2013年07月07日

阿弥陀南稜〜中央稜

アカシです。6月30日ozkさん、ナビさんの3人で阿弥陀岳の南稜〜中央稜に行ってきました。

ロープを使って登る登山は初めてで山行が決まってからずっと緊張していました。


5時45分スタート船山十字路から林道を歩きます。30分ほど歩いたら広河原を渡って南稜へ取りつきます。

山2013年の 556南稜の取りつきは急登で少し息が上がります。けど基本急登は好きです。

南稜到達。もっと道がわかりにくいかと思いましたが、踏み後もあり赤テープもありました。ここでみなさんの荷物より、自分の荷物が軽かったのでozkさんの配慮で50メートルのシングルロープを持たせてもらいます。初めて50メートルロープを持って体力的にはキツくなったけど、自分で使うものを担いで上がれるのはうれしかったです。

すこしはozkさんとナビさんの役に立てたかな。

山2013年の 564
登り始めの方は青空が見えました。権現岳方面。権現岳は行ったことないから行ってみたいな。




荷物は重いですが、ルートはしっかりしているので快適な登り。青ヤギの稜線はとてもきれいでした。
山2013年の 566山2013年の 565












ここでいよいよ今回の核心F3。
山2013年の 578
ここでクライミングシューズを履いて、ハーネスをつけます。身が引き締まります。

まずozkさんがトップで登りその後自分がアッセンダーで、そして最後にナビさんが登ります。







山2013年の 586
やはりトップで登るのはかっこいい、いずれ自分もと思いました。ナビさんのアドバイスを受けながら登ります。そんな難しくないルートのはずですが、ジムでやるのとは高度感が違い体が硬かったです。けど登り切った達成感は登頂した時とまた違う達成感がありました。











11






最後にナビさんが登り、全員F3を登れました。

山2013年の 594






後は阿弥陀の山頂に行くだけ、晴れてたら素晴らしい景色なんだろうな。

山2013年の 597山2013年の 593












阿弥陀山頂到着。展望はまったくなかったにもかかわらず、すごく楽しい登りでした。これもバリエーションルートだからか。
P6300162






下山は中央稜。ここで天候が晴れてきました。

山2013年の 603山2013年の 609






自分が先頭を歩かせてもらいました。中央稜もルートがしっかりしていて、鈴鹿のバリルートに比べるとすごく歩きやすい。ということもあり・・・

つい巻き道を通り過ぎて、間違ったルートへ。

自分は今までは道に迷ったら、取り合えずここだと思うところを進んでみて、それでもわからない時はGPSを使っていましたが、ozkさん、ナビさんは地形図を見て正しいルートを見つけていました。こんな狭い範囲にもかかわらず、地形図だけで判断できる2人がすごいと思いましたね。



P6300175






最後急な斜面を降りて広河原沢に、そこから沢沿いに歩いて下山完了。

バリエーションルート、ロープを使ったクライミング、そして地図読み、とても充実した時間を過ごさせてもらいました。

ozkさん、ナビさん初心者にもかかわらず連れて行ってくれてありがとうございます。

またよろしくお願いします。


この記事へのコメント

1. Posted by navy   2013年07月07日 21:47
ozkさんが2人になりました。
まったくついてけませんでした(TT)

精進するので、また一緒に歩いてね。
2. Posted by mickey   2013年07月09日 11:26
ozkさんが二人とは!!

オバサンはもう一緒に歩けないかも。
3. Posted by ozk   2013年07月10日 23:02
アカシ君が元気良すぎるのでロープの重しを乗っけてしまいました。

今回とてもバランスが良く、チームワークが取れたパーティと思いました。

また、遊んでネ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔