2013年02月13日

2013.02.11  北八ヶ岳(縞枯山)スノーハイク

36天候:曇りのち晴れ  フォト
メンバー; miki(L)、桜島、kbo、kumi、たまごろう(記)

名古屋インター6:00  駒ヶ岳SA(朝食) 諏訪南インター 北八ヶ岳ロープウェイ(旧、蓼科ピラタスRW)10:00 スノーハイク開始→縞枯山→茶臼山→五辻→スノーシュー周遊コース14:40ロープウェイ→ 古斎の湯→ 高速にて名古屋へ  ロープウェイ料金 1800円(往復)

アイゼン1名、ワカン1名、スノーシュー3名。
 当初は山スキーを予定していたが予定地域の天候が思わしくなく、前々日に急きょ決まったスノーハイク。男性1名。女性4名のバレンタイン山行?に。向かう道中、雨から小雪へ。でも天候は大丈夫そう。メンバーの多くは5年前に来た懐かしのスノーハイク。しらびその森、ヘラジカの角にも似た針葉樹の森。縞枯れ現象で棒になってしまった植生。そこにたっぷりの雪がついた真っ白な世界。幻想的。三つ岳方向には全くトレースがなかったので今回は見送り。縞枯山荘を過ぎ雨池峠から縞枯山へ。


resize0366resize0365



 コースには大勢の人がいて危険個所もありませんので時間あるだけたっぷり森歩きを楽しみました。樹林の中は風が遮られていますが、山頂に着いた途端に強風〜。手がかじかみます。バラクラバ(目出し帽)かネックゲーターは必需品です。鼻が凍ります。 resize0359resize0337

 雲がものすごい勢いで流れていき、お天気は徐々に晴れに向かいました。

 標高差100mほどを下りて登って茶臼山へ向かいます。地味な茶臼山山頂で松本在住会員のhamさんと再会。この時期アイスクライミングでは毎週のように会っているようですが今回は偶然です。打ち合わせたわけでもないのに、きっと気が合うんでしょうね?! というわけで、お昼になったので一緒に休憩。ガス+燃料も持参していましたが寒さで長い時間はじっとしていられません。サーモスのお湯にて。サーモスは裏切らない保温力。
 ほどなくhamさんと別れ、五辻方面へ足をのばします。誰も歩いていないところを歩いたり尻セードで滑ったり、雪の上で転げてみたり、全員が童心にかえってましたね。南や中央アルプスが見えたり隠れたり、八ヶ岳が見えそうで見えない。そんなのんびりゆったりの気分を楽しみながらロープウェイに戻るのがもったいない。空は快晴です。 resize0339resize0345resize0346resize0344








 
 帰りの温泉はロープウェイから
15分くらいのところ「古斎の湯」。熱湯露天風呂の熱いのなんの。

凍えと疲れが一気に溶けました。 
「よし!また明日からがんばるぞー」resize0341



roterplatz at 16:01│Comments(0)clip!山域:八ヶ岳 | 積雪期登山

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔