そのとおりにやったら何とか上がれた。瀕死状態で終了点へ到着。その後、潅木帯の急斜面を木で支点を取りつつ2ピッチ延ばし、尾根へ乗っ越すと前尾根P5だった。やっとほっと一息。そこから前尾根を北谷側の巻き道で下山。今日は人工ルートでの力の無さに猛省。もうちょっと落ち着いて頭使えなきゃなぁ。人工含む本チャン行くなら、やっぱもっと練習しなくては、と思うkboでした。Mtmさん、ありがとうございました。



roterplatz at 12:52│Comments(0)clip!クライミング 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔