2013年04月28日

2013.04.23御在所一壁 04.28前尾根

04.23 登山口7:30−9:00〜一壁〜16:00−17:15登山口
mem: miki, hane, kbo(L/記)
フランケ(hane) 自分はGW阿弥陀のトレーニング目的で一壁へ。mikiさんリードで2ルートと3ルートをkboはアイゼンで登る。まだアイゼンでリードする勇気が出なかった。その後フラットソールに履き替え、kboリードで左ルート。一壁はほぼ貸切だったため、この間haneちゃんに、ダブルロープの扱い、ランニングの取り方、フォローのビレイ、懸垂の方法ナドナド、思いつくまま伝えられることを伝える。
フランケ(kbo) お昼休憩後、フランケの人工ルートへ。何年ぶりかのルート、今どき流行らない人工で、ピンは真茶色のリングかRCCがほとんどだ。リードという選択肢は全く無くTRを張る。TR支点の取り方を居合わせたMガイドに詳しく教えてもらえ、ありがたかった。1箇所核心のところだけ、ペツルの新しいボルトが打ってあった。ここだけはmiki製チョンボ棒のお世話になる。私より更に小柄なhaneちゃんも奮闘。彼女はこの日一日ずーーっと岩と対話してた。喧嘩したり仲良くなったり、傍で見てて面白いったら。

04.28 登山口7:30−8:40〜前尾根〜15:00P3終了−16:45登山口
mem: nai, kojikoji, gakky, kbo(L/記)
0428前尾根P8 この日は前尾根に行くというパーティを多数確認。まずは登ったことのないP8を登り時間調整というもくろみ。P8はnaiリードでカンテ沿のルート。先に着いてアップしていたgakkyはfixロープで左の難しめのルートを登る。kbo+kojiは各々フォローで登る。終了点からP7取付きまでは草付き藪こぎ。(以前この辺で用足ししたよな〜と思いつつ…)。
0428前尾根P4 P7取付きは相変わらず人の群れ。gakky+kojikojiは「アウトオブサイト」をトライ、nai+kboはフランケスラブの「シュミレーション」から。gakky-Pもフランケへ移動。gakkyはTRで「ハブチスペシャル」を登る。そんなこんなでP6取付きで既に11時。P6はフランケのスラブから、P5コンテ、P4滑り台、とサクサク(?)登ったつもりだが、P3終了で15時。いつものことだが下部で遊び(遊ばれ)過ぎてヤグラ登る意欲も涸れ下山。 
 
 最近の前尾根は何だか若い人が増えた気がする。Mガイドも言っていたが、クライミングジムがどんどんでき、そこから外岩(ロープ)→山のマルチピッチへと拡がって来ているようだ。「どこからですか?」「山岳会か何かですか?」という定番の質問をして、(こんな若い子が仲間になってくれんかなぁー)ナドという下心を隠したまま、下山後「お疲れ様〜」と別れるのであった。。。

roterplatz at 22:43│Comments(0)clip!クライミング 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔