2013年01月15日

2013.1.13 御在所 奥又アイス


men:gakky・ kojikoji           フォトアルバム

8:30 青滝P集合=9:00-9:15RW乗車-9:30 3ルンゼ取付-10:40〜14:00奥又-上部ナメ-15:50山頂-17:00RW乗車-17:30青滝P解散

本州南岸に低気圧が接近している為か、本日の藤内沢は珍しく暖かい。先週、後尾根から俯瞰した奥又のナメは壮観だった。雪に埋もれる前に行けたらと直前まで日程調整。
直りかけの風邪を押しての山行でも有り、迷わずRW往復券を購入した。
しかし、このルートは昨年も計画し、RWに乗り損ねた経緯がある。
はたして今年は間に合うのか?

急な発案の為、同行者は先週も(昨年も)一緒だったkojikojiさんのみ。
まあ、狭いルンゼ内では少ない方が行動しやすいからいいか。
山頂公園から3ルンゼの下降路は雪が相変わらず少なく、最後の10mは露岩と氷の為、補助ロープ使用。
3ルンゼの氷はこの時期にしては良い状態。

P1070096
藤内沢を下降するが、やはり雪が少ない為、歩きにくく、奥又への分岐路も早く入りすぎたことも有り、奥又ルンゼに入れたのは10:40。
正面バットレス部は氷が未発達で、左ルート1本のみ。下部マイナス滝は繋がっているが、スクリューがほとんど打てない状態。
P1070119P1070154

マイナス滝から登ってきた先行5人パーティに声を掛けて、TRセット。
順番に2本づつ登る。氷の状態は冷えてない割にはしっかりとしていた。
14:00になり、バンド上より上部ナメに取りかかる。



1P目25m kojiさんリード。
4人組の先行パーティがバイルを抜くときに落とした氷が、脇を通過して下部の滝まで降り注いでいる。
危ないので、傾斜の緩い部分はピックを使わず、スピッツェとアイゼンを効かせる様kojiさんに伝える。
2P目、gakkyリード。氷の宮殿?独特の雰囲気の中、楽しませてもらう。
先行パーティを待っていると時間足りなそうなので、平行ラインを取って50mロープ一杯使い、アイス帯を突破。
先程の滝で疲れたのか、kojiさん休みながら来る。
P1070174P1070184


難易度は低いが、氷を落とせないプレッシャーはキツイか。
15:00をまわり、休む間もなく稜線までの笹と氷混じりの雪壁を這い上がる。
上部岩壁で先行パーティ難儀しているので右の樹林帯に入るとあっけなく枝尾根に出る。
15:50終了。
kojiさん。今日は楽勝でRW乗れるね。(最終16:30)と駅に着くと順番待ちの長い列。
暖かい為、山頂に観光客が長い事滞在した為かな。
1時間程待たされて、黄昏の下界を見下ろしての下山。たまには良いかも。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔