2013年02月16日

甲斐駒ケ岳・黒戸尾根から 2013・02・10〜11

メンバー asa(L)、mickey(食)、ozk(ラッセル要員)  フォト・アルバム

2/10竹宇駒ケ岳神社P 6:40−五合目12:20−七丈小屋13:50
2/11テン場6:40−7:35甲斐駒ケ岳頂上−9:30テン場(撤収・休憩)10:40−五合目11:15−11:50刀利天狗−13:00竹宇・横手分岐−14:30竹宇駒ケ岳神社P

2/9 20:00に集合し、一路、駒ケ岳神社へ。asaさんの車で車中泊。3人、缶ビールで乾杯し、翌日に備えて早めに就寝。
 実はnetで検索しても2月の黒戸尾根に登った記録に辿りつけなかったため、3人とも、ひょっとして登山道にトレースが無いのでは?と思っており、3連休なので、多少、人は入るだろうと期待して、日程を後半にずらしていた。期待は現実のもの、いや、それ以上で、大きな駒ケ岳神社の駐車場は3割ほど、車が停まっており、前日に山に入った人の多さが想像できた。
 朝、起きたら雲ひとつない快晴。神社で、今回の無事故をお祈りして出発。踏み固められた登山道にチョットひょうし抜けだが、ラッセル、ルーファイの苦労から解放された事にありがたい,と思いなおし、後は、重荷を背負っての体力勝負、標高差2300mの長距離ルートを耐え抜けば、山頂は踏めるだろうと、考えた。


 雪は登山口からあるが、薄くサラサラ。雪の下にはスケートリンクのような氷が一面。横手駒ケ岳神社分岐の手前の斜度30度の短いヤセ尾根で、滑って登れなくなり、アイゼン装着。mickeyさんはヤセ尾根手前で、身軽なasaさんは尾根を登り切った平地で、ozk、asaさんについてゆこうと頑張るがヤセ尾根でひっくり返ってギブアップ。尾根途中で、3人それぞれアイゼンを付けて再出発。隊列は一応、ラッセル要員であるozkが先頭、リーダーasaさんを最後に、ヤセ尾根を上がり切った後の傾斜の緩い、穏やかな森の中を進む。小さな沢地形の吹き溜まりを超え、少し傾斜が出てきた斜面をを高さ50m程登るとP1628と黒戸尾根とのコルに到着。小休憩してここから始まる八丁登りへ出発。テントが一張りあった。先頭ozkと2番手の間に徐々に差が出来るが、一気に登った方がいいだろうと、気配を感じる程度に距離を保ち、ズンズン進む。傾斜が緩くなってきた所で後ろを離しすぎたため、休憩。5分ほどで後続が現われるが、ここへに来ることなく、休憩モードに入った様子。どうもこちらが見えてないようだ。神奈川から来た、単独の若者が、2人を抜かしてozk休憩地点に到着。休憩がてら話をする。鳳凰山を考えていたが、あまりの好天に、黒戸に変更したようだ。やがて休憩を終えた2人が到着。3人固まって出発。ozk、何故かザックを背負い、準備するのに時間がかかるため、2人が先に出発し、後から追っかけるパターンが下山まで続く。ここまでトレースがついていたらラッセル要員も解放だ。刃渡り手前で展望が開ける。鳳凰山の横に富士山。素晴らしい。P2100008_edited P2100006_edited
 刃渡りを過ぎたら、ハシゴが出てきた。雪が少ない地域なんだろう。この先のハシゴや鎖が埋まることは余程のことが無い限り、無いだろうとおもった。難所を登り切ったら刀利天狗。ここから黒戸山の長いトラバースに入る。テープがたくさんあるから良いが、トレースが無かったら上手に巻けるだろうか・・等と考えながら最後尾をポツポツ歩く。asaさんのザックがデカい。20kgは超えているだろう。ひょっとして自分の体重の半分以上の重さの荷物を背負っている事になるのでは。改めて、すごいな〜と思う。長い黒戸山の巻きも終わり、80mの大下りの末、五合目小屋跡に到着。昼休憩。『ここまで来たら小屋迄到着したも同じ』と、安心しきった3人。ここからの1:30が地獄の苦しみとなる。ハシゴの連続の難所であるが、それよりも急坂がしんどい。もう着くだろうと思ってもアップダウンの連続で、先の展望が開けない。いい加減、へろへろになったころ、突然小屋が見えた。到着して茫然とベンチに座っている間、脱着しやすいワンタッチアイゼンのmickeyさんが小屋へテントの手続きをしてもらう。ビールを買ってテン場へ出発。小屋からテン場までの遠い事!今回の山行でいちばんつらかった。

 テントを張って宴会モード。日が出ている時間の酒はとても美味かった。寝袋にシュラフカバー、オーバーヤッケの下にダウンを仕込んで、両手にカイロを握って眠る。-20℃位だろうが、寒さを感じず、快適に眠れた。P2100011_edited

前日の快晴から一転、11日は雪混じりの曇り。テントは張ったまま、不要な荷物を残して出発。8合目までの急登は高山病ぎみなのか、しんどかった。
 8合目でもともと体調の悪かったmickeyさんがギブアップ。リーダーのasaさんがもう少し頑張って、駄目だったら全員で下りよう。と提案するが結局、mickeyさんが一人、下山することになる。mickeyさんに余力は感じられたものの、一人、残して上に向かったのは正解だっただろうか?

8合目から先は大岩をへッったり、1m位の岩のギャップを乗り越えたりするがさして難しい箇所は無く、山頂へ続く稜線に到着。コースタイムからするとまだ距離があるはずだと、休憩を入れる。下山してきた登山者に山頂はあとどれくらいかと聞くと、『3分』。急いで荷物を背負って山頂へ出発。なかなかガスが取れない。2人ともカメラが凍って動かない。asaさんがカメラを温めて何とか2枚山頂写真を撮影。カメラはポケットに入れとかなきゃ・・と今後の教訓。P2110014_editedP2110017_edited
寒いのでさっさと下山。下りの斜面もバッチリトレースがつき階段状になっていて、後ろ向きになって下るような場所も無かった。
テン場が見えるとmickeyさんが片づけをしている。大かたの荷物をあの遠いテン場から小屋迄何度も往復して(多分)運んでいた。山頂に向かった2人に気を使っての事だろうけど、とても申し訳ない。mickeyさんは荷物を運んでいるうちに指が2本、凍傷になっていた。やはり、一人残して山頂に向かったことが悔やまれる。

でも、おかげで片づけの作業がとても楽になり、十分、小屋で暖を取り、下山開始。荷物が重く、肩が凝ったが予定通りの時間に駐車場に到着。めったに出ない筋肉痛が腿にあり、もっと歩荷トレーニングが必要だな・・と感じた山行でした。誘っていただいたasaさん、凍傷になりながら荷物を片づけてもらったmickeyさん、ありがとうございました。2月の黒戸尾根、行けちゃいました。mickeyさん、次は大丈夫です。

roterplatz at 21:58│Comments(5)clip!積雪期登山 | 山域:南ア

この記事へのコメント

1. Posted by mickey   2013年02月18日 09:08
一泊二日とは感じられないほど長く充実した山行でした。
ozkさん、asaさん、ありがとうございました。
お二人がちょっと鼻水たらしながら笑顔で下りてくるのを楽しみにしていたので、片付けしていたら、mickeyちゃ~んと風に乗って聞こえお二人がかけ下りてきた時はとても嬉しかったです!

リベンジ、つきあってね♪
2. Posted by asa   2013年02月18日 11:57
本当に5合目からのしんどかったこと(>_<)
下山してくる人に「小屋はまだですか?」と聞くのが怖くて。。。じっと歯を食いしばって歩いていました。突然目の前に小屋が見えた時の嬉しかったこと。ここですっかり力が抜けました。
テン場までは5分ほど離れていることはわかってましたが、その長かった事、辛かった事。。もう今回の核心でした。
結果的には、強引にでもmickeyさんを頂上に連れて行った方が、凍傷になることも無かったかと思うと、本当に申し訳なく、悔やまれます。

リベンジ必ずお付き合いしますね♪
3. Posted by gakky   2013年02月18日 12:31
夏山でも勘弁!ってな標高差。よく行かれましたね!
同行者との別行動、その時の状況、力量関係当、当事者間でしか判断出来ない事も多いと思います。
でも後で悔やんだとしたのなら、今後に生かせばよいと思います。
私事ですが、2人で行ってはぐれてしまい、どう行動してよいか分からず途方に暮れた事が有りました。
先行してもらう場合も、必ず視認できる距離での行動が大事では。
4. Posted by ysmr   2013年02月18日 15:39
ozk(ラッセル要員)、にワロタ。
今度から歩荷とか、執事とか作ろか?
5. Posted by ごろたま   2013年02月19日 10:07
すごくいいブログを読ませていただきました。
お三人共
すごいすごいすっごいですね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔