2013年06月24日

20130622籾糠山(天生峠より)

コースタイム(小雨)
8:40天生峠登山口(入山料500円)〜9:00天生湿原〜9:20カラ谷分岐〜9:30ミズバショウ(ブナ探勝路)〜10:20籾糠分岐〜10:50籾糠山(昼休)11:20〜12:10木平湿原(散策)12:30〜12:40木平分岐(カラ谷登山道)〜13:30天生湿原〜14:20天生峠登山口

Men:miki,bno,aiko,sugi(記)   photo

白川郷から飛騨古川方面へ12km行った所に泉鏡花の小説「高野聖」の舞台になっている天生峠がある。P6220046
天生県立自然公園という名の通り、この峠を中心に高山植物群、高層湿原、ブナ原生林があり、雄大な自然を満喫できます。
園内に携帯トイレ用テントブースはあるがトイレがない為、入山前に天生峠駐車場トイレで済ませ小雨の降る中、出発。

P6220068最初の見所は天生湿原。コバイケイソウが満開で見事でした。
そしてミズバショウの花が一輪 だけ咲いていました。
天生湿原から奥へ進むとブナの原生林が広がり、アニメ、トトロの世界に迷い込んだみたい。
森林浴で本当に気持ちいい。

6月の見所と聞いていた途中のミズバショウ群生地で一面のミズバショウの花を期待していたのですが、すでに花は散っていました。
P6220042さらにブナ林の中を進み、籾糠山までの道のり、さまざまな花を愛でながら散策して歩きました。

帰りは木平湿原に立ち寄りモウセンゴケの観察。その後木平分岐まで戻り、カラ谷登山道で降りました。
                                                                          ニリンソウ?みっつある →          

                              
                                                                               
                                                                                                                                                    


roterplatz at 18:46│Comments(0)clip!無雪期登山 | 山域:美濃

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔