2008年12月30日

ジョウゴ沢(アイスクライミング) 2008.12.28N〜29

28日(日)晴れ:名古屋20:00=土岐IC21:00=美濃戸P23:30 幕営
29日(月)晴れ:起床5:30(食事・撤収)出発7:00−8:40赤岳鉱泉9:10−9:35ジョウゴ沢(F1,F2,F3,滑め滝)−10:35大滝13:00−13:15ナイアガラ滝14:15−15:05赤岳鉱泉15:30−美濃戸P16:30=17:00入浴・食事18:20=土岐IC20:05=21:00名古屋
Mem:Mmt(L),Kbo,Miki(記)

ツララに挑むMr.山人 北アルプスや日本海側では天候不順のため、抜戸岳では雪崩で2人不明者が出たというニュース。週間天気予報では全国的に雨とされていた29日。しかし、懸念された天気もここ八ヶ岳では山行日が近付くにつれ好転し、当日は、まるで春を思わせるような気温と晴天に恵まれた。赤岳鉱泉までの雪道も、足を踏み出すたびにキュキュッと音がする鳴き雪で歩きやすい。北沢は、薄氷の下を雪解け水が音を立てて流れ、これから厳冬期を迎える沢とは信じられないような光景が広がっていた。

阿弥陀岳をバックに 赤岳鉱泉までは1時間40分。ここでギアを装着。赤岳鉱泉の寒暖計を見るとマイナス6℃。でも、日だまりにいればぽかぽか陽気なのだ。鉱泉から20分でF1に到着。F1、F2、F3をノーザイルで進んで行くと、やがて上空が開け、行く手はまばゆいばかりの日差しの中にあった。風も無く、本当に暖かい。高度が上がるにつれ、行く手右側には大同心が顔を覗かせ、後方には阿弥陀岳が浮上してくるダイナミックなロケーション。

フォト・アルバム



乙女の滝 F1から1時間ほどでジョウゴ沢本谷大滝(25m)に着く。ここジョウゴ沢大滝には、昨年末、厳しい寒さと硬い氷、そしてヴァーチカルアイスに歯が立たず、すごすごと敗退した苦い想い出がある。何とか再トライ、リベンジしたいものと、今回やってきたのだ。ラッキーなことに、今回は我々3人だけのプライベートゾーン。ジョウゴ沢大滝標高2500m付近にある大滝。その氷瀑の下に立つと、頭上にはまるで真っ青な海の中を泳ぎ回る巨大クラゲが何匹もいるような光景。クラゲの笠のように大きく膨らんだ氷や、細い足のように長く発達したつらら。これら氷の妖怪は、見上げる我々に襲いかかるように迫ってくる。もし、この張り出したつららが頭の上に落ちてきたら…そう思うだけでも恐ろしい。ただ、昨年に比べると陽の当たる滝の左側は岩が露出していて、滝全体の幅が狭くなっている。早速、山人リードーにTRを張ってもらい、1本目を順にトライ。下部は立っているが、上部は寝ている。暖かいからだろう、氷が柔らかくバイルが気持ちよく刺さる。3人、順調に消化。
 お昼が近付くにつれ、滝全体に日が当たってきて、時折吹く冷たい風も気にならない。蒼白かった氷も輝きを増し、その白さは群青色の空に映えて見事なまでに美しい。
抜群のロケーション(バックは赤岳) 2本目は、お化けクラゲの真下から登る。氷が薄く、バイルを打ち込むと簡単に崩れ、上から氷の雨を何度も降らせ、その度に「ラクー!」と叫ぶ。山人リーダーは、そのスリルが堪らないようで、喜々として登っていく。Kboさんも楽しみながら果敢に攻めていた。Mikiも1テンしながら何とか完登。
ナイアガラの滝 いやいや楽しかった。充実感に浸っているところへ、後続の二人連れがやってきた。少し休憩をした後、右側ヴァーチカル部分を再トライし、13:00河岸替えをすることにした。一度、大滝直下の枝沢にある乙女の滝(15m)に取り付いてみたかったが、ここは、かなりグレードが高い。それならと、昨年寄ることのできなかったナイアガラの滝を捜してみることになった。
 ナイアガラの滝は、乙女の滝の反対側の枝沢にあり、斥候にでたKboさんが簡単に見つけてくれた。ここも我々だけの貸し切りゲレンデ。10mほどの滝の下部は雪に埋もれていたが、ヴァーチカルもあって手頃なスケール。ここはKboさんが、中央から今回初リード。スクリューを手際よく入れることがコツ。そして、TRを張って右側ヴァーチカルアイスを2本ずつこなした。
「やっぱり道具だって、ノミックだと楽に登れるもん!」
とKboさんから借りたノミックをかかげ興奮気味に話すMikiに、
「道具に頼るのは邪道、もっと基本的な技術を磨かんといかんわな!」
と、すかさず山人リーダーから忠告がとんだ。
 14:15終了。帰り道、F2だけ懸垂で降りた。

 このジョウゴ沢、美濃戸前夜泊なら一日たっぷり遊べるアイスエリアです。いつかは乙女の滝に挑戦する夢を描きつつ、帰路につきました。


roterplatz at 17:36│Comments(0)clip!アイスクライミング 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔