2008年07月07日

赤兎山・大長山 08.07.05

ニッコウキスゲ

メンバー:Tkq、Ot-m
名古屋5:00=白鳥=駐車場8:54-9:29小原峠-10:04赤兎山-10:30避難小屋近くの展望台10:50-11:12赤兎山-11:39小原峠-13:00大長山13:30-14:22小原峠-15:09駐車場=20:10名古屋

白山から西の福井県側には1600m前後の魅力がある山がいくつかある。山頂近くに湿原があり、花が期待できそうなので赤兎山を選択した。
ブナの巨木 福井ICからまわるほうが多少時間がはやくなるが白鳥ICから回って料金を抑えようとしたが、到着時間を読み違え、30分ロストした。林道の入口で入山料300円徴収された。2箇所で50台くらいは停められそうな大きい駐車場があった。半分くらいは既に埋まっていて、結構人気の山らしい。

その他の写真


 スタート地点が標高1100m以上でMikiさんと一緒に登ることだし、靴ならしの意味で割と楽なルートを設定したつもりだった。赤兎山の山頂までは順調、花はマイズルソウ、サンカヨウ、エイレンソウは終わってしまっていた。ゴゼンタチバナが旬で、頂上付近ではニッコウキスゲが咲いていた。ササユリはまだつぼみでこれからのようだ。頂上から東に少し行くと避難小屋があり、その付近には湿原があり、まわりにはモリアオガエルのタマゴが産み付けられたあとが見られた。その先の展望台では白山がよく見えるはずであるが、昼食をとりながらねばったが頂上付近の雲がとれず残念。野伏ヶ岳方面はよく見えていた。

 往路を小原峠まで戻り、直進して大長山へ向かう。小さなアップダウンが暑さのせいでバテバテになり、大汗をかきながら歩いた。Mikiさんも結構バテているようであった。行動時間が短くてももっと早く涼しい時間に行動していたほうがよかったと反省。登山道からときどき見える大長山の方が山の形としては赤兎山よりもきれいであるが、人は少なめであった。頂上で大休止。往路を小原峠まで戻り下山。沢の冷たい水でようやく復活した。

 新しい靴ぜんぜん問題がなく、花と白山展望がやや不発であったが私としては満足できた山であった。秋の紅葉の季節もいい感じだと思われる。(by Tkq)



roterplatz at 20:53│Comments(0)clip!無雪期登山 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔