2008年09月09日

南山・岩登り講習会 2008.09.07

参加者:Mtm、Toku、Nto、Fktn、Miki、Kbo、Tkq、Kno、Take、Nkm、+ゲスト♂、♀、Ham(記入者)

 朝、駐車場8時集合でしたが、昨夜からの東屋泊まり組みもあり既に満員状態でした。土曜は2組だったそうですが・・・。
 スケジュール打ち合わせ及び装備の説明、注意事項などを受け後、午前中に初心者岩登り組はMtmさん、Kboさんを講師に男岩、確保技術組はNtoさんを中心に女岩へ移動し講習が始まりました。
技術講習 私は、もちろんTkq、ゲスト♂、♀君と男岩へ、ここ登るのか?まずロープの結び方から始まり、ハーネスの点検などの後、フィックスロープが設置され、いざ登ぞ!というよりはアブラゼミの如く岩をハイツクバッテ上がりました。到着したときは汗とアブラ汗で全身グッショリでした。今度はテラスから懸垂下降です。支点の説明、バックアップシステムなど説明してくれた様ですが、ほとんど覚えておりません(ごめんなさい!)。ロープに体を預けて、斜面に対して立って降りるなど言われたがどうなっていたことか?2回目は以前、赤坂谷でTakeさんの見ていたのを思い出して、頭にイメージしておりましたがなかなか難しいです。Tkqさんは登山靴で登るという課題で講習を受け、ゲスト♂、♀は順番待ち時には木に登るなど余裕あり、全身肩こり状態は俺だけ?!
自己脱出 食事後、東屋で宙づりからの自己脱出のシステムの説明と練習が行われました。本には書いてあるのですが、実感できませんでした。帰ってきて本の説明と写真を見直すと仕組みが理解できました。いざという事がないのがベストなのでしょうが、スムースに出来ることが必要と肝に銘じております。
初クライミング その後、女岩にいって???クライミング???クライミングシューズに履き替えTakeさんリードの後、Ot-mのアシスタントでなぜかいきなり右側を?はじめてのヒトは左側でないの?と思いながらも、容赦なく(><)!! 最後に、Ntoさんリードで左側を登りました。順番が逆でしょう!下から冷たい視線とあったかいアドバイスが有ったようでしたが、落っこちない様に必死で全く聞こえませんでした。
 ただ今、いろいろな所が筋肉痛ですが、また教えてください。今後も登擧技術を少しでも上げていきたいと思っておりますので、諸先輩の皆様、適切な岩場でお願いします。有難うございました。(Ham 記)
                                               その他の写真



roterplatz at 22:17│Comments(0)clip!クライミング 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔