2008年12月07日

鈴北・御池 2008.12.07

名古屋6:30=コグルミ谷P8:30−タテ谷分岐8:45−1022鈴北岳1027−11:00御池岳(丸山)・昼食11:30−11:45ボタンブチ11:52−12:05奥の平12:10−13:00白船峠分岐−13:45コグルミ谷P=14:25入浴(阿下喜温泉)15:30=17:00名古屋
Mem:Tkq(L),Miki,Kwn,Asn

日本庭園   フォト・アルバム

 国道306号線は、「鞍掛峠積雪ため、通行止め」。昨日までは通れていたのに。仕方なく、「テクマクマヤコン」コグルミ谷登山口まで・・・・しました。
 コグルミ谷を入り、15分くらいで「タテ谷」の標識。ここからタテ谷・鈴北を目指します。今回は、昨年の春、このルート下山途中に間違えた場所のチェック、そこに間違えないよう赤テープの目印をつけるのが目的です。
 霜柱を踏みしめながらの急登は、すぐに息が上がってしまいます。トレイルは、倒木があったり、目印が見つからなかったりと、かなり荒れていました。どうもこのルート、人があまり入っていないようです。谷の様相が変わってしまったのか、結局マーキングしたかった問題の場所は見つかりませんでした。
 一汗かきながらプチバリルートを辿っていくと、やがて、稜線に近付くにつれ、素晴らしい樹氷の林の中を歩くようになりました。今冬一番の冷え込みのおかげでしょうか。木々の枝先までびっしりと張り付いた氷の華は、朝日に照らされキラキラ煌めいています。まるで全山が満開の桜に覆われているような景色でした。
 鈴北頂上は、360度抜群の眺望です。西に琵琶湖が見渡せ、目を東に向ければ御池を中心とした日本画家「東山魁夷」の絵の世界。あまりにも幽玄な風景に、ただただ目を見張るばかり。思わず息を飲み込んでしまうほどの絶景です。我々4人だけではもったいないような贅沢な時間が、静かにゆったりと流れていきます。改めて、初冬鈴鹿の魅力を感じることができたひとときでした。
 日本庭園を通り、御池岳丸山へ。この丸山、さすが鈴鹿の最高点です。木々は一段と厚い氷の衣を纏い、凛とした冷たい空気に汗がさっと引いていきます。お湯を沸かして温かい昼食を食べたあとはボタンブチへ。ここからの見晴らしも素晴らしく、見下ろす山肌の木々の紅葉が冬の日差しを浴びて、ふかふかと柔らかな絨毯のように広がっていました。このボタンブチから奥の平は、広い草原になっており、雪が積もったらさぞ雪遊びに楽しいフィールドになるだろうと思われます。
 下山は、白船峠分岐から長命水を通ってコグルミ谷へ。降り積もった落ち葉のトレイルは、膝に優しく本当に気持ちのいいものでした。穏やかな初冬の山行に満足しつつ、帰路は阿下喜温泉「あじさいの里」に立ち寄り、汗を流して帰りました。(記:Miki)

 

 



roterplatz at 19:44│Comments(0)clip!無雪期登山 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔