2008年10月14日

燕岳 2008.10.12

Mem: ham(記)

 八月より天候により延期しておりました燕岳の山行をやっと十月に実行することとなりました。前日の天気予報からも天気は秋晴れを確認し、日の出前の5:30より松本の自宅を出発し、途中のコンビ二にて食料を調達して中房温泉登山口へ向かいました。

6:40 中房温泉に到着するが、なかなか駐車スペースが見つからず、荷揚げリフト小屋より下の道端に車を止めて準備して登山開始となりました。
7:15 計画書をポストに入れて登山道へ、気温は指先が冷たくなるほどですので5〜6度ほどか?空はすっかり明るくなっており多くのパーティーが思い思いのペースで整備された登山道を進みました。

081012燕17:45 第一ベンチ着、この工程の中で唯一の水場とのことですが、特に給水せずにまずはウエアーの調節をしました。日ごろの余分な水分が一気に出たようで、長袖シャツ1枚になりさらに登り再開です。
9:00 第三ベンチ着を通過し、富士見ベンチにて文字通り「富士見」をしました。
081012燕2紅葉もこの辺が上限かな、落葉も見られ少々遅いようでした。雲海の向こうに八ヶ岳、富士が見えます。
9:50 合戦小屋に到着しました。多くの登山者でごった返しておりました。トイレは並んでおり都会の駅のトイレ並です。
行動食をほおばり合戦小屋を後にしました。

081012燕3やっと燕山荘が見えました。2500mを超えてくるとなんとなく息が荒くなったような気がしますが、視界が開けてくると気持ちはうきうきしてきて別の力が湧いてくるように思えるのがふしぎです。
081012燕410:50 燕山荘に到着しました。少々雲があるものの絶景かな!
小屋周りでは既に宴会モードの方もいましたが、少々昼食には早く山頂へ向かうことにしました。多くのヒトは空身で向かっておりましたが、小生はヤドカリで行くことにする。写真の如く、枯山水のお庭を往復約1時間。

山頂から槍ヶ岳方面山頂から鹿島槍方面早々に燕山荘へ戻り、昼食をとり12:45下山を開始する。まだ時間的に登ってくる時間帯ですが食後の運動を開始する。もったいないけどね・・・。
若者に抜かれながらも、各ベンチを通過し、第二ベンチにて小休止して樹林帯をひたすら下り。
15:40 中房温泉登山口到着し、そのまま帰路につきました。



roterplatz at 23:42│Comments(0)clip!無雪期登山 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔