2008年12月01日

北横岳〜縞枯山 2008.11.30

名古屋=06:30恵那SA07:00=08:40ピラタス蓼科P=ロープウェイ山頂駅09:30−10:50北横岳−11:30三ツ岳分岐−
東周り>11:50三ツ岳−(昼食)−雨池山−13:20雨池峠
西周り>12:05縞枯山荘-12:15雨池峠着-12:30雨池峠発-12:50雨池山着-13:00雨池山発-13:15雨池峠着(東周り班と合流)
雨池峠13:30−14:15縞枯山−14:30茶臼山への分岐−14:50五辻−15:30ロープウェイ山頂駅16:00=P=入浴=食事=21:00名古屋
Mem: kbo, miki, tkq, kno, kwn, wtnb mz-k(記)

 参加表明をしてから天気がずっと気になっていた。初めての八ヶ岳方面(これは素直に嬉しい)+しかし雪の時期に行った事はほとんど無いので、せめて天気だけでももって欲しいという気持ちだった。恵那SAで待ち合わせをしてピラタス蓼科へ。
北横岳への樹林帯 まだ早いせいかスキー・ボーダー客もまばらであった。ここでアイゼン・ストック等の装備をお借りする。ロープーウェイで7〜8分で山頂に到着。
 駅に降り立つと一面の銀世界が広がっていた!雪が大好きなkwnさんは大はしゃぎ!坪庭からは一方通行の歩きになる。綺麗に雪が付いた木々を見ていると映画のセットみたい、などと思ってしまう。樹林帯の中は風も吹かなかったのですぐ身体が暖まってきた。
三ツ岳鎖場 しばらくして北横ヒュッテに到着。(ここでアイゼンを装着。慣れないのでつい手袋を取ってしまった。靴も重くなるし、体験しなければ分からない事がたくさんでした) 踏出す時のアドバイスを聞きながら、何とかついて行きまもなく北横岳へ。展望は全くなし!(寒さでカメラのシャッターが下りないとこでしたが写真が撮れて良かったです)
三ツ岳より茅野方面 その後wtnbさんと私は縞枯山荘→雨池方面へ。溶岩のオブジェを見つつ木道に沿って行くと縞枯山荘に着いたがすぐ出てきてしまった。そのまま山の風景を楽しみながら雨池山への登りに…急登である…しかしwtnbさんはどんどん先に進んで行く…雪の深みにはまって踏張りがなかなか効かないがあと少し!あと少し! ここのピークは特になく、地図を出そうと後ろを見たら木の看板が立っていたので、拍子抜けしてしまった(笑)  少し一服した後、下りている時に後ろから岩場を楽しんだtkqさん達がもうやって来ていた。
エビの尻尾のトンネル(縞枯山南) 合流後縞枯山へ。私はここが一番キツかった。五辻への下り先頭のmikiさんwtnbさんは年齢を偽ってるとしか思えない脚力だと思う。登りきる辺りから青空が見え始め、今日一番の快晴☆晴れてくると嬉しくなる。エビの尻尾のトンネルを抜け→茶臼山への分岐→五辻→といいペースで来ていた。木道の連続で歩きにくかったが素晴らしい景色に助けられ、山頂駅に到着。お疲れさまでした。
(ゴンドラを待つ間にkwnさんの美味しい水でコーヒーを頂く。ごちそうさまでした)

※入浴後、月と金星・木星の美しい夜空のおまけもあり、有意義な山行でした。
装備・ウェア等で教えて頂いた事も多く、少し雪山が近くに感じられました。

フォト・アルバム



roterplatz at 11:07│Comments(0)clip!積雪期登山 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔